観戦の感想-2010

2011年01月03日

第90回天皇杯決勝・鹿島vs清水戦

遅ればせながら、天皇杯決勝戦について書いてみようかと。
本日やっと温泉より戻ってまいりましたが、もはや記憶が曖昧なところも…。まだ試合の録画も観てません。BSの優勝チームの出る番組は録画を観終えました。


年末年始は温泉で過ごした私ですが、元日は旅館の方々にかなり無理を言って、いろいろと準備して頂き、無事参戦することが出来ました。この場を借りて旅館の方々に感謝。(ってブログのこと教えてない…。)
いくら馴染みの旅館とは言え、本当に良くして頂きました。

そんなこんなで、旅館から雪深い道を30分くらい掛けて、無事最寄り駅へ到着。これがまた1時間に1本程度しか電車がないのがツラい。寒い中30分くらい電車が来るのを待つ。そして新幹線の止まる駅まで、更に30分くらい掛けて移動し、各駅停車の新幹線で無事東京駅に到着。そのまま千駄ヶ谷駅まで移動し、なんとか国立競技場へ到着。
この時既に、10時50分前後。それでもまだゴール裏の後ろの方には空き席もあり、準決勝と同じ席へ座って観戦となりました。

既に全日本女子サッカー選手権の決勝戦、INAC神戸レオネッサvs浦和レッズレディース戦が始まっておりました。
前後半戦い、1-1の同点でPK戦へと突入。
INAC神戸のサポさん達は、鹿島側の方にいたのですが、PK戦は鹿島サポがINAC神戸さんへ加勢。PK戦の時にINAC神戸サポさん達に合わせて、手拍子を打ち始めます。かなり多くの鹿島サポが手拍子してましたよ。
そして、INAC神戸さんが見事勝利します。私は途中からの観戦でしたが、試合内容もINAC神戸さんが圧していたと思います。
ちなみに、INAC神戸さんのGKさん、PKを3本も止める大活躍。見事なセーブをする度に盛り上がりました。
この後、INAC神戸サポさん達が「ありがとうございましたー」と声を掛けて下さり、鹿島サポも拍手。選手達も鹿島サポへお礼をしに来てくれました。
そして一頻り盛り上がったINAC神戸サポさん達は最後に「かっしーまアントラーズ」とコールをして下さいました。

こりゃあ、鹿島が陣取る側のチームが勝ったので、幸先良いなぁと思ってました。


前置きが長くなりましたが、身体中から温泉臭を漂わせ、天皇杯決勝・鹿島vs清水戦への参戦となりました。
02天皇杯決勝
この記事を書いている今も、身体中から温泉臭が…

国立には、しかおも来てました。
01しかお

清水さんのコレオ。
03清水
ハートマークですねぇ…。

鹿島側は、ビッグフラッグたくさん。
04鹿島

試合前とハーフタイムのセンターサークルはこんな感じ。
05センターサークル

試合は皆様ご覧になったと思いますので、簡単に。

とにかくビックリしたのが、前半の戦いっぷり。
120分戦った後、中2日の試合で、どれだけ動けるのか心配していたのですが、凄まじいプレスを掛ける鹿島。
前半は完全に制圧といっても過言ではない動きを見せます。
ガブのゴールも、今シーズン頑張ってきたことが報われたようで嬉しいゴールでした。
唯一追加点が奪えなかったのが、ちょっと…。あれだけ完全に支配した内容だったのに。

後半は清水もフォーメーションを変えてきて互角の戦いへ。鹿島もかなり危ないシーンがあり、清水は決定機を何度も作るがゴール出来ない。
そして遂に清水に得点が。鹿島の油断と言っても良い、オフサイドのとり損ね?からヨンセンにゴールを許してしまう。

これで、どうなるかと思えば、鹿島は本山を投入し、再度流れを引きよせ、そして野沢の直接FKで2-1とし、その後はしっかりと試合を締めた。

実に鹿島らしい勝利だったと思います。らしくない失点もありましたが、強い鹿島を見せてくれました。


兎にも角にも、やっと手にした今シーズンのタイトル。4度目の天皇杯制覇です。
06優勝

日本サッカー協会名誉総裁・高円宮妃殿下より天皇杯を頂きました。
07天皇杯授与

剛さんが天皇杯掲げた直後です。
08壇上
剛さんと一緒に、「おーっ」とやってましたので、その時の写真はないんです。
この後は、選手達と一緒に盛り上がってますので、ロクな写真は撮れていません。タイミング外すは、ブレブレだったりで…。

