観戦の感想-2012

2012年12月02日

2012 J1第34節 鹿島vs柏戦(超々簡略版)

もう一昨日になりますが、当ブログにいただいたコメントと、その返信、そしてブログ「アントニオのサッカー食べ放題」のアントニオ・ダンナさんの絡み。

それを見た連れが、「なんなんだ、この人たちは?この絡みはいったい?」という感じで、不思議に感じていたようです。
うーん、分からない人には分からないですからねぇ。

敢えて言わせて貰うならば、我々の世代の「嗜み」と言っておきましょう。


今日は鹿島まで行ってきましたが、試合後にコチラに戻ってくる途中で、都内のイ○ンで買い物をしました。
冬支度が全く出来ていなくて、毛布やら部屋着やらを買い込みました。
夜遅くまでやってるんですねぇ。
それで、ほぼ午前様くらいに帰宅。
ヘロヘロ眠々なので、短めに。


寒かった、本当に寒かったです。
東関道の成田より手前で、雨が降ってきて、その後は強い雨でした。風も強くて車がかなり振られました。

クラブハウスに着いても雨は止まず…。
駐車場について車に表示されている外気温をみたら、4℃でした。

クラブハウスで買い物をした後に、B駐車場に着いても雨は止まず。
そして外気温は5℃。
寒いです。
車の中で、雨が止むのを待ってから、スタジアムへ向かいました。

雨は止んだもののカシマスタジアムは、やっぱり寒いっ!
でも、風はそんなにあったようには感じませんでしたから、助かったかも。
でも、寒いっ!
水っ鼻が垂れても、まったく感じないくらいに、感覚がなくなってましたよ。

さて、試合に触れる前に…。

今日の主審は扇谷でした。
1つ1つのジャッジについて、どうこう言う気はないですけど…。
少なくとも、ゲームはコントロール出来ていなかったと思います。
もうちょっとなんとかなりませんかねぇ、ふぅ…

さて試合ですが。
完勝ですよ。
やっぱり鹿島は出来るんじゃないでしょうか?
いや、出来ますよ。

中田浩二は久々というか、かなりブランクがあっての出場でしたが、まったく問題なし。
試合感という言葉は何?
中田浩二には、そんなもの関係ないのでしょうか?
すんなりと試合に入っていたと思います。
まだ、90分は無理だと思いますが、天皇杯は力になってくれそうです。

昌子も計算の出来る選手になってきたと思います。
半袖に手袋という、剛さんスタイルも良いですね。

大迫…。
褒めません。
大迫は、あれくらい出来て当然です。
もっともっと出来ます。日本を背負える男になってくれると思います。

1点目は、柏のエリア前でのクリアがドゥトラに当たって、ショートカウンターのカタチになりました。
あれは、柏にとっては不運かもしれませんけど、そこをきっちり決めた大迫を…。
いや、大迫なら当然なので褒めません。

2点目は、ジュニーニョがサイドからクロスを入れてくれました。
あそこでクロスを入れてくれる選手がいると、本当に楽。
ジュニーニョが巧みな動きで、クロスを入れた時、思わず「入れちゃったよっ!」と声が出てしまいました。
秀逸なプレイだったと思います。
ジュニーニョのMFは良いかもしれませんね。

あれを頭で決めた大迫も…、いや褒めませんよ。
難しいヘディングだと思いますけど、決めちゃうんですよねぇ。
すばら…、いや褒めません。
大迫なら当然です。

ただ、今日の鹿島はパスミスが多かったと思います。
直前の雨でピッチもぬかるんでいる箇所もありましたから、難しかったとは思います。
それにしても、柏の選手へ何本もパスをしてしまいました。

でも、それが決定的なピンチにはなりませんでしたから、まぁ良しなんですけど。
守備は良く出来ていたんだと思います。
特に前半は、柏のシュートをかなり少なく抑えていたんじゃないでしょうか。
良く出来ていたと思います。

