観戦の感想-2013

2013年12月08日

2013 J1第34節 鹿島vs広島戦(・・・版)

んー、疲れました。

思ったよりは寒くなかったので助かりました。
鹿島ですから油断せずにフル装備でしたからね。

しかし、厳しかったなぁ…。
目の前で対戦チームの優勝を観る破目に会うとは。

負けて、順位を落として、ACLも失い、そして目の前で対戦相手の優勝を…。
踏んだり蹴ったり、泣きっ面に蜂です。

鹿島は守備時はDFを5人にしていた気がしました。
ボランチが吸収されたり、充孝が左に入ったりしているように見えました。
ミキッチの対策は出来ていたと思います。
あとは、DFの裏を何度か狙われましたが、なんとかなってました。

前半終了間際に大迫が退場となり…、鹿島にとっては、どれだけの大きな出来事だったか。
後半、CBまでもがセンターラインを越え、攻撃に出たんですけどね。
でも、シュートに繋がりませんでした…。厳しかったけど、選手たちは戦っていたと思います。
でも…大迫の退場は大きかったと思います。

試合後のセレモニー。
大迫はベンチコートのフードを被って、顔を見せませんでした。
大迫の気持ち、分からなくもないです。

でもね、大迫が居なかったら、そもそもこの位置まで鹿島は来れませんでしたよ。
大迫には感謝しています。
だから、前を向いて欲しいです。

大迫がより大きく成長して、鹿島を導いてくれることを期待しています。
この屈辱を糧として欲しいです。

んー、なんだか気力が湧きません。
寂しい終わり方となってしまいました。
今季はこれで終了。
あっけないものですね。

長いオフとなりますが、まずはゆっくり休みましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

すみません、更新する気力が…。

mk2 at 00:50|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月01日

2013 J1第33節 C大阪vs鹿島戦(望みを繋いだ版)

はぁ、寒かった。
いえ、絶対に鹿島の方が寒いですよ。
でも、風が吹いていて、結構寒かったです。

そのせいか…、首や肩がきゅーとなって、頭痛が…。
試合後に席を立ってみると、平衡感覚がないんです。
もの凄くフラフラするので、まさか風邪か?と額を触ってみましたが、いたって平熱。
大丈夫そう。
でも、ホテルにチェックインした後もそんな感じだったんですよね。
晩ご飯を食べてから落ち着いた気がしますから、単にお腹が空いていたのかも知れませんね 

前置きが長くなりました。

苦しい試合でしたけど、勝ちましたね。
これだけ苦しい中で、セットプレイで2得点。
鹿島らしいと言えるのではないでしょうか。


前半10分過ぎくらいにジュニーニョが負傷。
いったんピッチに戻ったのですが、明らかに動きがおかしく、結局前半15分で充孝に交代。
ジュニーニョは良かったと思いますので、痛手です。

充孝は、結構走ってくれたと思うのですが…。
どうにも守備が軽いというか…、そんな気がしました。
走ってはくれるんですけど、つききれないので、プレッシャーにならないというのでしょうか。
まだまだかな…って思ってしまいました。

攻める機会も少なく、厳しい状況でしたがCKのチャンスが回ってきます。
そのCKにドンピシャで合わせたのは岩政。
ピッタリ頭で合わせ、叩きつけました。
それが、ゴール前にいた大迫の足に直接当たる形になってしまいましたが、大迫はあの強烈なヘディングを見事にトラップしてみせ、ターンしてシュート。
先制点となりました。

苦しい中でしたから、この先制点は助かりました。
でも、すぐに柿谷のゴールで追いつかれちゃいました。
両チームのエースが得点するカタチ、むーん、なかなか緊張感のある試合です。

そんなこんなで結構試合に集中して観ることが出来ていました。
ふと時間が気になって時計を見たときには、前半34分でした。

しかし、鹿島は良くなかったです。
パスは繋がらないですし、パスミスも多かったです。
インターセプトされて、ショートカウンターのカタチになることもあって、かなり厳しかったです。
ゴール前では、ごちゃごちゃとなって、いったん弾いたボールを拾われたり。
それでも、なんとか守れていました。

特に、ソガちゃんが頑張ってくれましたね。
何度、横っ飛びするソガちゃんを見たことか。
いったい何点防いでくれたことか。 
今日はソガちゃん様々でしょう。

そして悪かったのは皆ですけど。
特に柴崎が。
パスミスが多く、繋がらずにインターセプトされる。
相手にパスをしてしまう。
柴崎が受け手の場合は、呼吸が合わずに止まってしまい、ボールは前へと出てしまう。走っていれば繋がったのに。

そんな感じでした。
今年は柴崎には試練の年なんでしょうかね。

後半は、初めに康からダヴィへと交代。
4-4-2になりました。
2列目は聖真と充孝という見慣れぬコンビでした。

後半もなんだか攻め続けられた印象です。
それでもしぶとく守っていたと思いますけどね。
後半の充孝は、もっと寄せるようになった気がします。
後半の充孝は攻撃も良かったと思います。

苦しいですが、集中は出来ていました。
といいつつ、ソガちゃんが柿谷にパスした時は、ついに例のヤツが来てしまったのか~?
と冷や汗が出ましたが、なんとかしのぎました。

苦しいけど、濃密な時間だったと思います。

そして、後半40分。
ダヴィが上手くもらったFK。
小笠原がエリア内に入れて、C大阪の選手(扇原?)が頭で斜め後ろへすらしたボールに充孝が反応。
あっさりと決めてくれました。
簡単に見えましたけど、難しかったと思います。

