怒り・哀しみ

2011年10月24日

鹿島らしさを取り戻せ

今節の結果で、福岡の降格が決まりました。そういう季節になってきましたね。

そして、鹿島も数字の上でも優勝の可能性がなくなりました。
本当に気持ちの持っていきようが難しいですね。
それでも、1つでも上の順位を目指して欲しいですし、やはり4位以内という順位は目指して欲しいです。

そうでないと鹿島ではなくなる気がするんです。
昨日の試合は酷いものでしたが、「ナビスコへ向けての調整」「怪我をしたくなかった」などの意見もあるようですね。
そこで思うこと、「それって鹿島なのか?」
私は、鹿島らしくないと思います。

鹿島はジーコが作ったクラブ。
世界一の負けず嫌いと言われたジーコ。
「遊びでも勝て」、それがジーコの教えだったと思います。

しかし、その教えはクラブやサポーターの中から薄れていき、鹿島も変わっていくのかもしれませんね。
ジーコを知らないという選手も増えてきました、サポーターも同様でしょう。
ジーコに固執する必要はないとは思います。しかし、鹿島のアイデンティティを失ってしまうのは悲しいことです。
鹿島も、伝統を失い、クラブの理念を失い、普通のクラブへとなっていくのでしょうか。

クラブは独自調査で、クラブ創設50周年となる2041年に鹿島アントラーズは存在していないだろう、という結論を導き出しました。
勿論クラブはそれに抗うべく手を打ち始めていますが、鹿島が伝統や理念を失えば、そして強さを失えば、存在は難しい。
私も感覚的にそう思います。

鹿島の魅力はなんだろう、そう考えてみると…。
鹿島としての伝統を受け継ぎ、そしてクラブが理念を持ち、強い団結力で前進していく姿が、挙げられると思います。
「それがあるから鹿島はブレない」
「それなくして、鹿島ではない」
私は、そう思いました。

昨日の事は過去の事。(と思いたい。)
タイトルの可能性のあるナビスコ杯、天皇杯、そして残るリーグ4試合、全力で戦って欲しいです。
負けていい試合なんて1つもない、全部勝つ。それが鹿島だと思います。

鹿島らしさを取り戻してください。
お願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 00:12|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年09月26日

カシマスタジアムは、どんなスタジアム?

今日のオープンスタジアム、2,500人位の入場があったとか。楽しいイベントだったのでしょうか?
私も行きたかったですが、外せない用事の為、参加できませんでした。

今日は、ご機嫌斜めな私です。斜めというか、どうにもモヤモヤした感じなんです。

昨日の試合が原因です。
試合自体が勿論最大の原因です。
しかし、他にも原因があります。その辺りを少し書いてみます。

その1。
マズは、昨日の記事にも書きましたが、試合後の揉み合い。
結果的には揉み合いになりましたが、当然ながら原因もあるはず。
そして、未だにこの件に関しては何も情報が出てきません。
あの現場に警官もいましたから、揉み合い程度で特に暴力沙汰にはならなかったという事かもしれませんね。
もし暴力沙汰になっているのならば、鹿島の運営について問題が指摘されると思います。
さて、事実はどうだったのでしょうか。
少なくとも揉み合いがあったのは事実です、何らかの対策が必要だと思いますけど。

その2。
鹿島側から、ペットボトルをピッチに投げ込んだものがいるらしいということ。
これはJリーグ統一ルールで禁止されている行為。
そもそも、別にスタジアムでなくたって、社会活動をおくっている中でもやっちゃ駄目な行為です。
人に向かってペットボルトを投げる、絶対に駄目です。
ペットボトルを投げた方、もうやらないでください。
もし、「2度とやらない」と言えないのであれば、もうスタジアムへは来ないでください。
鹿島サポーターの中にはカシマスタジアムを「聖地」と表現いる方々もいらっしゃいます。
ソコまでは言わなくても、鹿島を好きな人間にとっては、カシマスタジアムはとっても大事な場所であることは確かです。
選手たちの戦場であるピッチを汚すような行為、そしてサポーターにとっても大切な大切な場所です、そこでの愚行、皆で大切にしているカシマスタジアムを汚すような行為、やっては駄目なんです。
(私の中では、自席に飲み残し食べ残しやゴミなどを残していく行為も、程度の差こそあれ同様ですけどね。)

ルールを守れないなら、そこにいてはいけないんです。

その3。
2階の大旗ですが、あれはアリですか?
鹿島の公式サイトには、「1F席最前列及び2F席での大旗を使った応援が全面的に禁止となります。」とあります。
大旗を振っていないから、使用には当たらないということでしょうか?
2Fから大旗が落下し、1Fの観客に当たり怪我人が出たことが、2Fで大旗が使用禁止になった経緯だと記憶していますが、十分な対策がとられたから、大旗OKになったということでしょうか?