試合後のジョルジーニョの挨拶。
ジョルジーニョは熱く語ってくれました。
時には涙ぐんだり。

うる覚えですけど…。

最初は、今シーズンの成績せい自分のせいだと。選手たちはいつも全力で戦った、と全てを自分のせいにしていました。

そして「私の妻が、私がどれだけ鹿島のことを好きか良く知っている」という感じで、鹿島に対する思いを語ってくれました。
そんなこと言わなくても、私たちは知ってますよ、ジョルジーニョの鹿島愛を。

その後、我々に背を向けて、選手たちへ話していました。

ジョルジーニョは「私の魂の一部をこの地に置いていく」と言っていましたよ。
本当に鹿島を愛してくれていると感じましたよ、嬉しいことです。本当に感謝です。

最後にジョルジーニョはゴール裏へ向かって…。
「かっしーま、アントラーズ」と叫びました。
そして、ゴール裏からは鹿島アントラーズ・コール。

ジョルジーニョが本当に鹿島にいてくれて良かった。
鹿島のことを良く知っていて、愛してくれた人だと思います。
また戻って来てくれると思います、戻って来て欲しいです。

その後、選手たちと抱擁して、場内一周。
ゴール裏からは、ジョルジーニョのチャント。
それに応えて、チャントのリズムに乗って、腕を振るジョルジーニョ。
最後まで、頭を深々と下げながら、ジョルジーニョは去っていきました。

ちょっと感傷的な気持ちにはなりますが、まだ天皇杯が残っています。

出来ると思います、天皇杯を獲ることは可能だと思います。
後は、全力で強い気持ちで戦えるかどうか、それだけだと思います。

戦いましょう、ジョルジーニョと共に。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 01:43|PermalinkComments(6)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月25日

2012 J1第33節 名古屋vs鹿島戦(超々簡略版)

あー、頭痛が…、ひどいもんです。

実は名古屋戦参戦は、11/21(水)くらいに決めました。
そこからチケットやら新幹線の手配を始めたので、なかなか新幹線の空席もなくて大変でした。考えてみれば3連休なんですよね。すっかり忘れていました。

本当はチケットアライアンスでゴール裏のチケットは確保していたのですが、どうにもこの体調ではご迷惑になってしまうと思って指定席にしました。
行きの新幹線では、本当に酷い頭痛で、一瞬参戦を後悔したのですが、スタジアムが近付くにつれて、何時の間にか頭痛がなくなっていましたよ。現金なものです。

もう日付は変わってしまいましたが、今日は「スタジアム到着」「試合終了」「帰りの新幹線の中」とブログを更新したのですが、スマホを使ってみました。
初めてスマホで更新してみましたが…。

ダメです、スマホにまだ慣れません、異常に時間が掛かります。
フリックがどうにも…。
元々タッチパネルと相性悪いんですよ、私
違うところを押してしまうんですよね。利き手と利き目が違うので、うまく押せないみたい。

あぁ、前置きが長い。

さて、名古屋戦。
私の頭は真っ白ですね。実はあんまり憶えていません。
1つ1つのプレイは落ち着いて観ていたのですが、なんだか憶えていないんです。
変なプレッシャーを感じていたんだと思います。
後半のアディショナルタイムは、とにかく「早く終われ、早く終われぇ」と、ずーっと祈っていました。
もうそれくらい、私の中では今の位置のプレッシャーがありました、嫌なものです。

ハーフタイムも他の試合の途中経過を見ないようにしていました、他の事を考えるより、目の前の試合に集中しようとしたのですが、集中し過ぎて、脳が死んだかもしれません。
試合が終わった瞬間、ほっとして脱力しましたが、他の試合の事を考える余裕もなく、とにかく良かったなと。

試合終了後は、グランパスのホーム最終戦のイベントを尻目に、スタジアムの席に座ったままブログを更新。
そして、残り少なくなったバッテリーを心配しつつ、新幹線の予約を取って名古屋へ。