そして、センターライン辺りでの記念撮影。
09満男
どーです、この満男の笑顔。

その後、選手達はゴール裏にやってきます。
ゴール裏を背に記念撮影。
10ゴール裏前記念撮影

その後、サポーターの方を向いて
11こっちを向いて

「おぉーーーーーーっ」
12さぁ、いくぞ

「おりゃー」と天皇杯を天高く掲げ、盛り上がるのです。
13うがー

そして、選手達解散。
14かいさーん

天皇杯を持つ剛さんとオリヴェイラ。
15剛さんとオリヴェイラ

そして、剛さんはゴール裏へやってきます。
16剛さん、ゴール裏へ
分かりにくいと思いますが、中央で青いスカジャン着てます。

その間、剛さんが戻ってくるのを待つ、岩政と伊野波のCBコンビ。
17岩政と伊野波

そして剛さんを含めたCB3人は取材陣に囲まれ、フラッシュの嵐。
18CB3人


いやぁ、本当に嬉しかった。
剛さんの花道を飾れましたね。

これでやっと剛さんに言えます。
剛さん、本当にお疲れ様でした。剛さんがいたから、強い鹿島であったと思います。剛さんがいなければ、岩政も伊野波もココまで成れなかったと思います。剛さんは鹿島の宝です。本当にありがとうございました。
そして、これからも鹿島のことをお願いします。

さぁ、これでACL出場権を得ました。来シーズンへと繋げることが出来ましたね。
何より、天皇杯というタイトルを鹿島らしい戦いで獲得出来たことが大変嬉しいです。
オリヴェイラは本当に大したもんです。不退転の強い気持ちで望んだのでしょうね、ありがとうオリヴェイラ。


そして、清水の長谷川健太監督、お疲れ様でした。長谷川エスパルスは本当に強かった。鹿島は何度も痛い目に会いました。2-0でリードしていたのに逆転されましたこともありました。今シーズンはリーグでは清水に勝てなかった。
また戦場へ戻ってくるのをお待ちしてます。もちろん、エスパルスへ。


兵どもが夢のあと。
19戦い終えて

そして、国立をあとにしようすると、「号外でーす」との声が。
20号外
こんなものを配ってました。
ガブたん、満面の笑みですね


売店では、優勝Tシャツなどの予約してましたけど…。
式典の最中には来シーズン用のユニを着てましたよね。LIXILさんのアピールにも繋がったかな?

因みに、天皇杯王者のエンブレムをユニにつけることが出来るようです。天皇杯のプログラムに載ってました。
21天皇杯王者
新しいエンブレム、勿論鹿島がつけるのは初めてです。

そして、温泉地へ戻る新幹線車中で祝杯をあげました。ベロベロになってしまい、疲労困憊なこともあり旅館に戻ると、あっという間にダウン。
翌朝はもう完全に声が出ませんでした。その疲れが抜けないのが悲しい


今日温泉より戻ってきたのですが、新幹線に乗る前にスポーツ新聞を大人買い。移籍情報が未確定なものを含め掲載されていましたね。
既に、来シーズンへと動き出しています。
世代交代を進めつつも、より強い鹿島を目指して頑張って貰いたい。

オフシーズンの間、ちょっと気分良く過ごせます。
あぁ、良かった。
それでは、来たるシーズンを待ちつつ、我々サポーターも束の間の休息を。

参戦された皆様、お疲れ様でした。
そして、今シーズンお疲れ様でした。
また、来シーズン頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



mk2 at 23:54|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月29日

第90回天皇杯準決勝・鹿島vsFC東京戦

参戦された皆様、お疲れ様でした。

劇的な勝利でしたね。
興梠のゴールで大喜びしてて、見知らぬ周りの方々とハイタッチなどをして、舞い上がっていたのですが、そしたら試合終わってたんですね。まったく気付きませんで…ロスタイムなのは分かってたんですけど。


