妄想中

2017年04月04日

野望は果てしない

ふぅ…、疲れました。
まだまだ節々が痛く…。
しかも、最近の体調不良の症状も復活。

あれ?治ってないじゃん…と困惑中。
まぁ、薬を飲み続けて様子見です。

まずは、節々の痛みがなくなると…良いのですが。

春ですからね。
そろそろウキウキした気持ちになりたいものです。

実は、鉄旅・お城の見物の旅へ出たい…という野望は捨てていません。
先月かなり節約したので、なんとか…なるかな…と思いつつ。
今月も頑張って切り詰めれば、捻出出来るかな…と算段中です。

まずは、脱線です。

福岡県にある、平成筑豊鉄道という会社が社長を公募しているということでした。
思わず真剣に読んでしまいました。

社長か…。
私には、経営の実績はないんですよねぇ。
でも、鉄道会社は憧れます。
本気で申し込んでしまおうか悩みましたが…。

鹿島の試合が観られなくなっちゃうよ…という思いと。
やはり、地元への愛がない人間が社長に就任してしまっては、ああいうものは成り立たないと思いましたので、辞退です。

って、選ばれた訳でもないのに、何言ってんだって話なんですけれどね。
でも、情熱って必要だと思うんですよね、経営には。

ただ鉄道が好きというだけでなく、どれだけ地元のためになるかを考えられる人でないと。
良い社長さんが見つかることをお祈りいたします。

ところで、ブログ「鹿じい日記~アントラーズと釣りの旅~」のまき岩魚さん、お褒めのお言葉をいただき恐縮です。

そうなんです、「吉川急行電鉄」が大きなキッカケとなりました。
素人でも、あんなに綺麗に路線図を描けてしまえるものなんだなぁ…と感銘を受けました。
自分にも出来るかしら?と、路線図の書き方をググったりもしました。

そして、なんだかんだあって、あのようなカタチに落ち着きました。

ぜひ「鹿じいトラベル」との業務提携をお願いしたいですね。
イロイロな企画も考えていきたいです。

鹿島高速鉄道は「鹿島アントラーズファン・サポーターのための鉄道」がコンセプトですから、サポーターの皆様にご満足いただけるようなサービスを提供していきたいです。

問題は、建設資金です。
駅の設置場所と、各路線の営業距離の計算まではしているのですが、どれくらいの建設費用が必要なのかは、まだ試算していないのです。

鹿島アントラーズ線については160km/hでの営業運転を目指していますから、踏切の設置は不可ですし、線路への人や動物などの進入を防ぐためにも盛り土や高架での建設は必須で建設費用が掛かってしまいそうです。

しかも、数々のゴルフ場の真っ只中を突っ切るので、用地買収もどの程度進むのか…。

そんなことをイロイロと考えていると、どう考えても兆単位の資金が必要で、これはなかなかに厳しいものです。
クラウドファンディングでなんとかなる程度のモノではないのが、現実かな…と思っています。

強力なバックアップが…複数の大企業や大手銀行・各自治体の支援がないと厳しいでしょうね。

この次の展開をどうするか…、なかなか難しいです。

しかし、もし実現の目があるのならば「私の人生をかけても良い」、そう思えるモノではあります。
鹿島サポ&鉄道好きとして両方の私の思いを、実現のためにぶつけてみたいですね。

密かに応援していただける、企業様や各自治体の皆様がいらしたら…ご連絡ください。
あと、経営ノウハウや技術供与いただける鉄道会社さんも募集しています。
(と、一応言ってはみます

読者の方の中には「出資します」と仰っていただいた方も複数人いらしたので、一口株主制度みたいなものもありかも知れませんね。
もちろん、株主優待制度も設けることにして。

ファン・サポーターの皆様のための鉄道ですから、ファン・サポーターの皆様に支えていただけるのが理想ではありますね。
ファン・サポーター以外の地元の方々にもご利用いただきたいですし。

