2019年02月

2019年02月28日

光はドコにあるのか

うーん。
花粉がツラいです。

今日は目薬を忘れて外出してしまい、キツかったです

アレルギー性鼻炎薬も飲んでいるのですが、どうしても鼻がムズムズして、何度かくしゃみをしてしまいました。

この季節は、本当にしんどいです。
目と鼻に1度で効く薬があると良いのですけどねぇ。

さて…。

2/26(火)のことですが、鈴木優磨の再発についてクラブから公式発表がありました。

痛いです。
かなり痛いです。
ここから更に2ヶ月ですから。

次は慎重にならざるを得ないと思いますし、再発癖がついてしまうと厄介です。

メディカルの強化は、最優先の課題だったはずで…。
鈴木優磨のみならず、まだ開幕間もないというのに怪我人が続出しているのも事実。

クラブはいったいどういうつもりなんでしょうか。

10年くらい前は鹿島の強みと言えたモノが、今現在ではことごとくなくなっている気がしてなりません。
しっかりして欲しいです。

話題を変えます。

スポニチに山口一真のことが載っていましたが…。

流石にまだ「スーパーサブ」と呼ぶのは早いんじゃないでしょうか。
違和感を覚えます。
「スーパーサブ」と言える選手になっては欲しいですけど。

同じくスポニチに、伊藤翔のコメントが載っていました。
鈴木優磨か怪我ですし、頑張ってもらわねばなりません。
連続得点中ですしね、続けて欲しいです。

そのスポニチの記事からは、ミーティングで大分戦で出た課題の分析を行ったことが分かります。
ぜひ、それを次に活かして欲しいです。
お願いします、切実な願いです。

次戦は、3/1(金)のナイトゲーム、川崎F戦です。

スポニチによると、鬼木は「チャレンジャーとして臨みたい」とコメントしたようです。
お願いですから、ダラダラに油断して欲しいです。

その等々力での試合ですが、スポニチによると、今季2度目のチケット完売なんだそうです。
チケット、良く売れるんですね。
羨ましい限りです。

鹿島も何か努力が必要なんじゃないでしょうか。
もちろんチームが強いことが1番なのでしょうが、クラブの努力も…どうなのかな…と思うことが多々あります。

その川崎F戦ですが、日刊スポーツによると篤人の出場の可能性が高まっているようです。

コンディションに問題ないようであれば、ぜひ出場して欲しいです。
篤人ならば。サイドからのクロスにも変化をつけられると思います。
期待しています。

そう言えば…。

大分戦では、がっくりとしてしまい、雰囲気版を書きませんでした。
でも、1つだけ貼っておこうと思います。

それは2019シーズンの選手紹介です。

ビデオカメラではなく、手持ちのコンデジ(スチルカメラ)で撮っていますので、手ブレはご容赦くださいませ。


冒頭のファンファーレの部分の最後に、ACLトロフィーが出てきた時は…。
ちょっと、ウルっと来ました。

欲しくて欲しくて堪らなかったタイトルですから。

今年もまた獲りたいです。
もちろん、J1のタイトルも獲りたいです。

でも、まだそんな大きなことは言える状況ではないことも、重々承知しています。

今はただ、光が欲しいです。
鹿島の行くべき道を照らす光が欲しいです。

その光は、ドコにあるのでしょうか…。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

開幕早々、なんでこんなに「どよよん」とすることに、なっちゃったんでしょうねぇ…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月27日

【旅行記】山形へ一人旅に行って来ました(2/25~26)

無事戻ってまいりました。

記憶が新しい内に、簡単に旅行記を書いておこうと思います。
鹿島のことについては触れませんので、ご承知置きくださいませ。

ちなみに、サムネイルを選択していただくと写真を拡大することが出来ます。
(写真は、基本的に1,280×960のサイズです。)