今日は地下鉄で参戦。防寒対策した装備で地下鉄の中は暑い暑い。汗をかきつつ、国立のゴール裏へ。そうしたら陽が燦々と降り注ぎ、暑い暑い。今日は良い天気だなぁ、なんて余裕こいてると、太陽が雲に隠れた途端に寒い寒い。風もありましたしね。でもまぁ、鹿島や山形ほど寒い訳ではありませんでした。

今日は天皇杯準決勝、FC東京戦でした。
準決勝vsFC東京
写り悪くてスイマセン。

上空は風も結構あったみたいです。
旗


試合開始前、FC東京サポさんは「お正月」の替え歌を、繰り返し繰り返し歌っていました。
記憶が確かならば、こんな感じです。(少し訂正しました。)

  もういくつ寝ると お正月
  お正月には 国立で
  青赤軍団 荒れ狂う
  早く来い来い お正月

FC東京サポさんには、鹿島アントラーズなんて眼中になくて、清水エスパルスさんが見えていたようです。
鹿島は1つ1つ勝つのが精一杯だからなぁ、次のことなんて考えられません。
とにかく彼らが言うには、お正月には青赤軍団さんが荒れ狂うそうですので、我々も元日の国立で楽しみに青赤軍団さんを待つとしましょう。


試合内容は皆様ご覧になった通りですので、簡単に。

立ち上がりは慎重だったものの、前半の前半は鹿島が積極的に攻めていたと思います。しかし徐々にFC東京ペースへ。
そして、平山のオーバーヘッド。あれは凄いゴールでした。クロスを上げさせてしまったところも、平山に着いていなかったところも、いけません。あれじゃあ決められてしまいます。でも、凄いゴールだったと思います。

そして、悪い空気のまま前半終了。

後半も良くない流れでした。
後半15分くらいでしょうか。本山が入ってから、少しずつ流れが良くなってきました。本山が入るとボールが良く回りますし、FWへもパスが供給されます。流石としか言いようがないです。

そして、後半20分過ぎ。大迫のヘディングゴール。
野沢のヒールパス、宮崎の左サイド深い位置からのダイレクトクロス、そして綺麗に叩きつけた大迫のヘディング。全てが素晴らしいプレイでした。美しい流れからのゴール。

しかし、大迫頼りになるなぁ
この大迫のゴールで、今までが嘘のように、鹿島の選手達が甦りました。明らかに運動量が増えたと思います。チームに勇気を与える素晴らしいゴールでしたよ、大迫。

そして、本山もボールを上手く回してくれて、完全に鹿島のペースへ。モトやんの存在は大きいなぁ。

結局、圧倒的に鹿島のペースになるも、追加点を奪えず後半終了、延長戦へ。
90分で決めたかったですね。鹿島はベテランが多いですから、正直延長戦となると不安でした。


しかし、その不安なんてふっ飛ばす鹿島の動き。
延長前半5分くらいでしょうか。米本が2枚目のイエローで退場。FC東京は10人に。これで完全に鹿島が試合を支配します。それでもなかなかゴールが奪えないもどかしい時間が続きます。

そして延長後半ロスタイムに入り、PK戦も頭をよぎり始めていた頃。なんだかゆっくりボールを回してて、早くしないとマズいってと私はイライラしてました。
そして、まさにラストプレイ。
モトやんがふわっと縦に長めのボールを入れて、それをDFを引き連れた大迫が興梠へパス、そして興梠は浮かせないように叩きつけて、ばいいぃぃぃぃ~ん、とバウンドしたボールはゴールへっ!!

きぃーーーーたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
興梠偉いぞぉぉぉぉぉぉ。いや、DFを引き付けてラストパスを出した大迫も偉い、偉すぎる。いやいや、美しい縦パスを出したモトやんも…。
皆偉いぞーーーーーー。

そして最初に書いた通り、見知らぬ周りの方々と絶叫しながらハイタッチを交わす私。
ピッチの方を向いた時には、ベンチから皆出てきていて、試合が終わっていました。

準々決勝に続いて、FW2人が決めてくれました。しかし、大迫が本当に頼りになる働きをしてくれますね。ゴールは勿論なのですが、ボールをとられることも少なくなってきましたし、本当に頼りになります。
興梠も復活してきました、期待してます。

FW2人も活躍したのですが、実はもう1人褒めてやりたい選手がいます。それは青木。
後半から投入されて、攻守に頑張ってくれました。青木は良くボールを拾ってくれました、相手のマークもしっかりしてくれました。延長では積極的な攻撃参加も目立ちました。
本当に助かったな、ありがとう青木