最近では、アウェイ最前列で大旗が振られたりと、どうもなし崩しになっている気がします。
何故クラブはきちんと対応しないのでしょうか?
もし使用を認めるのであれば、公式サイトの観戦ルールを修正すべきです。

なんにしても、このままズルズルとなし崩し的な感じになるのは勘弁して欲しいです。


他にも今まで溜まっているものがあって、こう思ってしまうのかもしれません。
喫煙場所以外での喫煙、カシマスタジアムは多いですよね。
いっこうに良くなりません。場内で少しは放送がありますが、結局は守らせようという努力が足りないのでしょう。守らせようとしなければ、残念ながら現状になるということです。
そして、守らせる必要がないならば、現状のルールが間違いということです。
それでも、ルールなんだから、守らなければいけないと思います。

ルールに従うということは、ピッチ上の選手と同様、サポーターも同様だと思います。
ルールを現状に合わせて改正もしくは改善していくのも大切だと思います。それはクラブの運営力です。
そして、ルールと実際の行動が一致していないのは、とても良くない状況だと思います。


カシマスタジアムは、本当に良いスタジアムなんでしょうか?ハード面では最高レベルなんですけど。
クラブも、サポーターも、まだまだ努力することがあると思います。
「私も本当に気をつけて行動しないと」、そう感じさせられた浦和戦でした。

皆様にとって、カシマスタジアムはどんなスタジアムでしょう?

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

すみません、今日はテンション低めです。
このまま特に情報がなければ、明日からは旅・温泉ブログになるかも…。

mk2 at 00:12|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月27日

今一度見つめ直そう、鹿島の為に、我々の為に

すっきりしませんね。
引き分けたことではありません。
あのコールにです。

昨日の記事に書きました通り、ひたすらに「こーろきー」コールの要求が昨日の川崎戦ではありました。
コール拒否のサポーターが多くなっても、ひたすらに「こーろきー」を要求。
自発的に他のコールが始まると、まるでそれを握りつぶそうと「こーろきー」コールを要求。
「俺に従え」「従わなければ何度でもやるぞ」と言わんばかりのコール要求。ゴール裏の私物化です。

ここで問いたい。
昨日のコールは、
「チームの為になったのか?」
「チームのサポートになったのか?」
「興梠の為になったのか?」
と。

答えは「否」。むしろ、チームに悪影響を与えました。

発煙筒の件の時に書いた記事と同様です。
「何しにスタジアムへ来てんだよ」

「何が本当に鹿島の為になるのか、鹿島のサポートになるのか。」
これさえ忘れなければ、変な事にならないはずなんです。
昨日のコールは興梠の事を思ったあまりかもしれませんが、鹿島の事は見えていませんでした。そして興梠にとっても辛いものになったと思います。
そして、「鹿島の為に」を理解していた1Fのサポーターはコールを拒否。

今の鹿島は、まだまだ強いチームではありません。
我々のサポートが必要です。
「鹿島の為に」
この気持ちを忘れずに頑張っていきましょう。
例え、コールリーダーが変な事をしても、我々が「鹿島の為に」という気持ちを忘れずに団結すれば、大丈夫です。

私もこれをキッカケに、今一度サポーターとしての自分を見つめ直すことにします。
そして、これからも「鹿島の為に」、頑張っていきたいと思います。
このブログも、サポートの一環ではあると思っていますので(かなーり微力ですが)、出来るだけ続けていきたいと思います。
もちろん、スタジアムへも出来るだけ行きますよ。
鹿島が好きですし、鹿島の試合が観たいですから。
TVだと分からないことが多いんですよね、サッカーって。

ともかく、昨日みたいなことは、もうたくさんです。
だから、頑張ります。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 01:00|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年05月20日

AFC、鹿島を処分。サポートとは?公共の場とは?

今日もネタがないなぁ…、なんて思っていた夕方。
今日はブログに何書けばいいんだよぉ…、なんて悩みつつ携帯をチェック。
「東北人魂を持つJ選手の会」が正式に設立となったことが書いてあったので、「ほぁ良かったねぇ」なんて思いつつ、しかしネタとしては以前取り上げたしなぁ…、なんて悩んでいました。

この際、身内ネタでも…、なんて思いをめぐらしつつ、残業から帰りご飯を食べ、PCを起動し、鹿島の公式サイトを見て、愕然
4/6(水)、韓国・水原で行われた、ACL水原三星vs鹿島戦で鹿島側で発煙筒が使われてことにより、クラブに罰金が科せられたみたいです。

「またか…、何しにスタジアムへ行ってんだよ」

残念としか言い様がないのですけど…。
でも、残念で済ませてはいけないこと。

公式サイトには、「サポーター」と書いてありますが、大間違い。
そんなのサポーターじゃないよ。鹿島をサポートしてないもの。
むしろクラブにダメージを与えてしまった。「鹿島アントラーズ」の名に傷をつけてしまった。

韓国のスタジアムへ行くのだから、熱い気持ちがあるのでしょうけど。
100歩譲って、鹿島を思う気持ちが屈折して、そうなったと思いたいけど…。
でも、そう思うことはちょっと私には無理です。

なぜなら、「発煙筒を焚くことが、鹿島のためになるの?サポートになるの?」と問われて、Yesとは言えないから。
そう、鹿島をサポートする為にスタジアムへ行ってるはずなのに、何故変な方向に向かうのかが良く分からないです。
サポートしたいという気持ちであれば、何が鹿島の為になるのだろうと考えるはず。