いや…しかし…、なかなか話が膨らみますね。

今日は鹿島はオフでしたので、話題が…みつかりません。
次の週末からは、C大阪(H)・ブリスベン(A)・仙台(A)と、中3日で3連戦です。

連戦となりますが、今の鹿島は徐々に上向きつつあるように思いますし、中断期間が明けたばかりで、しかも次のC大阪戦まで中1週間あります。

そういう意味では、あまり疲労など考えずに戦うことが出来ると思いますから、この3試合はもちろん全部勝ちますよ。
Jリーグも、ACLも譲れないです。

ACLは何としても欲しいタイトル。
そして、Jリーグは今季からの賞金を考えても、絶対に獲っておかねばならないタイトルです。

どちらも獲りますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

ACLのラウンド16は、5/23(火)と5/30(火)なんですね。
5月は平日の試合が…多くなりそう…。(無論、グループステージは突破する気満々です。)

mk2 at 01:07|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月03日

後日談と…あとはだらだらと

うーん、まだまだ身体の節々が痛いです。
手首はもう痛くないかも。
肘と膝と背中は…痛いです。

いやはや、何とも困ったものです。

でも、先日処方していただいた薬のおかげなのか…。
この2週間くらい苦しんでいた症状は、ほぼ感じなくなってきたような気がします。
高い薬の効果はあった…ということなのでしょうか。
もう少し様子見ですけれど。

ところで…。
鹿島高速鉄道、意外と好評でホッとしています。

鹿島高速鉄道は今年の1/31(火)の更新で、もの凄く軽い気持ちで書いたものです。

そして、 その数日前の1/26(木)の「アメトーーク」で鉄道芸人をやっていまして…。
その番組中にもダーリンハニー吉川さんが、「吉川急行電鉄」というものの路線図を清書していたのです。

それを見ていたので、思わず鹿島高速鉄道の路線図を清書したら、どうなるのかな?
と、3月初めくらいに思いつきまして。

まずは、なんとなくどの辺に線路を通そうか…と空想し、距離を測定し。
そして、実際に路線図を書き始めたのは、3月中旬くらいからです。
土曜だったか日曜だったかに作業してみると、意外とすんなり3時間くらいで出来てしまいました。

で、本当は路線図で終わりのはずだったんです。
ドコかで、ブログに載せて終わりにしようかなぁ…と思っていたのです。

が…。
その路線図をいきなり載せても、説明が難しい。
じゃあ、「どういう風にすれば良いの?」と考えると、プレゼン風にしてみるか…と。
と、なるとプレゼン資料を作らなくてはならない。

と、作り始めたのが、3月下旬くらい。
これは平日の夜に作ったのですが、大まかな骨子は2~3時間くらいで出来てしまいまして…。
あとは、チョコチョコと細かい修正を繰り返して、プレゼン資料も何とか完成。

じゃ、これをブログに…?
としても、なんだか全部書きたいことが書けた気がしない…。

んー、じゃあエイプリルフールにしちゃうか…と考えて、となると、記者会見風にしちゃうか…。
と、ブログ自体は3/31(金)の夜に、これまた2~3時間くらいで書いてしまいました。
(本当は、質疑応答みたいなことも書きたかったのですが、時間が…。)

ということで、結果的にはあんなカタチになりましたが、もう少し作り込みたかったな…という思いはあります。
(絵心があれば、絵も描いておきたかったのですけれど、私にはまったくもって絵心がないのです)

期間にすると3週間くらい掛かっていますが、いわゆる工数になおすと3.0~4.0人日くらいで完成させていると思います。

作業前に考えていたより、時間が掛かっていないのは自分でも意外でした。

しかし、今日になって「しまった、痛恨のミス…」と気づいたものが見つかってしまいました。
それが、心残りです。

というのはですね、「鉄」の字なんです。
「鉄」の字は、「金」を「失」うということで、意外と鉄道会社は嫌う漢字なのです。

例えばJR各社なのですが、JR四国以外は「金」偏に「矢」という文字を使っています。
ご参考までに、JR東海の公式サイトをリンクします。

その左下の「東海旅客鉄道株式会社」の「鉄」の字を良ぉーく見てください。
「金」偏に「矢」という文字になっているのが、お分かりいただけますでしょうか。

今日、そのことに気づいて「ああっ!なぁーんてこったい」と、自らの未熟さに愕然としてしまいました

でも、PCで「金」偏に「矢」という文字は出せないですからね。
文字をどうにかして作らないとなりません。
(まぁ、飛び出したところを消してしまえば良いだけなのですが。)