そして、恒例のオヴラディ・オヴラダ。
すると、ちょっと離れたところで、ぽつんと立って、こっちを羨ましそうに見ている人が横と後ろにも。
「なんだよ、遠慮することないのに」と、「こっちこぉぉぉーぃ」と大きく何度も手招きをすると、満面の笑みでダッシュで加わってくれました。
鹿島の勝利は皆で喜びましょう。1人で来ている方も遠慮なく加わって下さいね、恥ずかしがることないですよ。鹿島の勝利は嬉しいですよね、鹿島サポだもの。
私も2人で来てますけど、周りの見知らぬ方々と大いに喜びを味わってます。

本当に劇的な勝利で元日の国立へ。
しかし、白熱した延長を戦い疲労はかなりのものでしょう。中2日で戦わなければなりません。
もはや気持ちのみですね。勝利を目指し戦うのみです。


今回写真は最初の2枚で打ち止めです。
もう気が気じゃない試合展開でしたし、終わり方もあんな感じで、すっかり舞い上がり写真どころではありませんでした…。
連れに「写真撮るの忘れてない?」と言われましたが、もう喜びまくっていて、写真撮るような余裕はありませんでした。

試合後、青山通りのお店で暖かいコーヒーを飲んで、暖をとっていたところ、青山通りを鹿島のバスが走っていきました。
しかし、車内はコウコウと電気がついていて、カーテンも引かれておらず、そして誰も乗っていませんでした。
鹿島には戻らないのかな?
選手の皆さん、中2日しかありませんけど、ゆっくり休んで下さいね。


剛さんと一緒に元日の国立へ。
その願いは叶いました。
苦しい戦いになると思いますが、後1つです。
勝って終わりましょう。

本当に皆様お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 23:58|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月26日

第90回天皇杯準々決勝・鹿島vs名古屋戦と剛さんのセレモニー

帰路は少し渋滞しつつ、東京駅付近まで戻ってきたところで、夕食を食べてからの帰宅となりましたので、結構戻ってくるのに時間が掛かりました。祝杯は元日まで取っておこうと、今日は遠慮しました。
日本橋の平田牧場でご飯を頂いてきました。お米は「つや姫」だったのですが、かなり固めに炊いてあり、ちょっとお米は味わえませんでした。かなり固めでしたけど、粘り気というかモチモチ感は強そうでした。次はもう少し普通の固さで食べたいです。
そして、お店に入って席を見ると、山形サポさんが1人。ユニとタオルマフラーをされていたので、一目瞭然。
ちょっと寂しそうでした。惜しいところまでいったのに残念です。私は密かに山形と決勝戦をしたいと思っていたのですが。


話は前後しますが、鹿島に着いてみると、B駐車場はアスファルトの部分も木の枠で囲い、土を入れていました。「芝草養生工事中」(だったかな?)という看板が出てました。B駐車場のかなりの広さを使って芝を育てる感じでしょうか?ということは、来年派手に芝を張り替えるようですね。


さて、試合について。

今日の鹿島は寒かった。晴天で陽が当たっているうちは良かったのですが、日陰になると寒いこと寒いこと。それでも今年は山形を経験済でしたので、十分耐えられました。

本日は天皇杯準々決勝・名古屋戦でした。
準々決勝vs名古屋

名古屋側ゴール裏
名古屋

鹿島のゴール裏
鹿島

選手整列
選手整列

新井場・岩政・伊野波が半袖でした。これは半袖DFラインか?と思ったら、宮崎は普通に長袖でした。惜しい。
ソガちゃんが半袖・手袋でなくて良かった…、ちゃんとキーパーグローブでした。変な夢は見るもんじゃないです。

試合は勝てて良かった。
試合開始から集中していましたね。
後半は名古屋の時間帯も多くて、攻められ続けクリアも中途半端でまた名古屋に拾われて、また名古屋の攻撃、という場面もありましたが、勝利への執念が上回ったという感じでしょうか。

早い時間での岩政のアクシデントにより、急遽剛さんが交代で出てきましたが、まったく問題なくプレイしてました。流石としか言いようがありません。突然出てきて、まったく違和感なくプレイ出来る選手がいるのは、本当に助かります。剛さん、まだまだやれますよ。

