観戦の感想-2019

2019年08月18日

2019 J1第23節 大分vs鹿島戦

渋い…渋すぎる。
しかし、素晴らしい勝利っ!

鹿島らしい勝利だと思います。
新加入や怪我から復帰した選手達が、活躍してくれているのが良いですね。

特に、ブエノは良いです。
以前も書きましたが、荒さ…粗さ…がなくなったというか…。

元々身体能力は半端ないですからね。
ここまでやってくれるとなると、かなり助かります。

これは…もしかすると…序列が変わったかも。
そう思わせる素晴らしさですね。

試合は渋かったです。
でも、これは開幕戦とスカウティングの結果ですよね。

大分は、比較的低い位置でパスを回して、相手が喰いついて出来たスペースを使う。
それで、開幕戦はやられました。

それが分かっていたので、下手に喰いつくことはしなかった…ということのようです。

鹿島の公式サイトの試合後のコメントを見ると、それが窺えます
白崎や犬飼、三竿健斗のコメントがそうだと思います。

しかし渋過ぎましたけど…。
前半は、あまりにも膠着状態というのか…。
お疲れモードな私は、寝ちゃいそうでした。

DAZN集計の前半のシュート数は、大分0本、鹿島2本。
流石にこれは…と。

そして、後半71分に試合が動きました。

小池が鹿島陣内深い位置から、対角線上の右サイドへと、超ロングフィード。
相馬勇紀がそれをピタっと、綺麗なトラップで止めて、そして斜め45℃へ進み…。
更に、ペナルティーエリアの右角からライン上を左へと移動しつつ、左足で巻くようなシュート。

サイドネットにカサっと当たるゴール。
素晴らしいの一言です。

トラップ、ドリブル、シュート、どれも素晴らしい。

小泉が、右サイドを猛烈なスピードで駆け上がっていたのも素晴らしかったです。
小泉は無茶苦茶積極的に上がるタイプではありませんが、要所は締めてくれますし、既に鹿島のSBとして仕事をしてくれています。
本当に素晴らしい。

結局、鹿島の得点はこの1点のみ。
残りは、約20分+アディショナルタイム。

ちょっとまだ時間があるなぁ…と思っていたのです。
しかし、鹿島の守備の集中も素晴らしかったです。

ゴール周辺では、ボールホルダーに対して、2~3人で寄せていくシーンが何度もありました。
利いてました。
素晴らしいです。

ああいう守備が出来れば大丈夫。
そう思わせる迫力がありました。

1点をキッチリ守り抜いて勝利した鹿島。
素晴らしいです。

相馬勇紀は、ずっと鹿島に不在だったスーパーサブの予感がしますね。
相馬勇紀はスタメンで出たいでしょうけど。

あの推進力というのか、勢いというのか…。
後半途中出てくると相手はかなり嫌だと思います。

左右どちらも出来て複数ポジション出来るのも良いですね。
これはガッチリ掴んだと思いますよ、イロイロと。

小池はそれほど目立ってはいませんが、今日も得点に絡んでいますしね。
良くやってくれていると思います。
小泉も先に触れましたが、本当に良くやってくれています。

途中加入の選手達がこれだけ機能すると、本当に助かります。

そして、この勝利は大きいですよ。
今節、上位陣が揃って躓きましたからね。(川崎Fは勝ち点1でしたけど。)

少し不気味なのは広島…かしら。

ただ次も勝たねば、勝ち続けなければ、この勝ち点3の価値が下がってしまいます。
まだまだ暑い日が続きますが、勢いをつけていきたいです。

とにかく素晴らしい勝利でした。
これからもっともっと勝ち続けましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

私のお疲れモードも吹き飛びそうな勝利っ!
(いえ…かなりお疲れなんですけど💧)

mk2 at 00:20|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月15日

第99回天皇杯 3回戦 鹿島vs栃木戦(ちゃんと観ていない版)

帰宅が試合後になってしまい…。
残念ながら、試合はちゃんと観ていません。
ゴールシーンだけ、とりあえず録画を観ました。
試合全体は、8/15(木)の日中に観ようと思います。

