現実は厳しい2013 J1第25節 甲府vs鹿島戦(雰囲気版)

2013年09月15日

2013 J1第25節 甲府vs鹿島戦(超々簡略版)

只今、甲府駅近くのホテルです。
あー…。
力が出ません。

山梨中銀スタジアムから甲府駅前に戻ってきて、しばらくファミレスに連れといました。
もう試合の話なんてしません、出来ません。

さて。
今日は薄曇りで湿度が高く、じとっとした感じ。
それでも17時半前くらいから、陽が落ちて少し涼しくなってきました。
しかし、選手たちは暑かったと思います、湿度は高かったですから。

えー…。
試合について、あまり語りたくもないです。
間違いなく、今季最悪の試合。
そして、何も出来なかった試合です。

甲府が引いてくることは分かりきったこと。
それなのに手を打てませんでした。

そして、甲府の狙いは明らかでした。
パトリック、これしかないです。

長いボールをパトリックに合わせる、これだけです。
それであんなに簡単にやられました。

DFの裏、そして鹿島の左サイドのDFの外側へ出して、パトリックが抜けるシーンが何回も見られました。
GKからの長いボールをパトリックが頭で前に持っていき、それが危ないところに来たので、鹿島はなんとかクリアで逃げる。
つまり、甲府はGKも合わせて、たった2タッチでCKを得ることが出来たシーンもありました。
おまけに、そのCKで失点しちゃったんですけどね。

やられ過ぎましたよ、本当にスカウティングしたの?
って感じでした。

あと…。
甲府はかなり厳しめに来ていました。
前半24分までに、甲府はイエローを4枚も貰っています。
1枚はGKの遅延行為ですけど。

褒められたものではないですが、何が何でもやらせないという気持ちの表れでしょう。

これを鹿島は利用しなければなりませんでした。
前半の早い時間の内にフィールドプレイヤーの3人にイエローが出たんです。
その選手たちは、もう厳しく当たることなどは出来なくなったはずです。

それなのに、それを利用することは全く出来ませんでした。
勝負に徹する鹿島ではなかったように思います。

前半の内に3失点。
厳しい数字です。
でも、相手が3得点したならば、こちらだってできるはず。

だったんですけどねぇ…。

後半開始からダヴィを投入しましたが…。
その後も、本山、野沢と入れてきましたが…。

そもそも彼らにボールが渡ることは少なかったです。
後半、鹿島は攻めに攻め…たはずなんですが、迫力は全くなし。

DFラインはセンターライン付近まで来ていました。
でもねぇ…。
ボールが回っていたのは、SB、ボランチ、CB…、といった辺りで、なかなか前の4人へボールが出てきませんでした。
しかも、スペースを作り出す動き、スペースへ飛び込む動きは皆無、実質脚が止まっていたのと同じです。
あれでは、どうしようもないです。

前の4人にあまりボールが入りませんから、シュートも少なかったのでは?
シュートで終わる印象があまりしませんでした。

たった1つだけ、ダヴィのヘディングが入ったんですけど、オフサイドでした。
あれくらいしか、チャンスらしいチャンスもなかったと思います。

完敗、惨敗。
まさにそういう敗戦だと思います。

試合後、ゴール裏からはブーイングが起きました。
そりゃあそうですよ、あんな試合では…。

それと、やはりチャントは他の選手のも早く作ってあげないといけない気がします。
あまりにも大迫のチャントばかりでは…。

大迫は大好きですし、頼りにもしています。
大迫のチャントは乗りも良いですし、声も出しやすいので大好きです。
でも…、大迫だけを応援に来ている訳ではないんですよね。
今のあまりにも大迫に偏っている応援は好きではないです。
別に大迫に偏ろうとしているのではないと思いますけどね、チャントがないんですもの、世代交代が進んで来て。
だって、康にすらないんですもの、柴崎もね。

作る苦労も知らないで無責任に書いちゃいました、ごめんなさい。

それに、同じチャントを延々とやるもの辛いと思いますよ。
ゴール鹿島は、元々声の出難いチャントです。
確かに差もあってゴールが欲しいですけど、これをずーっとやり続けるのは厳しいと思います。
だんだん声が落ちていくのは明らかです。
甲府がボールを持っても、攻守が切り替わってもずーっとするのは…。

ま、これも苦労知らずに書いちゃいましたけど。
最近、選手のチャントだけでなく、チームのチャントもバリエーションが少なくなっていると思います。

ごめんなさい、今日は今まで思っていたことも書いてしまいました。


今日は上位の浦和や広島も敗戦、横浜FMは引き分けでした。
結果的には、首位との勝ち点は1広がって、7。
チャンスはまだまだ十分にあります、ラッキーでした。

しかし、勝ち点差3にすることが出来るチャンスだったはずです。
そのチャンスを易々と逃したのです。
それを重く受け止めなければならないと思います。

残り9節で勝ち点差7です。
もうこれがデッドラインです。

選手のコメントに「残り全部勝つつもりで」というものがありましたが…。
「つもり」では駄目です、全部勝つんです。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

今日はちょっと…、気持ちが収まらず…。
ごめんなさい。

mk2 at 02:01│Comments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)
観戦の感想-2013 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ちか☆   2013年09月15日 11:05
お疲れ様でした!

今年の遠征はなかなか楽しいものにならないですねぇ(x_x)日ごろのストレスを発散するはずが、違うストレスが追加される…

昨日は日帰りでした。タクシーが来ない!渋滞がひどい!とハラハラしながらなんとか甲府まで辿り着きました(^^;)
今日は雨がひどいですので、気をつけてお帰りになってください。

なんとか切りかえて来週また頑張りましょう!(行くか迷ってしまう気分ですが…)
2. Posted by ホコタしか   2013年09月15日 11:56
昨日の試合の内容では愚痴の一つも言いたくなると思います。
次に切り替えて、しっかりと応援しましょう。
3. Posted by mk2   2013年09月15日 18:22
ちか☆様

こんばんは。
そして、お疲れ様でした。

本当に今年は遠征は散々ですね。
昨日、私はバスでしたが、甲府駅に着いた時には新宿までの終電は出た後でした。
泊まりにしておいて良かったです。

私は来週参戦は無理ですが、新しいヤマハには行ってみたいですね。
というか、アウェイで勝ってくれないと困ります。
頑張りましょう。
4. Posted by mk2   2013年09月15日 18:23
ホコタしか様

こんばんは。

もうこれ以上は負けられません。引き分けでも厳しいです。
勝ち続けるしかないです。
勝ちましょう、勝ち続けましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
現実は厳しい2013 J1第25節 甲府vs鹿島戦(雰囲気版)