鹿島の得点は2得点ともFWの得点。興梠も大迫も久々のゴールでしたね。大迫は本当に良く頑張ったと思います。ただ、この試合だけじゃダメなんです。これを続けてこそ鹿島のFWです。頑張っておくれ。
それと、ガブは本当に良く走ってくれます。本当に有り難い。あれだけガブが走ってくれるから、本当に助かってます。
中田浩二は流石でした。イバも積極的に攻撃参加してましたし、イバのヘディングも観れました、ゴールにならず残念。

完勝といえる内容ではないですし、どちらかというと名古屋の方が攻めていた時間も長かったような印象すらあります。
それでも、鹿島の方が集中は出来ていた、そんなゲームだったと思います。

試合の感想はこの辺で。


試合後、剛さんの引退セレモニーがありました。
剛さんは、セレモニー中もコートを着ずに、半袖&手袋の剛さんスタイルでした。
Go 4 NEXT

剛さんの今までを振り返るビデオが流れました。
その後、秋田・名波・トーレスからビデオメッセージがありました。どれも感動的なメッセージでした。相変わらず名波からは鹿島愛を感じました。トーレスがスクリーンに映し出された時には名古屋サポさんからもどよめきが…。

その後、篤人・イバ・満男・オリヴェイラから花束が贈られました。
久々の篤人です。
篤人

イバの背中が物語っています。男の背中です。
イバの背中
イバは、セレモニー中もコートを着ないで、半袖&手袋でした。本当に剛さんを尊敬しているんですね、イバは。

剛さんの挨拶の後、鹿島の選手たちが剛さんを胴上げ。
胴上げ

その後、選手たちはロッカールームへと戻り、剛さんは場内1周。
名古屋サポさんも多くの方が残って下さいました。そして剛さんへ「大岩コール」を送って下さいました。
剛さんが、名古屋さんのゴール裏へ近付くと、次々と名古屋サポさんも走って前の方へ近付いて、剛さんへ声を掛けていました。
名古屋サポの皆様、本当に有難う御座います。思えば剛さんのプロとしてのキャリアは名古屋から始まったんですものね。今日の対戦相手が名古屋で良かったと思います。

名古屋サポさんの「大岩コール」に、目頭が熱くなりました。
これがJリーグの良いトコですよね。

そして、この剛さんが場内1周している時、オリヴェイラは剛さんが戻ってくるのをずっと待ってたんです。
剛さんを待つオリヴェイラ
剛さんも、そしてオリヴェイラも、お互いを尊敬し賞賛するコメントをしていました。本当にこの2人が鹿島で出会えたことは、運命だったんですよね。
だから、オリヴェイラは剛さんを出迎えたかったんですよね。オリヴェイラのこの姿に、またもや目頭が熱くなってしまいました。

しかし、その後スタッフがオリヴェイラを呼びにきました。きっと監督インタビューの時間だったのではないかと思います。それでオリヴェイラはピッチを後にしました。

そして場内1周を終えた剛さんはセンターサークルで待つ、ご家族の元へ。
ご家族の元へ

剛さんがご家族と抱き合い、そして言葉を交わした後に、奥様がスタンドの我々に向かって、深々とお辞儀をされておりました。
もうその姿を観て、「いえいえコチラこそ、剛さんをこんなに長く鹿島の選手として支えて下さって有難う御座います」と奥様へ感謝の気持ちでいっぱいでした。
去年の契約更改の時、剛さんが鹿島と契約更新を決めた時の奥様のコメントを見て、本当に奥様が剛さんを支えて下さって、奥様も一緒に鹿島の一員として戦って下さっているんだな、と奥様のご苦労を思うと胸が苦しい思いでした。
本当にスポーツ選手の奥様は大変です。我々の見えないところで、そして選手に1番近いところで支えてくれているんですものね。
このシーンには目の前が霞んでしまいました。

ピッチを後にする、偉大なる背番号4。
偉大な背番号4


でもね、まだ私は剛さんに何も言わないですよ。
だって、まだ2試合残ってますからね。

剛さん

元日の国立へ、剛さんと一緒に行くんです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



mk2 at 00:30|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月05日

2010 J1最終節・山形戦。やりきれない気持ちの最終節。

只今山形駅の近くのホテルです。
試合後山形駅まで戻ってきて、ヤケになり山形牛・米沢牛の焼肉食べてきました。
とっても美味しかったです
あのお値段で、あんなに美味しいものが食べられるとは、山形恐るべしです。
東京なら、普通の焼肉屋さんで並みのランクの肉のお値段だと思います。しかし味は抜群。東京で「上」とか「特上」を食べてもあの味にはナカナカ巡り会えません。お高いお店だったら別かもしれませんけど。


