勝利の後の土曜日は幸せでした3連戦の始まり

2019年06月17日

のほほんとした日曜日でした

やはり予報通り暑かったですね。

特に夕暮れ時が暑かったです。
ググっと湿度が上がったような気もします。

そして、日中は眠々でしたよ。
それも平和な日曜日の証拠でしょう。

日中はあまりにも平和でぼぉーっとしていたら…。
何故か「そう言えば上越新幹線、スピードアップ工事始まったんだよなぁ…いつ完成なんだっけ?」なんて、完全に平和ボケなことを思ってしまいました。

調べてみると、工事には4年くらい掛かる様子。
ということは、2023年。
そう言えば、上越新幹線のE7系統一も、2023年春を予定していると聞きます。
待ち遠しいです。

ちなみに、現在の上越新幹線の最高速度は240km/hです。
同時期に開業した東北新幹線は、今では320km/hですから…ね。
整備新幹線(盛岡以北・北陸新幹線・九州新幹線)ですら、260km/hです。

上越新幹線は、1番遅い新幹線となってしまいました。
だからスピードアップするんだよなぁ…と思いつつ、更なる疑問が浮かぶ始末。

上越新幹線のスピードアップは、使用車両がE7系への統一が前提なんです。

E7系は、北陸新幹線用に設計されています。
北陸新幹線は整備新幹線ですから、最高速度は260km/hです。
JR東日本の公式サイトでも、E7系の最高速度は260km/hと紹介されています。)

ですからE7系は、それほど高い高速性能を必要とはされていないんです。
それは先頭車両の形状からも窺うことが出来ます。

ということは、設計最高速度は少し高いのかしら?
なんて思ってしまいました。

調べてみると、設計としては275km/hまで大丈夫みたいです。

上越新幹線のスピードアップされた暁には乗りたいですね。
楽しみです。

というか…。
そんなことを忘れつつ・考えつつしてしまう程、平和な日だったんですね、今日は。
きっと、なんだかんだ言いながらも、鹿島が勝ってくれたからでしょう。
良かった良かった。

さて…。

そんな平和な1日でしたから、特に何事もなく、ぼぉーっと過ごしてしまい、情報のキャッチもしていないのですが…。

Windows10のメジャーアップデート作業も今日してしまいましたから、PCを触る時間も少なく、ますます情報のキャッチが出来ていないです。

そこで少し古いですが、気になっていた記事を取り上げようと思います。
それはサンスポに載っていた、前鳥栖監督のカレーラスの記事です。

以下のコメントが印象的でした。
日本では、すべてに論理が必要となるんだよ。
彼らはオートマティックに事を進めていく。

脚本から逸脱したり、即興的にプレーすることが苦手で、彼らにとってゲームの流れを読むことや、イニシアチブを握ることはかなり難しいんだ。

なるほど、思い当たるところはありますね。
確かに、論理というのか、オートマティックに繋がる他チームのパス回しを見ると、羨ましく思ったりもします。

そして、後半の部分にも、なるほどと思うことがあります。

「ゲームの流れを読む」

これは、まさに強い時の鹿島が出来ていたこと…ですよね。
それが今は…出来ていない気がします。

そして、「即興的」という言葉ですね。

ブラジル流を貫く鹿島は、歴代監督もまさにそれを求めていたと思います。
そしてきっと今も、それを求めているんじゃないかしら…と思います。

でも、少し思うのは…。
あまりにも「即興的」なことだけに頼ってしまうのは…とも思います。

上手くいっている時は、選手達に任せておけば良いんだと思います。
しかし、上手くいっていない時は、ある程度は何らかのお約束が必要なのではないか…という気がするんですよねぇ。

そこはどう考えるか…というトコロではあると思うのですけど。
でも鹿島は伝統的に…ということ…かしら…うーん。
難しいです。

そんなこと言いつつも、守備はお約束というか、ある程度は方向性があるはずです。
試合中にも、修正しつつ、チームとしての意思統一が出来ていないと。
それも、ちょっと上手くいかないことがあるのが、心配どころです。

もう少しでシーズンも半分が終わります。
そろそろ上手く回り始めて欲しいです。

そうでなくても、そろそろ季節的にも厳しいですからね。
夏が終わった時に、どこまで勝ち点を積み重ねることが出来るか…が勝負だと思います。

何とか喰らいついていきたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

夜が深まってきて、また暑くなったような…💦

mk2 at 00:01│Comments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
勝利の後の土曜日は幸せでした3連戦の始まり