J1再開勝利の後の土曜日は幸せでした

2019年06月15日

2019 J1第15節 鹿島vsC大阪戦

秋田はいつから「もったいないおばけ」になったのだろう…😅
なんて思ってしまいました。

前半は…もうどうなることか…と。
クォン・スンテに救ってもらいましたね、永木にも。

いや、もういったいどうなってるのか…というくらいにセットプレイでもマークを外し続けていました。
あんなにマーク外しちゃダメですよ。

秋田の「もったいない」を何度も聞きながら、「助かった…💦」と冷や汗をかくばかり。
もう暴れてしまいそうでした。

ところが…。

後半に入ると、何だか違う。
明らかにチェイシングし始めたと思います。
それが功を奏したのでしょうか、リズムが変わっていったと思います。

そして、後半早々にPKを貰いました。

PKを貰う前に、左⇒右⇒中と、真横に低いパスが続きました。
それが良かったと思います。

鹿島は、浮かせたボールを入れることが多いですが、鹿島には高さはありませんから、あまり有効ではないと思うんですよね。

それがこの時は低いボールが続きました。
それで良いと思います。

そして、中でレアンドロが持ったところで、丸橋?に蹴られてPK。
ボールを持ってない反対側の脚を蹴ってますから…ね。
あれは、文句のつけようもないPKです。

キッカーはセルジーニョで、しっかりと。

前半危ないシーンだらけでしたが、こうして先制出来たのは良かったです。

そして、その後に名古に代えてレオ・シルバ投入。

レオ・シルバが入って、チームは変わりましたね。
やはりレオ・シルバは欠かせないんですねぇ、今のチームには。

名古は…出来たところもあったとは思いますが…。
正直不本意だと思います。
また頑張って欲しいです。

そして…。
リズムは変わったように見えても、まだ何となくイマイチ感が漂っていましたよねぇ。

そんなこんなで…。

鹿島がカウンターで攻めて、キム・ジンヒョンがセーブしたのですが…。
すると、カメラが切り替わって、各選手のアップの映像。

そんな間にプレイは始まっていたようで、急にプレイの途中から始まり、鹿島のボールになっていて、聖真⇒白崎へとパスが出て、ズドンっ!

突然過ぎてついていけませんでしたよ、私。

リプレイで観ると、キム・ジンヒョンが下手(したて)でコロコロと転がしたボールを白崎がスライディングで奪取。
前方向へとこぼれたボールを聖真が上手くキープして、優しく白崎へ戻して、白崎が低い弾道でズドンっです。

C大阪側の連係ミスですね。
C大阪の選手がココへ出せと指示を出してて、それでキム・ジンヒョンは転がしたのですが、思ったより前に出してしまったみたい。

でも、それを白崎が見逃さずに奪ったところがナイスです。
そして、低く抑えたシュートも素晴らしいですね。

吹かしちゃうことが多い印象があるんですよね、あの距離のシュート。
しかし、白崎は浮かせずしっかり決めました。
素晴らしいです。

2点獲って、少し余裕も出来ましたね。
白崎を下げて休ませつつ、小池を試すことも出来ました。

前半あれだけ危ないシーンがありながらも、すっかり流れが変わりましたね。
無失点のまま試合を終えることが出来ました。

ホッとしました。
勝てて良かったです。

前半だけなら、ダメダメなんですけど。
でも、結果的には2-0の勝利。

スッキリとまではいきませんが、気持ち良く週末を過ごせそうです。
皆様、お疲れ様でした。


ところで…。
スタッツなんですけどね。

Jリーグ公式サイトは何だか項目が極端に少ないですし、私はGoogleのスタッツを見るようにしているんですけどね。

(Googleのスタッツは結構優秀で、ACLも、女子W杯も、トゥーロン国際も、載っているんです。試合中にも更新されているみたいなんですよね。)

枠内シュート数が、DAZNと随分と数字が違います。
きっと手集計なんですね。(公式記録にはないですよね。)

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

なでしこは、この前と打って変わって積極的ですねぇ。
良いですよ、とても良いです。

あー、失点しちゃった…頑張れぇっ!
ふぅ…良く勝ってくれました。

mk2 at 00:01│Comments(0)拍手コメントはコチラ
観戦の感想-2019 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
J1再開勝利の後の土曜日は幸せでした