さて、今日は正直気分悪いです。散々な試合でした。

それに東北新幹線全線開通の日に、まさかこんなことに。
まぁ、これは特に気分は悪くしてません、ちょっと大変だっただけです。

新幹線にまさに乗る時にホームで、強風の為奥羽本線が使えないとのことで、「つばさ」を福島で切り離さず仙台行へと変更になると知り。
さらに新幹線車中で、強風の為仙山線(仙台から山形まで行ける路線です)も運転見合わせのアナウンス。さらには自分の乗っている新幹線も白石蔵王から速度を落としての運転となり、仙台着が遅れると。

そして予定より遅れて仙台駅に到着後、バス乗り場へ。既に行列が出来ており、バスはもういっぱい。それでも10分程度待ったところで、次のバスが来て補助椅子ながらもなんとか乗車。私の後ろには、まだまだ長い列が出来ていました。

ブログ書いたり、交通手段の検索などをし過ぎた為か、バスに乗ってしばらくして携帯の電池は早くもグロッキー。

バスが高速に乗ると、フロントガラスに当たる風の音が凄まじく、強風であることを痛感。そして山形道に入ると、今度は横風が強くなり、バスが振られる振られる。特にカーブのところでバスが大きく振られるので乗っていて怖かったです。
バスも速度を控えめに走っていました。


なんだかんだで、1時間程度の遅れで山形駅に着くことが出来ました。良かったです。
スタジアムに着いて、鹿島ゴール裏の入場待ち列が想像以上に長くてビックリ。皆様あの環境の中、良くぞ辿り着きましたね。逞しいなぁ


まずは試合前のスタジアムの状況を。

NDソフトスタジアムの正面?
スタジアム正面
光って、文字が見にくいですよね。
ちなみに、写真右下か中央へと延びている列は「炎のカリーパン」に並んでいる方々です。

ということで、最終節アウェイ山形戦。
山形vs鹿島
入場してからも、ほんの少し雨がパラついたりしましたが、試合中は降りませんでした。

ちなみに、ちょっと先に見える山にはうっすら雪が。
後ろの山には雪

少しすると虹が出ました。
かなりうっすらですけど、分かりますでしょうか?
うっすらと虹
写真中央の照明塔の右なのですが。
虹が見えた時は吉兆だと思ったのですが…。鹿島側に出ましたし。

山形さんのゴール裏です。
山形さんゴール裏
選手のアップ中に、田代のチャントで盛り上がっているところです。

ちなみに、スタンドにいる分にはそうでもありませんでしたが、フラッグはご覧のように棚引いていました、試合中も。風は強かったんだと思います。
フラッグ


試合の方は…。
前半は山形ペース。
山形の選手のボールホルダーへの寄せは早い。対して鹿島のそれは遅い。結果として山形のペースで試合は進みます。
鹿島はボールを持っても出しどころがなく、つまらないミスなどでボールを奪われる。というか、そもそもボールを持ってるイメージが余りありません。
鹿島がすべきことを山形がやっていました。
そして、厚みのある攻撃を受けて失点。

後半は…。
報道などを見ると「猛攻」のような文字が見られますが…
確かにポゼッションで言えば鹿島でした。パスを回し、山形のペナルティエリア付近まではボールを運べていました。
しかしながら、ペナルティエリア付近に迫るにしても、横へ回すばかりで、縦へのスピードはありません。
また、せっかくボールを運んでも、シュートを撃てない。決定的チャンスは少ない。
決して「猛攻」と言えるような内容ではなかったと思います。
攻めあぐねていたと思います。

ここ数試合の印象と同じです。
先制されるとキツい。後半時間が少なくなっても、決定的な仕事をする選手はいない。交代も有効なカードがない。
間違いなく、鹿島は強くない。