しっかり勝ったことは良かったですね。
トーナメントですもの、結果が大事です。

そして、ポジティブなことがたくさんありましたね。

チョン・スンヒョンは、大きな怪我ではなかったようで良かったです。
レオ・シルバも戻って来てくれて、良かったです。

そして、伊東幸敏が戻って来てくれたのも、良かったですね。
しかも、80分以上プレイしてくれました。
これはとても大きいです、本当に良かった。

更には、短い時間でしたが篤人も戻って来ました。

こんなに何人も戻って来てくれようとは。
もうこれだけでも良かったです。
この先のことを考えれば、とんでもなく大きいと思います。

先制点の小田逸稀のゴールは狙ったものではないと思います。
でも、ゴールへ向かうボールだからこそ入ったんだと思いますし、どんなカタチであれ、ゴールはゴール。

結果がすべてです。
そういう意味では、良かったと思います。

更には、2点目のアシストも小田逸稀でした。
ゴール前の狭いエリアでのパス回しは良かったですし、小田逸稀のライトパスも見事でした。

伊藤翔は、ああいうカタチが得意なカタチだと思いますし、それをしっかり決めたのも良かったです。
伊藤翔は、直近4試合で3ゴールです。
勢いに乗って欲しいですね、シーズン当初のような活躍を期待します。

レアンドロは、調子を落としている印象がありましたが、PKであれゴールを決めたのは流石。
調子を上げてくれると期待しますよ。

そして有馬のゴールっ!
少しエゴイスト気味に仕掛けましたが、決めれば良いんです。
決めることが大事。
でも、まだまだ出発点に過ぎないですからね。
もっともっと出来るように、続けて欲しいです。

多くの選手を休ませることが出来ましたし、試合に出たメンバーもポジティブな要素がたくさんありました。

暑い中の過密日程の試合で、もうこれ以上ないくらいの試合になったような気がします。
(何せ、ちゃんと試合を観ることが出来ていないので…💦)

いやぁ、良かった良かった。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

ところで…。
試合後、黄色のユニを着た方がカメラに向かって…しかも2度💦
生中継はモザイク出来ないのよね💧

そして法政、勝ってるっ!凄いっ!!

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月11日

2019 J1第22節 鹿島vs横浜FM戦

うむ、これぞ鹿島。

試合開始早々に得点し…。
同点に追いつかれてしまいましたが、試合終了間際に突き放して勝利。

これこそが鹿島なんじゃないでしょうかっ!
内容云々ってのは置いといて、こういう勝利こそが鹿島なんですよっ!

でも、スタメンを見て、いきなりテンション下がりました。
チョン・スンヒョンはどうしちゃったんでしょう?

中継でも情報はないようでした。
それほど突然のアクシデントだったのかしら。

考えてみれば、チョン・スンヒョンも山本脩斗も戻って来たばかりですよ。
それなのに、また直ぐに怪我で離脱してしまうって…いったいどうなってるんでしょうか。

もしチョン・スンヒョンも怪我だとすると、これはもう完全にクラブに問題がありますよ。
改善して欲しいです。
テコ入れしましょうよ。

試合は…。

開始何十秒?20秒くらいですか?
エリア内で、積極的にプレスをかける鹿島の前線。

セルジーニョが引っ掛けて、聖真が拾い、更にセルジーニョが左脚の一瞬のフェイントで振り切り、シュート。

完璧な流れでした。
いきなりの先制点で、ちょっとびっくりしてしまいました。

あんなに積極的にエリア内でプレスを仕掛けるとは…。
これはもしかしてスカウティングの結果なのかしら?