それでは始めましょう。


【2/25(月)】

この旅は、単に新幹線に乗って、現地のホテルでダラダラする…というのが当初の目的でした。
雪の中を走る新幹線に乗ってみたいという思いがありました。

また、今回の新幹線ですが、往復とも半額だったのです。
半額だからこそ、行ってみようと思ったのですけどね。

ただ、半額にはそれなりの条件があります。
日付や、新幹線の時間が限定されていて、観光に都合の良い時間帯のものは選べません。

だからこそ、ダラダラ…の予定だったんです。

まずは、東京駅からです。

今回乗車するのは、「つばさ」135号・山形行き。
20190227-001
福島駅までは、「やまびこ」と併結されて運行されます。

発車10分前くらいにホームに到着したのですが、まだホームには列車がいませんでした。
こんなに短時間に車内清掃するんですからね、清掃の方々たいへんです。

少し待つと、列車が入線。
20190227-002
E2系1000番台…だったと思います。

連結部を確認。
20190227-003 20190227-004
うーん、何度見ても、連結は浪漫です

「つばさ」はミニ新幹線E3系2000番台。
車体が小さいですから、ホームとの隙間を埋めるためのステップがあります。
20190227-005
この写真は、運転席のドアです。
運転席にも、ちゃんとステップがあるんだなぁ…と。

E3系のパンタグラフカバー。
20190227-006
最高速度は275km/hですから、カバーも小さいです。
E5系(主に「はやぶさ」で使用)なんて、壁のようなカバーですものねぇ。

先頭車両へと移動して、写真を撮ります。
20190227-007
あれ…まだ尾灯が点いてますね。

清掃を待つ間、売店を探してお茶を買っておきました。
たぶん、発車5分前にくらいにはドアが開いたと思います。

そして、「つばさ」135号・山形行きの行程です。

11:00 東京
11:05 上野
11:25 大宮
11:49 宇都宮
12:18 郡山
12:32 福島 着
12:35 福島 発
13:07 米沢
13:14 高畠
13:20 赤湯
13:34 かみのやま温泉
13:44 山形

山形までは、2時間44分です。
個人的にはもっと乗っていたいくらいです

そして、荷物を棚に上げて一段落したら、早速車内販売メニューのチェック。
20190227-008 20190227-009
20190227-010 20190227-011

JR東日本の新幹線・特急は、3月のダイヤ改正で車内販売の撤退・縮小があります。
「やまびこ」は撤退、「つばさ」はメニューの大幅な見直しの予定です。

アイスは…JR東日本の列車からは消えます。
今、楽しんでおかねば。

大宮を過ぎてから、車内販売が来てくれましたから、早速購入です。
20190227-012
おそらく「つばさ」で最後のスイーツ&アイスになると思いますから、奮発しました。

塩キャラメルのパウンドケーキと、コーヒーのMのセットが、590円也。
アイスは、キャラメル・ヘーゼルナッツ・プラリネで、350円也。

まずは、塩キャラメルのパウンドケーキから。
20190227-013
今までのスイーツシリーズは、透明なビニール包装だったと思いますが…。
紙の箱とは、ちょっとゴージャス?

そして、中身は。
20190227-014
ちょっと小さめでした。

しかし、おそらく今までのJR東日本の列車スイーツシリーズの中で、1番の味。
とても美味しかったです。

そして、パウンドケーキを食べ終えてから、アイスへ。
20190227-015 20190227-016
カチカチですからね、時間をおいて溶けた頃が食べ頃なのです。

って、あれ…?
20190227-017
思いの外、溶けてない

でも、スプーンが入らない固さではありませんから、いただきまぁーす

アイス単体では「ふむ…まぁ…キャラメルといえば…そうだけど」という微妙な感じ。
もう少し溶けるを待った方が良かったんだと思います。

しかし、アイスを口に含んだままコーヒーを流し込むと。
「おおっ、これはキャラメルマキアートの味わい。」
と、なかなか秀逸でした。

コーヒーとの相性バッチリ
セットで楽しむと良いと思います。

新幹線に乗ったからには、車窓も楽しんでおかねば。

那須塩原を過ぎた辺りでは…。
20190227-018(那須辺り)
山には雪がありますね。

郡山を過ぎてからは…。
20190227-019
安達太良山…かしら?