あまりにも不甲斐ない試合。本当に情けないを通り越して、イライラします。
本当は山形さんのシーズン終了のセレモニーとか観て帰るつもりだったんです。田代や増田にも声を掛けたいと思っていたんです。
しかし、余りの不甲斐ない試合に腹が立ち、早々にスタジアムから出ました。

G大阪・C大阪が共に勝利した為、鹿島は4位となり、ACL出場権の獲得はなりませんでした。
あんな試合をしてるようでは当然の結果なんですけど、悲しいです。
ACL出場権なんか獲らなくても良いという意見もあるようですね。移動や過密日程の心配から来るものかと推測しますが。
しかし、ACL出場権を要らないということは、今日の試合にも満足せねばならないですし、4位の鹿島アントラーズにも満足せねばならない。今シーズンの結果を良しとして受け入れる必要があります。
私には無理です。ACL出場権は欲しいですし、今の順位にも満足出来ません。本当に悔しい。

今日の試合を観た今の状態では、私の口からは「天皇杯制覇」なんて言葉を口にすることは出来ないです。今日だけならともかく、最近の試合を観ている限りでは…。
ただ幸いにも、準備期間はあります。立て直す程度の処置で良いのなら立て直して欲しいですが…
厳しいなぁ、運も必要だけど、それ以前のような気が…

私もちょっとお休みが必要かも。今の精神状態ではとても前向きになれない。


今日は山形サポさんも鹿島サポも、スタジアムへの往路で大変だったと思います。
もしかすると復路も大変な思いをされた方もいらっしゃるかも。
皆様方、本当にお疲れ様でした。
そして、今シーズンお疲れ様でした。
天皇杯がまだ残っていますので、少し休養して、また頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 01:56|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月29日

ホーム最終戦・京都戦は、ほっとしたり、しんみりしたり

帰りは、都内で何箇所か渋滞してたり、なんだかんだで帰宅は20時半過ぎ…。はぁ、しんどかった。
またもやケーキをテイクアウトしてしまいました。こんな時間からケーキ…、いけませんねぇ。

ちなみに、往路では…。
鹿島まで行く途中、京葉道を通っていたら、カシマスタジアム行きのバスが。あれ?なんで湾岸線じゃないところを?ルート変更しました?

そして酒々井PAで休憩していたら、暴走族さんが何台か、ブンブンと五月蝿かったです。
彼らの方が先に出て行ったのですが、潮来のICでも彼らに出会いました。料金所で、ちゃんと高速料金払ってましたよ。正しいのですが、イメージが…
試合中もブンブンとやってたみたいですけど、チャントや歓声が止まないと聞こえないし、全然目立たないんですけどねぇ。何しに来てるんだろう?でも、酒々井PAで見たって事は、ジモティじゃないってこと?良く分かりませんねぇ
試合の日にはスタジアム周辺には警官もたくさん居るはずだけど、放置なのでしょうか?


さて、今日は今シーズン・ホーム最終戦の京都戦でした。良い天気で暖かかったです、13時からの試合というもの助かりました。

本日も試合内容は感想レベルの簡略バージョンです。
(いつもみたいに長々書いたほうが良いのでしょうか?最近風邪でダウンしていたので簡略バージョンにしてましたけど…。)

入場ゲートで、イエローハットさんからプレゼント。
ステッカー
ステッカーです。

ホーム最終戦の対戦相手は京都サンガ。
鹿島VS京都

鹿島は良い天気、空も綺麗でした。
今日もいい天気

鹿島のゴール裏。最終戦ですから、これくらいは。
鹿島のゴール裏

京都さんのゴール裏。遠くて日曜の試合だから大変ですよね。
京都ゴール裏

鹿島のゴール裏には、こんなものも出てました。
柳沢のゲーフラ
愛されてますね、柳沢は。

今日スタジアムで一番気になったのはコレです。
TOSTEMからLIXILへ
さっそくLIXILブランドのアピールです。

リボンビジョンにも。
LIXILへ
TOSTEMさんのロゴからLIXILさんのロゴへ変わったり、LIXILさんのロゴと一緒に来年のユニフォームのイラストがスクロールしたりしてました。
試合中も同様な感じでした。