しかし、その問題をクリアしている鉄道会社があるのです。
それは、SLが走っていることでも有名な大井川鉄道です。

大井川鉄道は略して「大鉄」となり「大金を失う」となってしまうため、「鉄」の字を使わないらしいのです。

そのため、正式には「大井川鐵道」と書くみたいです。

そうか…「鐵」の字を使えば良かったのか…と、ちょっと後悔。
「鹿島高速鐵道」
あれ?…なぁーんか、ちょっと違和感があるなぁ…

という結論に至り、まっいっか…と直していません。

そして、実現のためには、兆単位のお金が必要だと思います。
鹿島高速鉄道、どうにかならないですかねぇ…。

ということで、この話はお終いです。

しかし、何もエイプリルフールと試合日が重ならなくても…とちょっと思ってしまいました

来年のエイプリルフールは…思いついたらやりますけれど、今のところ特にネタなしです。
どうせやるなら楽しめるものが良いですしね、無理にやらなくても良いかな…と思っています。

さて、今日は…。

ブログ「鹿島なるままに」のshikako10さんも現地に行っていらした、福岡vs横浜FC戦で雹(ひょう)が降ったらしいです。
その模様がJ'sGOALに載っていましたが、かなりの量ですね。
ピッチが白く見えます。

何にしても、事故など無かった様子で良かったですね。

そして、TVでは甲府vs札幌戦を観てみました。
と、いっても観たのは後半だけですけれど。

この試合は「サンデー・Jプライム」という通常よりカメラ台数が多い、16台のカメラを使っての中継とのことでした。

感想は…うーん…
そんなに違わないかも。

プレイが切れた場面で選手がアップになるようなことが多くて、その時にはもう笛が鳴っててプレイが始まっているのに、まだアップ中…ということが何度かありました。
あれは…ちょっと…。

ただ、オフサイドやシュートシーンなどでは、中継映像とは角度の違うリプレイが流れていました。
そこは見易いところかも知れません。
微妙な判定などのシーンなどでは助かるかも知れません。
でも、普通のカメラの台数でも…なんとか…なるような…気がしなくもないです。

昨日の大宮戦のDAZN中継なんですが、植田のヘディングから山本脩斗が当ててポストに当たり、GKがライン上で押さえた場面。
あれも、リプレイでは角度の違う映像が流れていて、ラインを割っていないのが分かりましたもの。

まぁ、まだ始まったばかりですからね。
今後、どういう風にカメラを活かすのか…気にしてはみます。
(でも、日曜17時に固定…というのは…うーむ…。)

その大宮戦ですが…。
サッカーキングによると「鹿島、J1最速でアウェイ通算200勝に到達」とありました。

へぇ…そうなのかぁ…。
まぁ、長くやっていれば、そういうこともありますよね。

くらいの感覚で…すみません
なんだか、その手の記録にはあまり興味が湧かないみたいです、私。

それよりも気になっているのは、オンラインショップで予約の始まったユニフォーム・クッション。

私は、いつもPCの前に座る時は、床にクッションを敷いているのです、お尻が痛くなっちゃうので。
しかし、そのクッションはもうぺったんこで…薄々な状態。穴もちょっとあいているのです…

ということで、新しいクッションは欲しいのです、実用的な意味で。

ユニフォーム・クッション…どれくらいのクッション性なのだろう?
ちゃんとクッションとして役に立つのなら…と思うのですが…。
果たして鹿島のユニを尻に敷いて良いのか?…という疑問も抱きつつ。

