勇姿を目にいつまで怪我に悩まされ続けるのか…

2019年07月07日

2019 J1第18節 鹿島vs磐田戦

うーん…。
勝ったけれど、素直に喜べない…です。

圧倒的に圧されまくりました。
攻められまくりました。

つい最近も、圧されまくった気はしますが…。
それにしても…いくらなんでも…。

特に前半は、エリア内への侵入を許すことが多かった印象です。
それは…どうなんだろう…と。

数字でも、それが分かります。
Googleでスタッツを確認すると、ポゼッションは鹿島35%、磐田65%です。

何とか失点はしませんでしたが、磐田のシュート精度に助けられたり、連係不足にも助けられたり…。

この試合だけでなく、広島との試合でも、圧されまくりました。
ちょっと、これは何とかしないといけないと思いますよ。

そして、圧されているだけでなく…。
磐田は…何と言うか、かなりガツガツと削りに来ていて…。

やめてくれぇ、これ以上怪我人を増やさないでくれぇ…と、心配しながら観ていました。

そして…。
前半20分頃、エリア内で永木が山田大記に蹴られました。

回し蹴りですよ、あれはっ!
悪質極まりないです。
ボールにいってません、永木を蹴りにいってます。

永木は飛んでいたので、衝撃はある程度は逃げてくれたと思いますが…。

NHK-BSの中継では脛と言っていましたが…。
脛よりは上だと思います、かと言って膝ではないと思いますけど、膝に近い場所でした。

あの痛がりようは打撲ではなく、もしかしたら膝かも…心配です。
結局永木は後半早い時間で交代となりました。

打撲程度…であれば良いですが。

そんな悪い流れでも、不思議なことが起きます。

前半29分、深い位置左サイドから小池のFK。
低く早い弾道で飛んで、ニアでレアンドロが擦らせて、新里が綺麗にオウンゴール。

新里に当たらなくても、その後ろには、三竿健斗と町田がいたので、決まっていたと思います。

シュート0本で、鹿島が先制するという…。
小池のFKが良かったですね。

これで、1-0。

先制しても、圧され続けて…。

前半40分。
白崎が左サイドで、裏へと抜ける浮かした縦パスを出すと、小池が一気にサイド駆け上がり…。

ポンポンと弾むボールを、小池がダイレクトで中へ。
そして、カミンスキーを越えて、サイドネットに直接突き刺さりました。

小池、凄いっ!

これが鹿島のファーストシュート。
シュート1本だけど、2得点。

効率の良い…というか、何と言うか…。
圧されまくっていたのに、いつの間にか2-0になってました。
不思議です。

後半も、そんなに流れは変わらず…。

ただ、エリア内への侵入はほぼなくなったと思います。
これは…磐田が疲れたんじゃ…という気はします。

NHK-BS中継の山本昌邦は、鹿島のことをベタ褒めしてくれましたけど…。
確かにカウンターは狙ってはいると思いますけど、この試合に関しては狙って出来たモノではない気が…するんですよねぇ。

それに、前の方で繋がらなかったですし、鹿島は。

結果的は、2-0のまま試合終了です。

シュート数は鹿島3本、磐田15本。

磐田はミドルシュートが多かった印象ではありますが、それにしても撃たれ過ぎですね。
そして、鹿島は前半1本、後半2本って…。

数字だけ見ると、良くこれで勝てたな…という感じですよね。
今日は小池に感謝ですね。

勝ちはしましたが、どうにももやもや感が残る試合です。

それでも、中3日・中2日・中2日と過密日程の試合が続いていた中で、こうやって勝ち点3を積み重ねることが出来たことは、良かったですね。

これで少し間隔が空きます。
まずはゆっくりと休んでもらって、次に備えましょう。
どうか永木が無事でありますように。

そして、もう7月ですよ。
そろそろ戻って来てぇ…。
もう火の車ですよ、本当に。

心配事ばかりですが、勝つには勝ちましたから、7/7(日)は他チームの試合を邪念を持って観ることが出来そうです。

いろいろありますが、何はともあれ…。
皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

しかし、本当にもうこれ以上の怪我人は困ります💧

mk2 at 00:15│Comments(0)拍手コメントはコチラ
観戦の感想-2019 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
勇姿を目にいつまで怪我に悩まされ続けるのか…