そして、福島駅で「やまびこ」と分離。
「つばさ」は峠越えです。

すると、直ぐに雪深くなってきました。
20190227-020 20190227-021
峠の雪景色は、本当に美しい。

途中で、車掌さんからダイヤ改正後の車内販売についてのアナウンスがありました。
不便になりますねぇ。
荷物が多いと、駅で買い物するのも大変ですもの。

峠を登っていくと、どんどん雪深くなっていきます。
20190227-022

でも、晴天の日が続いたようで、雪を巻き上げるようなことはなかったです。

そして、峠を無事に越えて、米沢に到着。
20190227-023
前田慶次郎利益がお出迎えです。

米沢付近は雪があるのですが…。
20190227-024

山形へと近づくにつれて、雪はなくなり、遠くの山にしか見えなくなりました。
20190227-025
やはり暖冬なのかしら…。

途中で見えた、上山城。
20190227-026
去年の8月に見た時は、何やら工事中で覆いがあって見えなかったのです。

そして、山形駅へ到着。
山形新幹線の終着駅は新庄ですが、乗ってきた「つばさ」は山形止まりですから、行き止まりの1番線へ入線します。
20190227-027 20190227-028
Xのようなものが、車止め標識なのですが、何だか小さめです。

1番線の駅名標は、ちゃんと隣駅の表示はありません。
20190227-029

そして、「つばさ」をもう1度。
20190227-030
楽しい道中をありがとう「つばさ」。

改札の外へと出て、東西へ伸びる自由通路には、モンテディオ山形の垂れ幕。
20190227-031 20190227-032
山形、美味しいから待ってるんですけどねぇ…。

ん?「中核市」?
20190227-033
詳しくはWikipediaへ譲ります

そして、ホテルのチェックインの時間まで、まだ余裕があり…。

山形駅の北側にある霞城公園(山形城址)へと向かいます。

20190227-034

とは言え…特にお城らしい何かがある訳ではないんですよね。
20190227-035

本丸には、一文字門と大手橋というものがありますが、復元です。
20190227-036 20190227-037

山形城は日本100名城に選ばれているんですよ。

そして、二の丸には山形市郷土館があります。
20190227-038
「旧済生館本館」とのことで、国の重要文化財に指定されています。
どうやら、病院だったらしいです。

上の写真の三層楼の裏手に入口があります。

そして、三層楼の裏側は円形の回廊になっています。
20190227-039 20190227-040

三層楼は2階までなら、登ることが出来ます。
20190227-041
正面の扉です。

そして、この階段を登ると2階へ。
20190227-042 20190227-043
2階からは、特に外が見えず…。

螺旋階段が上層へと続くのですが、登ることは出来ません。
20190227-044

ということで…。
あっけなく、山形城見学が終わってしまいました。

予約していたビジネスホテルへと向かったのですが、まだチェックインは出来ないとのこと。
アーリーチェックインの時間よりも、更に早い時間でした。

仕方ありません。
荷物を預けて…どうにかせねば…と、その辺をぷらぷらと。

そして、観光案内所へと行き、いろいろチェック。
やはり、この季節の山形ならば、蔵王かな…となり…。

しかし、山形駅から蔵王までは約20kmくらい。
路線バスはあるのですが、1時間に1本しかなく、ちょうど発車したばかりで次のバスは50分以上待つ必要が…。

これは、なかなか難しい…と悩みましたが。
行っておかねば後悔するかな…と思い、短い時間レンタカーを借りて、出掛けました。

だいたい30分強で着きましたよ。
20190227-045
蔵王までの道は、しっかり除雪がされていて、スタッドレスタイヤも必要ないくらいでした。
天気が良いから…ですけどね。
(レンタカーはもちろんスタッドレスタイヤを履いています。)