結局、まだ手を出していません。
サンプルをみたい…。
(こういったモノはお布施と割り切るしかないのですけどね、本来は。)

受付期間は次の日曜までみたいですね。
さて…どうしたものか…。

去年のクッションとか、どんな感じだったのでしょう?
どなたか、使用感教えてくださらないかしら…と、人に頼ってみます。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

職場で使っていた腰痛防止用の座布団を持って帰って使ってみたのですが、椅子での使用でないとあまり効果がない感じで、イマイチだったんですよね。

mk2 at 01:02|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月01日

鹿島高速鉄道 設立記者会見の模様

本日4/1(土)、茨城県鹿嶋市にて鹿島高速鉄道株式会社 設立記者会見が行われました。
新たに発足する鹿島高速鉄道とはどんな鉄道なのか、いち早くお伝えします。

記者会見は、鹿島高速鉄道 代表取締役社長のmk2さん出席のもと行われました。

鹿島高速鉄道表紙


「鹿島高速鉄道」は鹿島アントラーズファン・サポーターのための鉄道

鹿島高速鉄道1ページ

「鹿島高速鉄道は鹿島アントラーズファン・サポーターのための鉄道」とのことです。

カシマサッカースタジアムは、日本でも有数の素晴らしいサッカー専用スタジアムでありながら、アクセスに難のある現状。
そのアクセスを改善し、鹿島アントラーズを愛する人々に「いつでも」「気軽に」来ていただきたい。

そんな熱い思いを感じる会見となりました。


「鹿島高速鉄道」は速い

鹿島高速鉄道2ページ


全線単線ながら、営業最高速度は130km/h。
鹿島アントラーズ線では160km/h。
160km/hでの営業が実現すれば、日本の在来線で3番目のこととなります。

130km/hの路線についても、100km/hに近い表定速度とすることで高い速達性を実現出来るとのことです。
  • 表定速度とは
    列車が駅間を走る時間だけでなく、途中駅の停車時分を加えた運転時間
    つまり表定時間で列車の運転区間の距離を割り得た速度です

    上記のことから、
    表定速度 = 運転区間の距離 ÷ 運転時間(走行時間+停車時分)
    となります
鹿島高速鉄道は標準軌(軌間1,435mm)であることから安定性が高く、高速運転が可能とのことです。

また標準軌であることから、JRさんなどの狭軌(軌間1,067mm)の路線との直通運転は出来なくなります。
それについては後述の通り、京成電鉄・都営地下鉄浅草線・京急電鉄への相互直通運転が前提であることから、致し方ないとの見解でした。


「鹿島高速鉄道」は全4路線

鹿島高速鉄道3ページ

カシマサッカースタジアムと、成田・つくば・水戸などをつなぐ、それが鹿島高速鉄道だそうです。

なお、駅名が「カシマサッカースタジアム」で、現在存在するJR東日本さんの「鹿島サッカースタジアム駅」と表記が異なる点については、以下の理由によるとのことです。
  • カシマサッカースタジアム近くに駅を建設する予定であるが、軌間がJRさんとは異なるため、現在の「鹿島サッカースタジアム駅」の増改築で対応出来るか、別の場所に駅を建設するかは、別途JRさんや地元の方々との協議・検討が必要との認識
  • 新駅舎を建設するのであれば、本来の名称であるカタカナ表記にしたい

「鹿島アントラーズ線」に特急を導入

鹿島高速鉄道4ページ

鹿島アントラーズ線は、京成電鉄・都営地下鉄浅草線・京急電鉄との相互直通運転を前提としているとのことです。
(その為、標準軌での建設となる。)