じゃあ、「声を出すこと、チャントを歌うことが鹿島の為になるのか?」
そんな疑問は湧いてくるかもしれない。別に選手たちに何かしている訳ではない、ただ応援しているだけですから。
でも、声援は力になるんです、それは間違いない。とても小さな小さなものかも知れないけど。
そして、発煙筒を焚いたりすることより、何万倍も何億倍も、選手の為になってますよ。
発煙筒を焚くことは絶対に、鹿島の為に、選手の為にはならない。実際に鹿島には罰金が科せられました。
それに、今回は少量の発煙筒なんでしょうけど、沢山使ったら選手も煙いだけです。選手の邪魔にもなります。
いったい何時になったら、気付くのでしょうか。そんなに目立ちたいのでしょうか?
確かに目立ちましたよ。しかもアジアの舞台で、発煙筒を使う鹿島としてね。


脱線しますが。
良く分からないゲーフラをゴール裏で見ることもあります。
色も鹿島の色ではないし、書いてある絵も文字も何にも鹿島の事を書いていない。ただ自分の所属しているチーム?団体?の名前と、良く分からない言葉が書いてあるゲーフラ。
自分達を、自分達の主張を、アピールしたいのならば、もっと人通りの多い街頭でやれば良いのに、なんて思ったりもします。
どうせなら、「ウマい」と思わせるような味のあるゲーフラだったら、皆も楽しいのに。
まぁ、ゲーフラは別にスタジアムではルール違反でもなんでもないですけど。むしろ街頭でやると職務質問受けるかも…


スタジアムは、ある意味特殊な空間ではありますが、公共の場です。
公共ルールはスタジアムでも守らねばなりません。
公共の場でやると迷惑になるものは、スタジアムでもダメなんです。
そういったものの中で、唯一許されているのは大きな声を出したり、大きな拍手をしたりすることくらい。
むしろスタジアムの方が、ビン・缶がダメだったりと、ちょっとルールが厳しめ。

どんどん脱線しますけど、ゴミだってゴミ箱へ捨てましょう。
スタジアムだからって、その辺にポイポイ捨てちゃダメなんです。
ゴミをその辺に置いたまま、帰ってしまう皆様方。その後、あなた方が捨てたゴミはどうなっていると思いますか?
別に話し合ったわけでもないし、知り合いでもない、スタジアムのスタッフさんでもない。そんな鹿島サポーターの個人個人が、皆様の捨てたゴミを拾って歩いてるんですよ。カシマスタジアムでも、国立でも、アウェイのスタジアムでも。
両手に持てないくらい、持参した大きなゴミ袋にも入りきらないくらいのゴミを、応援で疲れて早く帰りたいだろうに、時間を掛けて拾ってくれているんです。
なかには、食べ残しや飲み残した状態のものもあります。それを赤の他人が拾って捨ててくれているんです。一人一人が自分でゴミを捨てれば、その人達は何十分もゴミを拾う必要がないんですよ。
自分の尻は自分で拭いてくれ。

「スタジアムのスタッフにやらせばいい」という人もいるかもしれないけど、スタッフさんの大半はボランティアさん。我々が気持ちよく試合を観られるように、ボランティアをしてくれているんです。
そんな方々の仕事を増やさないで欲しいです。一人一人が気をつければ、ボランティアさん達の仕事も減って、早く帰宅出来るかも知れないんです。

タバコも喫煙所で吸いましょう。
別にタバコくらい…、と思うかもしれませんが。
タバコの煙を吸っただけで、苦しくなりうずくまってしまう様な方もいるんです。
実際に、鹿島サポーターにそういう方がいます、そしてカシマスタジアムへも参戦しています。
身体が弱い為、毎回参戦することが出来ず、本当に体調が良くないと参戦出来ないそうです。

その方によると、喫煙所であれば予め場所が分かっているから避けることが出来るそうですが、喫煙所以外の場所で吸われてしまうと、避けられないのだそうです。
実際まだ試合も始まっていないのに、タバコの煙を吸ってしまい、苦しくなって帰宅したこともあるそうです。
我々と同じく、鹿島をサポートしたいという熱い気持ちを持ってるのに、やっと体調が良くなってスタジアムへ来ることが出来たのに。
同志であるはずの鹿島サポーターのルール違反で、帰宅を余儀なくされる。帰宅してからも苦しい状態が続き寝込んでしまう。
悲しいことです。


自己中心的に考えるのでなく、客観的に、自分の行動が周りにどういう影響を与えるのか、考えて行動しましょうよ。
鹿島の為になることは何なのか、そして公共の場で時間を過ごすということが、どういうことなのか。


今日は、なんだか愚痴を吐き出すような感じになってしまい、申し訳ありません。
でも、なんだか本当に怒りがこみ上げてきました。悲しい気持ちになりました。

そして散々愚痴を吐き出しましたが、私も今一度、自分に言い聞かせ、考え、実行していこうと思います。
スタジアムでのルール、公共の場のルールを守るということを。
本当の意味で、鹿島をサポートするということを。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 01:36|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加