アディショナルタイムは4分で、終わるまでの時間が長く感じましたけど、しっかりと終わらせることが出来ました。

結果的には攻め続けられて、得点のセットプレイからの2点。
それでもしっかり勝てたことは大きいですね。何より結果です。

それで、次に繋がりました。
可能性は…あれ…ですが、最終節まで楽しめるのは幸せなことです。
頑張りましよう。

そして、今日の鹿島サポはすごかったと思います。
私はメインスタンドの鹿島寄りにいたので、鹿島のゴール裏の声が聞こえやすい位置ではありましたが。

数はC大阪さんのゴール裏の3分の1以下だと思いますが、C大阪サポさんの声はかなりボリュームが小さくて何を言っているか分からないくらいなのに対して、鹿島サポの声には力があったと思います。
熱いサポート、ありがとうございました。

そして…。
C大阪さんにとってみれば、今日はホーム最終戦。
ということでイベントがありました。

最後に選手が場内1周して、鹿島サポの前に来た時、「新井場コール」。
新井場は、拍手で応えてくれました。
そして、それでもなお続く「新井場コール」。
新井場は、左胸をトントンと叩くポーズで、そのコールに応えてくれました。
良いですね、イバは。熱いです。

さぁ、今年もいよいよあと1つ。
なんとしても勝たねばなりません。
頑張りましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 00:01|PermalinkComments(6)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月30日

勝ったぞ

これは…。
DSC07441
何か起きるかも…知れない

次も勝とう

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


mk2 at 16:13|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月24日

2013 J1第32節 鹿島vs鳥栖戦(orz版)

ふて寝しました。
もともとダウンしていますけど、試合を観た後、ふて寝しました。

はぁぁぁぁ…凹みますね。
今日の結果は…。
広島、浦和が敗戦しました。横浜FMとC大阪が勝利。
ということで、鹿島は5位に転落。

残り2節で、首位横浜FMとは勝ち点差6、得失点差は12も開きがあります。
選手たちのコメントにもありますが、実質的に優勝は厳しくなったと言えるでしょう。

が…。
残り2節、勝たなければ…。
まだACLもあります。

前半あれだけ攻めていたのは点を取れなかったのが大きい…ですかねぇ。
たぶん9本くらい前半だけでシュートを撃ってました。

大迫の上に吹かしてしまったヤツは決めないと…ねぇ。GKかわした後ですし。
康のバーに当たったヤツ、入って欲しかった。 

後半は苦しくなりました。
シュートすら撃てない時間帯が結構長かったです。

1失点目は、青木がドリブルで出て行ったところを奪われたのがキッカケになってしまいました。
試合後、青木は号泣していましたが、これがあったからかもしれませんね。

2失点目は…もう仕方がない…ですかねぇ。

とまぁ、もう凹みまくっていて…。
勝たなければならない試合で負ければ、そりゃあねぇ。
もう少し前の浦和戦もそうでした…。
そういう試合で勝てないと、こういうことになります。
今年の鹿島の力は、まだまだなんでしょう…。

って、冷静に言えるほど落ち着いた気持ちではないんですけど…。
なんともやるせない気持ちですが、でもまだ2つ残ってます。
しっかりと勝って、シーズンを終わらねば。
ACLには出たいです。
今の鹿島の選手層では厳しいと思いますけど、厳しい環境で戦ってこそチームの成長もあると信じています。

この状況で、前を向くのは難しいのかも知れないですけど…。
でも、前を向くしかないです。
戦いはまだ残っているんです。

最後まで戦いましょう。
皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月17日

第93回天皇杯 4回戦 鹿島vs広島戦(がっくり版)

地震、びっくりしました。
最初にP波の揺れが来て、その揺れが既に大きかったです。
その後の揺れも少し長めで嫌な感じでした。
本当に地震は嫌なものです。

オランダ戦、大迫は1ゴール1アシストと全得点に絡みました。
2列目にボールを持てる選手もいますし、攻撃的な選手たちがいますから、鹿島のときとは勝手が違うと思いますが、大迫の良いところは出せていたと思います。
ファーストDFとしても、良くプレッシャーをかけていました。

もう少し代表で経験を積めば、もっと馴染んでもっと絡むことが出来ると思います。
ただ、もう大迫はあのレベルでプレイ出来るレベルにあることも感じました。
鹿島から旅立ってしまう時も近いのかも知れません、複雑です。

さて、天皇杯…。
負けてしまいました。
あまりにも…寂しい感じでしたねぇ。
私の精神的ダメージが大きく、あまり試合については書きたくないです。

前半の内に3失点、いいようにやられ過ぎました。
攻められませんでしたし…。
広島相手に先制どころか、前半で3失点してしまえば、もう後は固められてしまって、厳しいです。
後半伊東と本山の良い絡みから、1点返しましたが、そこまでです。
大迫がいなかったのも大きかったですが、ダヴィやジュニーニョが風邪で連勝に参加出来なかったことも影響はあったのでしょう。

ただ、いろいろ言い訳はあるにしろ、結果が全てです。
天皇杯敗退が決まり、今季の鹿島には、Jの3試合しか残されていません。
12/7(土)には、鹿島の今シーズンは終わってしまいます。

早いシーズンオフがやってきますね。
せめて、その長いシーズンオフを少しでも楽しいものに出来るよう、残り3試合全勝するしかないです。
全力で戦いましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

長過ぎるオフ…、厳しいです。
って、また地震か?
なんだか回数多いです…。 

mk2 at 00:46|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加