京成電鉄さんの成田スカイアクセス線と同様に160km/hで運行し、成田空港駅⇔カシマサッカースタジアム駅間は30分以内で結ばれるとのことです。

鹿島アントラーズのファン・サポーターの半数以上が茨城県外に居住しているというデータもあります。
試合日は東京駅の高速バス乗り場には長蛇の列が出来ます。

そういった方々に、ぜひ利用していただきたいとのことでした。

また東京近郊のファン・サポーターのみならず、遠隔地のファン・サポーターの皆様にも、羽田・成田空港や品川駅・京成上野駅から、電車で気軽にカシマサッカースタジアムへ来ていただきたいとのことです。

ちなみに上記資料にある、京成電鉄さんの公式サイトはコチラです。

京成電鉄さんのアクセス路線図を拝見すると、便利さが良く分かります。
そして相互直通運転をすると、とても便利になることも分かりますね。


カシマとつくばをつなぐ

鹿島高速鉄道5ページ

つくばやその他フレンドリータウンを結ぶ路線が2路線建設されるそうです。
この2路線は直通運転をすることで、実質的には環状運転となるとのこと。

商業施設などの駐車場と提携して、より使い易い鉄道を目指すとのことです。

そして、つくば駅⇔カシマサッカースタジアム駅間は40分以内で結ばれるそうです。

つくば市は茨城県第2の大きな都市です。
そのつくば市は同じ茨城県にありながら「鹿嶋より東京の方が近い」というのが現状です。

この現状を打破すべく、鹿島高速鉄道はつくばとカシマをつなぎます。


茨城空港ともつなぐ、水戸との速達性も実現

鹿島高速鉄道6ページ

茨城空港へのアクセスも提供し、茨城空港の利用促進の一助になりたいとのことです。
水戸駅⇔カシマサッカースタジアム駅間は45分以内で結ばれるとのこと。

水戸とカシマを速達性の高い鉄道で結ぶことで、気軽にカシマサッカースタジアムへお越しいただきたいとmk2社長は力を込めていました。

鹿島高速鉄道によって、水戸からカシマが速くなります・近くなります。


特急は全席指定席、交通系ICカードも導入

鹿島高速鉄道7ページ 鹿島高速鉄道8ページ

鹿島アントラーズ線を走る予定の特急は全席指定席とのこと。

「座って体力に余裕を持った状態でスタジアムへ来ていただき、試合後は余韻に浸りながら、ゆったりした気持ちで勝利の美酒など味わいながら帰路についていただきたい」とのことです。

資料にはありませんが、遠隔地のファン・サポーターのために、飛行機や新幹線とのパッケージツアーを企画していただける旅行代理店を探しているとのことでした。

鹿島高速鉄道では、交通系ICカード「Shica」を導入し、電子マネーとしても使えるとのこと。
また検討段階ではあるものの、特急券などの切符に関してはインターネットを利用した予約・決済を可能とし、利便性を高めたいとのことでした。

更には、クラブとの交渉はこれからとのことですが、ポイントカードとの提携も考えているとのことです。

そして鉄道の味わいとも言える車内自動アナウンスについては、スタジアムDJである松本浩之さんにお願いしたいと考えているとのこと。(交渉はまだだそうです。)

その理由は「鹿島高速鉄道にご乗車いただくことによって、試合日以外にもカシマサッカースタジアムにいるような気持ちになっていただきたい・鹿島アントラーズを身近に感じていただきたい」とのことです。

更には、以下のような思いもある様子ですが、具体的には松本浩之さんとの話し合いで決めたいとのことです。
  • 試合日については「カシマサッカースタジアム駅」への到着案内の部分で力を込めていただきたい
  • 対戦相手毎に何か独自のアナウンスをするもの一案
  • 基本的には、松本浩之さんに自由にお任せして、アドリブなどを入れていただくのも楽しいと思う(ただし試合日以外は普通に)