残留決定を知ったのは、帰りの新幹線の中で、スマホを新幹線のAC電源に繋いだ時でした。
当ブログにいただいたコメントを見て、「そうなの?」と。

スマホのバッテリーが危なかったのと、久々の勝利の安堵で、すっかりそのことをチェックするのを忘れていました。
本当に嫌なプレッシャーを受けていたんだと思います。

あぁ、やっぱり試合の事書いていませんね。

今日の試合は完勝だと思います。
1点獲られましたがセットプレイですし、あれは仕方ないでしょう。

今日の鹿島は守備の時は4-4と綺麗な2ラインが出来ていました。
そしていつもと違うのは、かなり高い位置でプレッシャーを掛けていた事。
名古屋陣内の、しかも高い位置でプレッシャーを掛けていました。
あれには少し驚きつつも、上手く機能していたと思います。

そして球際にも強かったと思いますし、ミスを見逃さずボールを奪い、得点も奪いました。
セカンドボールも拾えていました。

後半の早い時間くらいまでは、名古屋が大きなサイドチェンジで鹿島の右サイドへボールを供給して、そこからピンチになることが多かったですが、良く守ったと思います。
後半の名古屋の決定的なシュートもギリギリのところで青木が身体を投げ出し、防いだシーンもありました。今日の鹿島の集中を表す良いプレイだったと思います。

終始、観ていて負ける気がしませんでした。
それくらい鹿島は集中出来ていましたし、良かったと思います。

そもそもこれくらい出来るチームなんだと思うんです。
本当に今年は歯車が噛み合わないと言いますか…。
この力を、シーズン残りの試合で発揮して欲しいですよ。

もっともっと出来ます。
出来るんですよ、鹿島は。
なのに、それを発揮できない。
そんなもったいない、そんな不甲斐ないことじゃダメです。

今度こそ、残り全部勝ちましょう。
その為には、気持ちなんですよ。
だって、鹿島はココまで出来るんです。
それなのに、力を出し切れないなんて、もったいないですよ。
闘志むき出しのプレイで、1つ1つ勝っていきましょう。

マズは最終節、しっかり勝って、そして天皇杯へ。
まだ2012シーズンは終わっていないですよ。

もう1冠です。
鹿島は、こんなところで立ち止まっちゃいけないんです。

でも、本当にほっとしたなぁ。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

結局試合にはあんまり触れていないような…

mk2 at 02:17|PermalinkComments(6)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月24日

勝ったぞ

勝ちましたよ。

名古屋戦スコア
 
集中出来ていたと思います。
はぁ、良かった、勝ち点3を持って帰れますよ。
本当に良かった。

それでは後ほど。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 16:40|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月18日

2012 J1第32節 鹿島vs仙台戦(超々簡略版)

昨日は結局TV観戦です。
どれだけ買ったチケットを無駄にしているんでしょう。
いや、クラブの収入にはなっているから良いのか…。

週末になると、どっと疲れが出ます。
特にここ2週間くらいは、精神的なストレスもけっこうあるので。

さて、昨日の試合、なんとも難しいです。
「出来るのか出来ないのか、どっちなんだよっ!?」と言いたくなるような…。
後半は間違いなく出来ていたんですよね。アレだけ出来るのに、今の順位にいるのは前半のような感じが今シーズン多いからでしょうか。

個人的には興梠の頑張りが嬉しかったです、気持ちを感じました。
1得点目のシュートの前の粘りなんて、もの凄くよかったと思います。身体を張ってキープ出来たからこそ、大迫がサポートにきてDF3人を引き連れてくれて、興梠はフリーでシュートを撃つことができました。
元々は興梠の頑張りです。もちろん大迫もきっちりサポートに来てくれたからこそですけど。
ココは興梠を褒めておきたいと思います。
0-2にされた後の得点でしたから、本当に助かりました。

それにしても、1失点目はともかく、2失点目、3失点目はもったいなかったです。

2失点目はソガちゃんのミスと言って良い気がします。
確かに難しいピッチ状態だったかもしれませんが、あれをファンブルしてしまっては…。

そして3失点目は、皆で集中力が切れました。
ゴールラインを割るだろうと油断したところを角度のないところから赤嶺に決められてしまいました。
してはいけないことだと思います。球際は負けるとかいう以前の問題です。
本当にもったいないことです。