そして、このロープウェイの蔵王山麓駅の周りは、既にゲレンデです。
標高は855mとのこと。

ここから、蔵王へと登るには、ロープウェイを2本乗り継ぎます。
(蔵王ロープウェイ山麓線と、蔵王ロープウェイ山頂線)

まずは、切符を購入。
20190227-046
往復で2,800円也。
(使用後の状態ですので、挟みが入っています。)

ちなみに、蔵王山麓駅には、観光客の方々がたくさんいらっしゃいました。
1番多かったのは中国系と思われる方々、続いては東南アジア系と思われる方々。

こう言っちゃなんですけどね。
並ぶとか、譲り合うとか、そういう文化のない方々がたくさんいらっしゃいます。

割り込んだり、人にぶつかったり…というのは、もう凄いです。
いや…これは…

とにかく我慢我慢。

1本目のロープウェイ(蔵王ロープウェイ山麓線)は10分間隔での運行。
停まっていたゴンドラには乗ることが出来ず、次の便を待つことになりました。

そして、しばらく待って、ゴンドラがやって来ました。
20190227-047
蔵王ロープウェイ山麓線は、従来型のロープウェイです。

かなり横に揺られていて、駅に入るためには係員の方々が両方から押さえないといけない感じでした。
20190227-048 20190227-049
20190227-050 20190227-051

ゴンドラは大きめだと思います。(かと言って、巨大ではない。)
20190227-052

無事乗り込み、出発。
20190227-053
蔵王山麓駅の周辺にはスキーヤー達。

そして、向こう側の尾根には、何だか急角度なゲレンデが…。
20190227-054
「横倉のかべ」と呼ばれる、平均斜度38度のゲレンデなんだそうです。

あっ…。
ゲレンデやロープウェイの経路などが分かり易い、蔵王温泉スキー場のゲレンデマップをリンクしておきます。

蔵王ロープウェイ山麓線は、だいたい7分間くらいの乗車時間。
20190227-055

樹氷高原駅(標高1,331m)へと到着。500m弱登って来たことになります。
20190227-056
そう、蔵王と言えば、樹氷です。
ここで、蔵王ロープウェイ山頂線へと乗り換えます。

山頂線は、「フニテル」式です。

「フニテル」式は、ゴンドラを2本のロープで吊り下げますので、横風にとても強いのです。
谷川岳や箱根強羅などでも乗ることが出来ますよ。

「フニテル」式は、駅ではロープにはぶら下がってはいません。

ここのモノは、駅では反時計回りに、ゆっくり回っていましたよ。
20190227-057 20190227-058
1枚目の写真を見ると、アームがロープに掛かっていないのがお分かりいただけるかと。
ゆっくり回っている間に、ゴンドラへ乗り込みます。

そして、駅から出る間際でスピードアップして、ロープへとぶら下がります。

降りてくるゴンドラを撮ってみました。
20190227-059
こんな感じで、2本のロープにぶら下がっています。
かなり強い風でも、安定しています。

そして、「フニテル」式の優れているトコロは、こんな感じでどんどんゴンドラが続いて運行出来るのです。
20190227-060
一方通行なんです。

従来型のものは、片側に1つのゴンドラで、しかも往復を繰り返すだけですから、乗客が多いとさばけないんですよね。

この辺りは、樹氷になっているはずなんですが…。
20190227-061
樹木には雪がまったく…。

こんな感じで、樹氷が崩れてしまっています。
20190227-062 20190227-063

2/19(火)の雨、その後も続く高温のため、ほぼすべての樹氷が崩落してしまったとのこと。

蔵王に来る前に事前に聞いてはいたのですが…。
やはり暖冬なんですね。

そして、登っていくにつれて、どんどん風が強くなっていきまして…。

「フニテル」式は、横風には強いんですけど…。
実際、横にはほとんど揺れなかったんです。

しかし、風は横にだけ吹くものではないんです。

とんでもない強風だったのもので、ゴンドラが上下に激しく揺れました。
ゴンドラ2つ3つ分ぐらい…いえそれ以上?、上下にぐわんぐわんと、揺れる揺れる

その揺れは、まさに永木のロープ・トレーニング。


永木のトレーニングは、左右が反対の振動ですが…。
左右が同じ振動な感じで、ゴンドラがぐわんぐわんと揺れました
凄い風でした

前のゴンドラがぐわんぐわん振動しているのも見えるんです

そして、山頂へと近づくにつれて…。
20190227-064
おお、何とか樹氷らしきものがっ!

