2019年07月

2019年07月31日

サポーター株主制度を

未だに、頭の中が整理出来ていません。

先に言っておきます。
後ろ向きなことしか書かないと思います。
そして、支離滅裂になると思います。

ですので、これ以降は読まない…という選択をしていただくのが良いかも知れません。
それでも…という方だけ、どうぞ。

まずは、事実関係を整理します。

日本製鉄が保有する鹿島の発行済株式72.5%のうち、61.6%をメルカリに譲渡することが決まりました。
(本株式譲渡は、公正取引委員会の承認が得られることが条件。)

この結果、持株比率は以下のようになります。
  • メルカリ 61.6%
  • 日本製鉄 11.0%
  • 地方自治体 10.8%
  • その他企業 16.6%
7/30(火)に、株式譲渡契約が締結されました。
株式譲渡実行日は、8/30(金)です。

つまり…。
メルカリは、所謂「支配株主」になったということです。
経営権を握る…鹿島はメルカリの子会社になったということです。

これは、鹿島の考え方がどうであろうとも、メルカリがその気になれば、何でも出来るということです。
いくら鹿島の伝統があろうとも、メルカリが鹿島の価値を高めるという判断のもとで、鹿島の人事を総入れ替えすることも可能です。

子会社になる、支配株主になる、ということはそういうことだと思います。
親会社の考えが全てです。

極論ですけどね。

今までずっと言いませんでしたが、今回を機に正直に言います。
私はメルカリに対して、一切良いイメージを持っておりません。

ですから…書くことはどうしてもマイナスです…すみません。

だから、これ以上はお読みにならない…という選択をなさった方が良いかも知れません。
(念は押しましたよ。)

日刊スポーツに、メルカリの小泉社長のコメントが載っていました。
メルカリはキャッシュレスサービスにも力を入れており、今後もスタジアムでの飲食のキャッシュレス、チケットのペーパレスなど、同社が持つテクノロジーを使用してスタジアムを快適にするイメージを挙げた。
便利で快適になるなら、それはそれで結構だと思います。

ただ、メルペイしか使えないようなスタジアムになるのは…ちょっと…ねぇ。
キャッシュレス決済になって、余計に時間が掛かるとか、混乱するようにはならないで欲しいです。
(メルペイを使う人にしか便利にならない…とかは…。)

その辺のバランスはとって欲しいです。
(ちなみに、私は日常生活ではほぼキャッシュレスです。現金オンリーのお店でしか現金を使いません。キャッシュレス=便利・快適…とは違うと思うんですよね。)

まずは、8/30(金)に株式が譲渡されますから、その時期に何らかの発表があるはずです。
少なくとも、役員を何人か送り込んでくるはずです。(社長交代?)
注視したいと思います。

住金が新日鐵と経営統合した辺りから、こういうことも有り得ると思っていました。
新日鐵は、新日鐵堺を解散し、新日鉄釜石からも撤退し今はクラブチームになっています。

どんどん住金色が薄れていく中で、きっとそういうこともあるだろうと思っていました。

スポーツ報知には、ホリエモンこと堀江貴文氏のコメントが載っています。

なるほど…随分と前からそういう考えはあったのでしょうね。
しかしホリエモンのコメント…VIPにとって良いスタジアムにはなるんでしょうねぇ…。
貧乏人の私には関係ないですが。

日刊スポーツに、メルカリの小泉社長のことが載っています。
お父様が旧麻生町出身で、自身もファンとのこと。
ホームタウンを移転しないということが譲渡の決め手になったようです。

同じく日刊スポーツには、以下のようにあります。
メルカリ社以外にも譲渡先の候補はあった
本拠地を鹿嶋にというのと、スタジアムをそのまま使うのが大前提。それに共感して、さらに地域貢献ですね、活性化に寄与していただけるのを確認しました
でも…。
それは社長が小泉さんの間だけ…かも知れませんよ?