その後も、横浜FMは自陣エリア内でパスを回して、しかもミスすることが何度かありました。
鹿島は、それを狙っている感じがしました。

ただ何度かチャンスがあったんですが、モノに出来なくて残念。

後半、聖真のゴールが取り消されたのは…。
リプレイを観た感じでは、致し方ない印象です。

ただ、どういうやりとりがあったのかは知りたいですけどね。
ジャッジリプレイで、その場面の解説だけでなく、実際にどういうやりとりがあったかも説明して欲しいです。

失点の場面は…うーん…ですね。

サイドを上がった仲川に小池は…。
あれは、自らスライディングした?それとも滑ってしまった?
どちらにせよ、振り切られてしまいました。
ついていきたかったです。

そして、中へクロスが入った時も、ファーにいた遠藤渓太に誰もついておらず、フリーにしてしまいました。
ファーは、ぽっかりと空いていました。

遠藤渓太のボレー?はジャストミートせず、ショートバウンドで高く上がりましたが…。
その高く上がったボールを眺めるだけで、人につくことが出来ませんでした。

人数はいたんですけどね。
誰か1人でもつくことが出来ていれば…。

同点になってしまい、ちょっと嫌な感じも。
ジャッジが荒れ気味だった気もします。

それを救ってくれたのは、新加入の選手。

三竿健斗のふわっとした縦へのロングフィードを、聖真が落として…。
上田綺世は、冷静に少し外へと開くように動いてGKを動かしつつ…。
GKの逆をつくように、インサイドキックで冷静に決めました。

上田綺世、凄い。
この一連の流れ、判断力、落ち着き、新加入選手とは思えません。
とても能力が高い選手だということが良く分かるゴールでした。

凄いぞっ!

逆転したのは、後半42分でした。

後は試合の終わらせ方ですよね。
でも、変なドリブルして引っ掛かったり…おいおい…ちゃんとしようよ…と思っていたら…。

コーナーで鹿島る選手がいるじゃないですか。
それは上田綺世でした。

状況判断がしっかり出来ています。
コーナーでしっかり鹿島って、しかも奪われない。

素晴らしいです。
新加入の上田綺世がそれをしちゃうんですから。
上田綺世には、既に鹿島の血が流れているんですね。
それが良く分かるプレイでした。

間違いなくMVPは、上田綺世です。
でも、2点に絡んで、更に幻のゴールあり、随所に良いところを見せてくれた聖真も捨てがたいですけど。

緊急発進?となったブエノは良くやってくれました。
ブエノのスピードなかったらやられていた場面もありました。
終盤足つったようですが、良くプレイしてくれました。

小泉は、おそらくバランスを考えてくれたのでしょう、攻撃参加するシーンは少なかったと思います。
しかし、しっかりタスクをこなしてくれました。

いきなりでこれだけ出来るのですから、これからが楽しみです。
右SBのやりくりには本当に困っていますからね、頑張ってもらいたいです。

相馬勇紀は出場時間が短かったですが、勢いは感じました。
あの勢いというのか推進力を活かしてもらいたいです。

何はともあれ…。
今日はDFラインが急造に近い中で、良く頑張ってくれました。
(最近失点が続いているのはちょっと気になりますけど…。)

こういう勝負所を、しっかり勝てたことは大きいと思います。
得点の時間帯も文句なしですしね。

でも、ここから過密日程の連戦ですし、落とせない試合が続きます。
浮かれ過ぎることなく、暑さにも負けず、戦い続けたいと思います。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

収穫がたくさんあった試合だと思います。

mk2 at 00:08|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月04日

2019 J1第21節 湘南vs鹿島戦

何を書こうか…と悩み続け…。
もう23:30を過ぎてしまいました。

何と言うか…。
あまりにも、鹿島らしくない負け方。

前節追いつかれた時間帯、そしてこの試合ではラストプレイでの失点。
鹿島がもっとも強かった時間帯のはず。

ただ…。
「鹿島らしい」と表現はするものの、今はもう昔の鹿島とは当然ながら違う訳で…。
残念ながら、今の鹿島にはそういう部分の強さみたいなものはないのかも知れません。

ラストワンプレイに泣くことになりましたが…。
そもそもその前の2失点がいただけません。

今の鹿島の課題です、連続失点。
わずか3分後に、同じようなカタチでやられています。

特に、2失点目は走れていないです、走っていないです。
「走れよっ!」と、叫んでしまう程に走ってないです。
流してしまってます、そこそこ人数はいるのに。

湘南に走り負けてます。
気持ちで負けてます。

中2日という厳しさはあったと思います。
でも、2失点後にあれだけ出来たことを考えると、それを理由にしてしまっていた。
つまり気持ちで負けていた。

そう思います。

こんな中途半端な気持ちで、タイトルなんて獲れる訳がありません。
試合後のクォン・スンテの言葉通りだと思います。(Jリーグ公式サイトのコメントを引用します。)
日はウチよりも湘南さんのほうが走っていましたし、戦っていましたし、ゴールを目指して戦った結果じゃないかと思っています。