そして、12~13分間くらいの乗車時間で、地蔵山頂駅へと到着。
20190227-065 20190227-066
地蔵山頂駅は、標高1,871mとのこと。
蔵王山麓駅からは、1,000m以上登って来たことになります。

そして、まずは地蔵山頂駅の屋上の展望台へ。
すると…。

20190227-067 20190227-068
20190227-069
本来なら、もっと大きな樹氷なんでしょうけどね。
でも、何とか樹氷らしきカタチにはなっていると思います。

そして、風がとんでもなく強くて。
立っていると身体が持っていかれて、3~5歩くらい歩く感じでした。
じっとその場で立っているのが難しい程の風でした。

ロープウェイまでは、寒さは全然平気だったのですが…。
展望台へ着いた途端、顔と手が痛くて耐えることが出来ませんでした。
たぶん、2~3分で建物の中へ退散したと思います。

展望台を降りて、駅の横の樹氷だったものを撮りました。
20190227-070
こうしてみると、やはり崩れてしまったんですねぇ。

あまりの寒さに、留まることが出来ませんでした。
滞在時間わずか10分くらいで、降ります。

「フニテル」式は、ゴンドラがどんどんやって来るので助かります。
20190227-071

アームの部分を再確認。
20190227-072 20190227-073
駅では、ロープにぶら下がっていないのが、お分かりいただけるかと。

そして、扉は自動で閉まります。
20190227-074 20190227-075
駅を常に移動していますから、乗車区間の内に乗り込みます。

山頂駅周辺の写真です。
20190227-076 20190227-077

やはり、崩れてます。
20190227-078
こんなところで暖冬を感じようとは。

そして、山麓駅の駐車場へ着きましたが、あまりにも寒く、身体が冷えました。
蔵王温泉はとてもお湯が良いのです。
以前、入ったことあるのです。

時間が時間でしたから、日帰り入浴って訳にはいかないので、せめて足湯でも…と思ってはみました。
しかし、あまりにも寒くて…。
足湯は、大抵屋外ですから、もう寒過ぎて、蔵王では入っていられません。

ということで…。
ググって、蔵王から20km弱のかみのやま温泉の足湯を見つけ、移動します。

身体は冷えていましたが、レンタカーには、シートヒーターがついていて助かりました。

そして、移動すること30分くらい?
足湯に到着です。
20190227-079 20190227-080
こちらは「葉山温泉の足湯」という場所です。


かみのやま温泉は、とても広くて、上山市内のあちらこちらに温泉があるのです。

葉山温泉は、かみのやま温泉の中でも、少し外れた高台にあるのです。
少し外れていますから、たぶん空いているだろう…という目論見です。
(昔泊まったことのあるお宿が近くにあるのも、選んだ理由の1つです。)