なんて、疑い深い私は思ってしまいます。

日刊スポーツには、記者会見での質疑応答の模様が掲載されています。
まぁ…そう言うしかない…ですよね。
ある程度想定内の内容です。

端折って言えば、メルカリという会社と鹿島との付き合いはまだ短いということなのかも知れません。
正直、まだ広範囲での信頼関係を構築するほどの時間が経っていないと思います。

そういうところで、こういう発表がありましたから、不安感満載なんだと思います。
人は急激な変化に、特に先の見えない変化には、不安を抱いてしまうものだと思います。


ただ…。
今の時代の流れはとんでもなく速くなっています。
その時代の流れについていくには、こういうことも必要なのかも知れません。

そういう変化だと、まずは一旦受け入れようとは思っています。
私は疑い深いですから、疑念を抱いたままですけどね。

そして…。
鹿島にはそれなりの伝統はありますが、良い面ばかりではありません。

正直に言えば、鹿島は商売下手です。
ファン・サポーターへのサービスやスタジアムのホスピタリティという面では、お粗末極まりないです。

おそらく現状の鹿島では、それを変えるのは簡単なことではないでょう。
いえ…たぶん変えることは難しいです。

スタジアムへのアクセスについても、何年も何十年も改善されません。
むしろ、改悪されたり…。

もしかすると、そういうことを変えるためには、メリカルのような企業の力が必要なのかも知れません。

と、不安はありつつも、期待も持ちたいと思っています。

先入観を持たない…ということは無理です。
メルカリが鹿島と付き合う前から、そしてその後も、既に企業に対するイメージは持ってしまっています。

ですから、先入観を持ったままですが、出来るだけ冷静にフラットに、物事を見ることが出来るように努めたいと思います。
(でも、先入観はあります。)


そして…。
今後も、もしかするとこういうことがあるのかも知れません。
こういうことで、変な方向へクラブが変わってしまうかも知れないのは怖いことです。
(もちろん、良い方向へ向かう可能性も十分ある。)

だから…。
一企業の都合などに振り回されないような、そういう体制を作っていかねばならないと思います。

鹿島アントラーズは、1つ乃至は複数でも良いのですが、企業のモノではなく。
ファン・サポーターのモノでなくてはならないと思います。

その道は簡単なものではなく、1年・5年など短いスパンでどうにかなるものではなく…。
何十年も掛かってしまうのだと思います。
加速度的に人口減少していく日本ではとても難しいことなのかも知れませんが…。

こういうクラブになって欲しいという思いがあります。
それは…。

サポーターが株主になり、議決権を持つ。

たくさんの鹿島サポーターが支え、たくさんの鹿島サポーターがクラブの方向を決める。
そういうクラブになって欲しいです。

まずは一口株主みたいな感じで、少しずつ始めてくれないかしら…。

たくさんマイナス思考なことを書きましたが、こういう結論に達しました。

最後に。
メルカリさん、鹿島アントラーズをよろしくお願い致します。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

支離滅裂、そしてマイナス思考で、申し訳ないです。
しかし、青天の霹靂…いえ、青天ではなかったんですよね、きっと。

そして16億…。
そりゃあもっと価値を高めねば…と思います。

あ…7/31(水)は試合が…。
TVの前からですが、強力な念を送ります。
(試合前ですが、支離滅裂でも今のこの複雑な胸中を書いておきたかったのです。時間が空くと整理されちゃいますから。)

mk2 at 00:12|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 衝撃
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月30日

株主様の発表

メルカリ社からも発表になっています。

まだ、冷静に読むことが出来ませんので、コメントは差し控えます。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

まさに寝耳に水、まさに衝撃😣

mk2 at 16:43|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 衝撃
このエントリーをはてなブックマークに追加

Jリーグ理事会で承認された模様

日刊スポーツによると、Jリーグ理事会で承認された模様です。

鹿島の株式の51%以上をメルカリが取得するようです。

って、鹿島の公式サイトで発表されました。
61.6%です。

【追記】
庄野社長のコメントを見る限り、日本製鉄も株主には残る…んですよね?

良く見れば、日刊スポーツにもそう書いてありました。

冷静に読むことが出来ません。


にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

まさかこれが「かわる」なの?😖

mk2 at 16:12|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 衝撃
このエントリーをはてなブックマークに追加

これは…?正直複雑です

スポーツ報知に、鹿島の経営権をメルカリが取得とあります。

これは…?