「鹿島高速鉄道」はファン・サポーターの「思い・夢を運ぶ鉄道」

鹿島高速鉄道9ページ 鹿島高速鉄道10ページ

関係省庁、関係自治体、クラブなどとの交渉はこれからとのことですが、鹿島アントラーズファン・サポーターの「思い・夢を運ぶ鉄道」として歩みを始めるとのことです。

ただ、今回の計画ではすべてのホームタウン・フレンドリータウンをつなぐことは出来ないため、それは今後の課題として認識しているとのことです。

そしてmk2社長自身が鹿島サポーターであることから、「より多くの鹿島ファン・サポーターの皆様にスタジアムへとお越しいただけるよう、鹿島高速鉄道を何としても実現させるべく全力を傾ける」と決意表明されていました。

その反面「現実問題として厳しいことも重々承知している」と、困難な計画であることを滲ませていました。

「関係省庁、関係自治体、クラブ、その他多くの企業・地元の方々などからの協力を得たい」と、困難なものを実現するためには、より多くの力の結集が必要と考えているようです。


鹿島高速鉄道。

その実現には多くの困難が待ち受けていると思いますが、カシマサッカースタジアムへのアクセスを劇的に変えるものになる可能性は十分にあると感じました。

実現が楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

念のため…。
エイプリルフールです。
妄想の域を出ず、至らぬ点も多々あるかと思いますが、広い心でご覧いただけると…幸いです。

書いてはみたものの…完成度が低い…ですね…
来年はもう少し頑張ります?


mk2 at 10:00|PermalinkComments(10)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月09日

コレは、由々しき問題だ(100%妄想)

鹿島は勝ったんですね。
今日のナビスコは、スカパー!標準画質では観られないので、仕事に専念してしまいました。
まったく映像は観ていないのですが、完勝だったようで何よりです。

これで、準決勝に進むんですね。
えーと、相手は…、柏ですか…。
まぁ、相手がドコであろうと、タイトルを獲る為には勝つしかないんですが。
頑張るだけですね。

試合後の選手のコメントが、J'sGOALに掲載されています。
それを見ると、ソガちゃんがとんでもない発言をしています。
(単に、誤植なんですけどね、そのうち直っちゃうかも知れません。)

「今日みたいなゲームを続けていきチアと思います。」

うぉぉぉぉ~っ、どうしたソガちゃん?
チアのお姉さんに目を奪…、いや、心を奪われてしまったのかぁ?
タイプなのか?タイプだったのか?
チアのお姉さんは、ソガちゃんのタイプだったのかぁぁぁぁぁ!?

それで、最近大活躍なのか?
そーなんだな?それで好セーブ連発なんだな?
そーなのか、ソガちゃん。

だったら、それはどのお姉さんなのか教えてくれ。
毎試合、そのチアのお姉さんをスタジアムへ連れていくぞ、ソガちゃんの為に。
ソガちゃんの近くで、観戦させちゃうぞ。

だから、そのチアのお姉さんを教えてくれぇ~!!

いや、たったアレだけの誤植で、ココまで変な事書いてる私って、何なんでしょう?
冷静に考えると、ちょっと引きます
いい歳した大の大人ですからねぇ、しっかりしてくれって話です。

さぁ、気を取り直しましょう。
今度は鹿島の公式サイト、Antlers Todayです。

ドゥトラですね。
これは、もしかしてゴール後のパフォーマンスなんでしょうか?

いや…、これは…、ちょっとヤバくないですか?

満面の笑み、そして両手で作られたハートマーク
あちらの世界というか、組合の人というか…、勘違いされやしませんかね?

いえ、本人がそれで良いなら良いんですが…。
よりによって、なんでハートマークなんでしょうか?

愛ですか?愛を注入…は古いな…。
でもハートマークを誰に向けて…?

はっ!?
まさか…、まさかとは思いますが…。

チアのお姉さん?
そーなのか?
奪い合いなのか?
1人の女性を2人の鹿島の選手が…。
喧嘩を止めて~ 2人を止めて~ 私のために~ 争わないで~」状態なのか?

うむむ、大変だ。
これは罪な女性登場ですよ!?

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島公式サイトのマッチレビューによると、ドゥトラのハートマークは、試合を観に来たご両親へ向けてです。

mk2 at 02:00|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加