到着後に、「そう言えばタオルがない」と気づきましたが、寒さのあまり、直ぐに靴下を脱いで、「どぶん」と脚をお湯に入れましたよ。

すると…。
熱いっ!
かなり熱かったです。

しかし、身体が冷えていますから、とにかく温まりたくて、我慢我慢
でも、しばらくしても熱さに慣れることなく、とにかく熱い

後で調べると、かみのやま温泉は熱めな様子。

結局、熱さに耐えることが出来なくて、短い時間で脚を出し、近くの椅子に座りつつ…。
冷めた頃にまた脚を入れて「あちちっ」という状態を繰り返しました

足湯に浸かりながら、蔵王方面を望むと…。
20190227-081
おや?
明かりが見える。
20190227-082
ゲレンデの明かりのようですね。

葉山温泉は高台にあるので、上山市内を望むことが出来、夜景が綺麗らしいです。

そして、その後は山形市内のホテルまで、のんびり移動し、この日は終了。


【2/26(火)】

この日はもう帰るのみです。
本来、観光予定などなく、のんびりする予定でしたからね。

それに、半額の切符ですから、列車の時間帯の選択肢がとても狭いのです。

この日は山形始発の「つばさ」138号・東京行きに乗車です。
20190227-083

1つ隣のホームの駅名標には、隣駅(北山形)の表記がありますが…。
20190227-084

山形止まりの1番線には、それがありません。
20190227-085
っていうか、1番線は新幹線専用ですから、反対側の駅の表記も違いますね。

待っていたのは、やはりE3系2000番台。
20190227-086
発車時刻の10分以上前に到着しましたが、既に乗車可能でした。
東京駅が過密過ぎるんですよねぇ…。

それでは、「つばさ」138号・東京行きの行程です。

10:57 山形
11:06 かみのやま温泉
11:20 赤湯
11:25 高畠 着
11:28 高畠 発(下り列車との待ち合わせのため、3分停車)
11:35 米沢
12:14 福島 着
12:16 福島 発(「やまびこ」と連結)
12:29 郡山
12:57 宇都宮
13:22 大宮
13:42 上野
13:48 東京

2時間51分。
まったく苦ではありません

それでは、道中のことを少しだけ。

山形市の辺りは、雪が少ないです。
20190227-087

一見、雪が積もっているように見えるところも…。
20190227-088
雪が溶け気味で、水になっている場所もありました。

高畠駅を過ぎてから、車内販売がやって来ました。

行きでとても美味しかった、塩キャラメルのパウンドケーキをもう1度食べたいという気持ちもありましたが…。

2種類ある内のもう1つ、りんごのパウンドケーキと、コーヒーのMのセットを購入。
20190227-089
570円也。

20190227-090
りんごはコーヒーに合うのかなぁ…とは思ったんですけどね。

そして、行きにはなかった、菓子楊枝が付いていましたが…。
しかし、こんな感じでビニール包装ですから、菓子楊枝は出番がないかも。
20190227-091
昔は、トレーがあったんですけど。

味は、りんごの酸味が強めで、しっかりと主張していました。
コーヒーとの相性も悪くないです。

そして、米沢~福島までは、またしても峠越えです。

カーブのキツいところで、先頭車両が見えないか…と、頑張ってみましたが、見えませんでした
20190227-092

この米沢~福島の峠(板谷峠)は、日本の鉄道でも屈指の難所でした。
新幹線の開通以前は、4連続スイッチバックというくらいで…。
(進行方向を変えて、ジグザグに登っていました。)

新幹線はスイッチバックすることなく登っていきますが、遺構が残っています。
20190227-093
この線路へと分岐して、進行方向を変えて、また戻って登っていく…という感じですが…。
言葉では説明が難しいです。

ちなみに、上の写真には偶然にも、速度標識が写っています。(写真の右側。)
上から、「75」「75」「100」とあります。

この区間では、新幹線は100km/hの制限みたいですね。
「100」の下の「500」は、次の速度標識までの距離を表します。

つまり、この標識から500m先までは100km/h制限となります。
500m先に、また新しい速度標識があるはずです。

という感じで、鉄分補給をしっかりして来ましたよ。

樹氷…いつかは見たいと思っていました。
崩落気味で少し残念でしたが十分楽しめました。

また、いつか行きたいと思います。
次は立派な樹氷を見たいなッ!