寝耳に水で、正直気持ちの整理が出来ません。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

複雑です🤨

mk2 at 15:33|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 衝撃
このエントリーをはてなブックマークに追加

疲労困憊中

目が…もうシバシバです。
霞んでしまいます…ね。

完全なる私事の作業、最初の段階はこれでOK、終了です。

ここまでも、かなり大変だったんですけど…。
でもこの先に、第2段階の作業が待っています。
第2段階は、作業量がとてつもなく多く…どうしたものか…と。

機械的に出来るところと、1つ1つ手作業でないと出来ないところがあり…。

大雑把に作業量を計算してみたのです。
基本的に週末作業するとして、週末の土日2日間でガッツリ目一杯作業したとすると…。

60回、週末が必要です💧

1年は52週ですから、1年以上掛かります。
毎週末に、そんなにガッツリは出来ないでしょうし、これは本当に長い道程です。

全部作業を終わらせるのはなかなか大変ですね…。
ということで、ある程度出来たところで…部分的にでも出来たところで、公開する方向で検討します。

まずは、現状分析をしっかりとやらねば。
8月で現状分析をしっかりやって、作業工程&見積もりをして、9月か10月に公開。
出来れば、良いな…💦

何だか途方もない作業量で…ちょっと凹んでしまいます。
ぼちぼちやるしかないですけど。

(作業の元となるファイルが大き過ぎてExcelで読み込めず…どうやって分析しようか思案中…。)

そう言えば、関東甲信地方では梅雨が明けた様子。
いや、もう急に暑くなって…倒れそうです。

スマホに警戒情報がどんどん通知されます。
熱中症気を付けます、水分摂るようにします。

さて…。

金森の鳥栖への期限付き移籍が発表になりました。
鹿島鳥栖の公式サイトをリンクしておきます。

印象としては、致し方なし…です。

金森は、短い時間とはいえチャンスは与えられていたと思います。
サブのメンバーの中では、比較的チャンスの多い方でしょう。

しかし残念ながら…そのチャンスを活かしきれなかった…という印象です。
それは、直近の試合でも思いました。
あれを決めていれば…ということが、何度もありました。

日刊スポーツによると、「鳥栖の金明輝監督はかねて、金森を高く評価していた」とのこと。
これもチャンスでしょう。

完全移籍でなかったのは、鹿島と鳥栖のどちらの意向なのかは分かりませんが…。
少なくともどちらかに「残って欲しい」と思わせるような活躍をしなくてはね。

頑張れ、金森。

きっと、上田綺世くんの加入が引き金になったのかな…と推測します。
その上田綺世くんのことが、Number Webに載っています。

諸事情があり、鹿島の加入が難しかったこと。
それでも、上田綺世くんの成長のために関係者の方々が動いてくれたこと。
そして、時代の流れ。

たくさんのことが書いてあります。
流し読みはしたのですが、ちょっと作業が立て込んでいて、しっかり読むことが出来ていません。

そして、ルヴァン杯準々決勝の試合時間が決まったようです。
それを受けて、中継予定も発表になりました。
まだスカパー!の公式サイトは更新されていませんでしたので、Jリーグ公式サイトをリンクします。

鹿島の試合はフジテレビTWOになっていますね。

これはサッカーセットで視聴可能なのか、はたまた別契約が必要なのか…。
例年通りなら、サッカーセットでも視聴可能だとは思いますが、スカパー!の公式発表を待たねばなりませんね。
(そう言えばACLの中継も、スカパー!公式は更新されていない…。日テレ系は更新されているのですが。)

9月は天皇杯もあるはずですから(勝ち進めば)、サッカーセットで視聴可能でないと困りますけど。

そして…。
SOCCER DIGEST Webに、順位予想が載っていました。
秋田平ちゃん福西名良橋の予想が載っています。

鹿島はそこそこの評価ではありますが、微妙な感じでもあります。
ま、良いんですよ、これくらいで。
変にマークされるよりも。

シーズン終わった時に、ぎゃふんと言わせてやりたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

「ぎゃふん」って言葉の語源が、気になってしまいました。
(でも調べていません。)

mk2 at 00:36|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 移籍・補強・引退など
このエントリーをはてなブックマークに追加