一方では、鹿島の得点は3点共美しかったです。
1点目は先にも書きましたが、アーク内で興梠が粘って、それこ大迫がサポートに来てDFを3人着いて、その横で興梠がフリーとなり、決めました。

2点目はジュニーニョがサポートもないのに、個人で打開しました。
マークに疲れながらも、左サイドから相手を抜ききらず、フェイントで相手を外した一瞬の間にクロスを入れました。
そして、大迫もなんだか変な体制、ややソバットのようなカタチで決めてくれました。
ジュニーニョも大迫も素晴らしかったと思います。

3点目は、柴崎・本山・興梠。
柴崎が棒立ちで、かるーくループパス。
そして、それを受けた本山までもループパス。
それを受けた興梠は豪快に蹴りこみました。
どれも素晴らしいプレイです。

柴崎・本山の流れでは、時間が止まったかのように、周りの選手たちは立ち尽くして眺めていました。
本当に美しいかったです。

しかし、これだけ出来るのになぁと思います。
トータルすれば良い試合だったと思います。
でも、今は結果が必要です。
勝ち点3を取れなかったことが残念。
絶対に勝ち点3を取らればならなかったです。

しかし、過去の事を言っても仕方ないので、前に向かうしかありません。
昨日は鹿島より下位の大宮・神戸・G大阪と軒並み勝ちました。みんなアウェイでの勝利です。
そして、その結果、降格圏の16位のG大阪との勝ち点差は3となりました。

順位は変わりませんでしたが、勝ち点差は詰まりました。
いよいよ崖っぷちです。
残り2戦は死に物狂いで戦わないと、本当に危ないです。
相手も名古屋と柏。
力のあるチームですし、彼らはACLという目標がありますから、難しい戦いになるのは間違いないです。
気持ちを切らさず、しっかりと戦わねば、本当に危ないですよ。


今そこにある危機から逃れることは出来ません。
しっかりと向き合って、乗り越えましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 15:16|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月08日

2012 J1第31節 大宮vs鹿島戦(風邪につき…版)

今朝起きたら、なんだか喉が痛い。
しかし、それ以外には特に支障もなく、普段どおりなので仕事へ。
すると、仕事場でお昼を過ぎた辺りから、妙にだるくしんどい。でも、熱はない…。
夕方にはダルさMAX。
もう定時に帰ってやるぅ、と思ったものの打ち合わせで帰れず。
しかし、普段からは想像もつかない19時に仕事場脱出に成功。

で、やはり風邪な感じです。
喉が痛くて、身体がダルい。でも、熱はないので初期症状なのでしょう。
薬も買ったし、あとばばっちり寝ちゃえば大丈夫かな。

お陰で、体調良くないことに理由に早めに帰れましたし、鹿島の試合も後半からTVで観ることが出来ましたよ。ある意味ラッキーです、本当に。

しかし、しんどいので、早く寝ます。
ということで、いつも以上に簡単に。


お互い負けられない試合ということで、堅い感じがしました。
まずは失点しないことに重きを置いた内容だったと思います。
お互い堅いてチャンスもお互いに少なかったと思います。

後半は鹿島の足が止まってしまいました。
止まってパスを廻している感じで、3人目の動きはなし。
これは、致し方ないですかね…、土曜日に120分戦ったんですもの。

守りの集中力は途切れることはなかったと思います。
負けたくないという気持ちの表れだと思います。

ただ、それだけでは勝てないんですよね。
120分戦った後の中3日は想像以上に過酷だった気がします。

それでも苦手NACK5で負けなかったこと、勝ち点1を獲って来たことは、最低限ですが悪くはない。と考えることにします。
下ばかりを向いていてもしょうがないですもの。

次は仙台…、その後も名古屋、柏と続きます。
難しいですね。
でも、1つ1つしっかり戦うしかないんです。
気持ちが途切れなければ、大丈夫だと思います。

まずは選手たちには休んで欲しいです、本当に疲れていると思いますから。
そして、次こそは勝ちましょう。

私も、早めに休みます。
皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加