もちろん浦和戦が終わって中2日で、体力的に厳しいと言われるかもしれませんが、それはただの言い訳にしかならないですし、鹿島ならこういう試合でも勝たなければいけないと思います。
本当に、その通りです。
誰かが気合注入しないと。

もうどうにも気持ちが整理出来ません、あまりにも不甲斐ない。

ただ良かった点は…。
山本脩斗はやはり本職ですね、流石です。
上田綺世はまさに即戦力ですね、かなりやってくれそうです。

と、良かった探しをしないと…気持ちが…💦

こんな試合もある…と、割り切るしかないですね。
(いえ…割れきれないんですけど…💢)

すみません、今日はあまりにも腹立たしく…。
この辺で終わりにしておきます。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

やっぱり気持ちです。
気持ちがなきゃ、タイトルなんて獲れやしません。

mk2 at 00:02|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月01日

2019 J1第16節 浦和vs鹿島戦

勝ちたかったです。
残念です。

でも、こういうこともある…。
と、思うしかないです。

前半から、浦和に決定機が何度も生まれましたが、ことごとく外してくれたのは、ラッキーでした。
あれが1つでも決まっていれば、勝ち点を得ることは出来ませんでした。

そういう意味では、勝ち点は1ですが、積み重ねることが出来たことは良かったのだと、思うしかないと思います。

特に最終ラインは、何度か裏を取られ、しかもセルフジャッジをしてしまうことが…?
ついていけない感がありました。

修正しないといけません。

Googleのスタッツでは前半は、浦和が66%、鹿島が34%でした。
数字通り、受け過ぎた印象がありました。
60%台後半はキツいです。

鹿島も決定機がなかった訳ではないのですが、どれか1つ決めておけば…。

それでも、後半32分に先制。
聖真が抜けた時に「これは決まる」と思いました。

それくらい、今の聖真はやってくれる感があります。
GKの上を越えるふわっとしたクロスは、巧みでした。

残り約15分。
リードは1点ですし、この暑さですから、なかなか難しいとは思っていました。
出来れば、追加点が欲しかったですが…。

浦和の得点は…。
町田ですね。

町田は、前の杉本に寄せてしまいました。
杉本には、犬飼がついていましたから、町田は興梠につかねばならないはずです。

見えていなかったのかどうか…。
いえ、興梠がいることは分かっていたはずです。

杉本に寄せた分、高く越えて来たクロスに下がりながら対応することになり、ジャンプしても届きませんでした。
そして、町田の後ろにいた興梠に易々と決められました。

町田の対応が悪かったと言わざるを得ないです。
結果論ですが、この1失点がなければ、ぐだぐだながら勝てていました。

CBのプレイの良し悪しは勝敗に直結します。
それを町田は背負わねばなりません。
そして、もっと成長して欲しいです。

それなりの授業料は払ってしまいましたが、それを糧にしてくれると思っています。
頼むぞ、町田。

勝てはしませんでしたが、個人的には悲観はしていません。
もっと出来ると思いますし、オフェンスには改善の兆しもあると思っています。

心配なのは、受け過ぎる時があるのと、試合の終わらせ方が今の鹿島は上手くない…ということでしょうか。

ピッチ内のリーダーが不在なことも影響しているのかも知れません。

それでもこれだけ出来ているのですから、怪我をした選手達が1人でも2人でも戻って来てくれれば、もっともっと出来ると、私は思っています。

勝てなかったことは残念です。
でも、負けた訳ではありません。

この勝ち点1を意味あるものにするために、今後更に頑張っていきたいと思います。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

しかし、暑過ぎる…。
中2日でまたアウェイ…少し心配。

mk2 at 00:15|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加