さて、試合ですが。
今日は宮崎が先発でした。ジウトンはベンチ入りもせず。

前半は鹿島のゲームと言っても良いと思います。

前半17分には、野沢のゴール。新井場のクロスを京都の選手が頭を出してクリアしようとしていたところに、足を出して割り込んできた野沢。それが直接ゴールとなりました。

そして、前半31分には、CKからガブが綺麗なヘディングで決めました。本当に綺麗に決まりました。
ガブたんは、ゴールが決まった後、「オズたーん、オイラやったよぉー」と、一目散にオリヴェイラのところへ走って行って抱き合ってました。ガブたん、オリヴェイラのこと愛してますなぁ。

そんなこんなで前半終了。
前半は本当に安心して観てられました。
宮崎も速い良いクロスを入れたりしてました。積極的だったと思います。
伊野波と宮崎の間に、何本かパスを通されたのが少し気になりますけど。

柳沢の動きの質は本当に高いですね、今の鹿島であそこまでアッチコッチにちょこまか(表現が悪いですが)と顔を出す選手は居ないかも。DFを引き連れてスペースを作ったり、DFの裏を取ったりと。やっぱり良い選手ですよ。

後半はもう一方的に攻められます。
ペナルティエリア付近まで攻められて、なんとか苦し紛れに長いボールでクリアすると、このボールをまた京都に拾われ…、といったことを繰り返す感じでした。パスミスもたくさん。

後半17分に、柳沢は交代で下がります。この時全てのスタンドから拍手が起きていました。

後半19分には、ドゥトラのシュートをソガちゃんが両腕で抱え込もうとしたら、なんだかファンブルしたみたいで、股の間からこぼれてソガちゃんの後ろへ…。そこを京都の宮吉が詰めてきて、あっさりゴール。おいおい…、お願いしますよ
終了間際にはバーに助けられたり…。

後半は本当に別のチームのようでした。集中を欠いていたといえばそうでしょうけど、なんでしょうね?

試合終了のホイッスルが鳴ったときには、「はぁー良かった、勝てて」とほっとするような感じで、疲れました。
なんとか2-1で勝利。

まぁ、あんな試合をしているようじゃ、優勝なんて出来ません。
まだACL出場権も確保していないし、天皇杯もあります。しっかりと気を引き締めて集中して下さい、お願いします。

今日のTOSTEM賞はガブだったのですが、ガブのインタビュー中に鹿島ゴール裏から秋田コールが起きていました。
そして、中田浩二は柳沢とユニフォーム交換してましたよ。

ホーム最終戦ですので、オリヴェイラの挨拶がありました。
監督と通訳

オリヴェイラは本当にスピーチが上手いですよね。
毎年のことですが、何を言っているのか分かりませんけど、蘭童さんが訳す前に、拍手が起きたり歓声が起きたりします。熱いお方です。熱いスピーチでしたよ、昨年まで程ではないにしろ。
イロイロ仰ってましたけど、「天皇杯頑張りまっせぇ」とも仰ってましたから、信じてます。選手達も、もう一度タイトルへの執念を見せて欲しいです。

そして選手達も場内一周。
これでしばらく見納めだと思ったので、チャンピオンフラッグを撮ってみました。
チャンピオンフラッグ
ミュージアムへ行けば観られますけどね。

鹿島が勝利しましたが、C大阪も勝利。
これで、ACL出場枠である3位以内は、鹿島・G大阪・C大阪で争うことになりました。
最終節も勝てば文句なしに決まりますからね、しっかり集中して勝ちましょう。

カシマスタジアムでの今シーズンのリーグ戦は最後。
一年間おつです
今年は猛暑で芝のダメージがあったりと大変だったでしょう、カシマスタジアムも一年間お疲れ様。
まだ天皇杯が残ってるから、もうひと頑張りしておくれ。

ということで帰路に…。スタジアム駅までの道が工事中。
ソーラーパネル工事中
連れの情報によると、ソーラーパネルを設置しているらしいです。
「なに?ソーラーシステムを?」と思ってしまう世代でスイマセン

今日は勝ってホッとし、ホーム最終節でなんだかしんみりしたりと、複雑な気持ちでした。
でも今年はあと1回カシマスタジアムへ来る予定ですよぉ。

それに、リーグ戦は後1試合残ってます。ACLの出場権もかかってますし、勝って終わりましょう。

皆様、お疲れ様でした。
そして、後1試合頑張りましょう

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

なんだか、また喉が痛い…。まずいなぁ、もう寝ます。

mk2 at 00:48|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加