ということで、今回の旅行記はおしまいです。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

実は、もっと新幹線に乗っていたいくらいです

mk2 at 00:20|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラ
旅もまた良し │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月26日

鉄分補給中

ふぅ…。

1つ前の更新の写真で、行き先はバレてしまっていますが…。
只今、山形にいます。

新幹線に乗る…ということは、私にとっては本当に癒しなんです。

山形新幹線や秋田新幹線に乗ったことはありますが、雪の中を走る新幹線には乗ったことがありませんでした。

雪の中を走るのが憧れだったんですよね。

ただ、やっぱり暖冬なのかしら?
それとも3月も近いからなのかしら…。

そんなに雪が…ない…です。

福島~米沢の峠で、これくらいです。
ORG_DSC01231

雪景色は好きです。
元々雪のほとんど降らない地方で育ちましたから、何というか、雪は特別ですね。
寒いのは嫌いですが、雪は別です。

白銀の世界は、神秘的です。
心が洗われるような…そんな感じがするんですよね。

当初は…。

新幹線で移動した後は、ホテルでのんびり本でも読もうかと思っていました。
新書判の本を持ってきているので、2冊くらいは読めちゃうんじゃないかな…なんて思ってたのですけど。

少しぶらぶらしていると、何故か欲が出てきてしまい…。
結局1箇所だけですが、観光へ行ってしまいました。

結果的に本は読んでいません。
そんな時間がなくなってしまいました。

のんびりが今回の主旨のはずなのに、あまりのんびり出来ませんでした。
でも、観光には行って良かったと思います。

2/26(火)には、また新幹線に乗って、帰る予定です。

「つばさ」は、3月のダイヤ改正以降、車内販売が大きく縮小されてしまいます。
車内販売も、楽しんでおこうと思っています。

さて…。

そんなこんなで、鹿島のことはほとんどチェック出来ていないのです。
ただ1つ見つけたのは、日刊スポーツのこの記事だけでした。

三竿健斗が練習試合に出場したとのこと。
朗報ですね。

ただ、「まだ100%ではできない」とのこと。

そうですね、怪我が怪我だけに、これからも注意深く見ていく必要があると思います。
再発しないようにトレーニングも必要でしょうし、徐々に体力も戻していかなければならないでしょうし。

メディカルスタッフさんにも頑張ってもらって、完全に大丈夫という状態になってから、復帰してもらいたいです。

今季も過密日程が待っていますから、選手層が大切ですからね。
何より、三竿健斗の力が必要だと思います。

焦らずにしっかりと、とは思っていますが…。
首を長くして待っています。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

今回の旅は、半額の旅なんです。
2/26(火)も、しっかり鉄分補給しますよぉ

mk2 at 00:05|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 旅もまた良し
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年02月25日

行きまぁーす

行くぜ東北!

ORG_DSC01176

今の私には、癒やしが必要です。
心を癒やしに旅に出ます。

観光は全くありません。
新幹線に乗って終わりです。

私にとっては、列車に乗るだけで、旅行であり、観光であり、癒やしです。

のんびりしようと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

明日帰って来ます。

mk2 at 11:16|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラ
旅もまた良し │
このエントリーをはてなブックマークに追加

暗黒面へと

ふぅ…、どよよんです。

不貞寝してやりました。
お昼前には目が覚めたのですか、鼻が詰まっていました。
鏡を見に行くと、まぶたも腫れぼったい。

あぁ、遂にやって来ました、花粉の季節が本格的に始まりました。

前日、屋外に1日中居た訳ですから、こうなることは分かっていましたけど。(毎年私は大抵開幕戦で花粉症が本格化します。)
ますます憂鬱になってしまいます。

そして、日中これは書いておこう…と思ったことがあったのですが、またしてもすっかり忘れてしまいました。

私の脳みそはボケボケ度合アップ中ですね。
うーむ、困りますね。

ブログネタを自ら減らしてしまうとは…
いや…まぁ、仕方ないですね。

精神的なダメージがあると、ダメダメになっちゃいますよね

さて…。

本来なら、参戦の翌日は雰囲気版を書いておきたいところなのですが…。
ダメージもありますし、写真もあまり変わり映えのしないものしか撮れていませんし…ということで、書く気力が湧きません。

写真を整理したり、文章を書いたりするって、やはりエネルギーが必要なんだと感じます。
そのエネルギーが…なかなか今の私にはないです。

そう言えば…。

B駐車場は、白線を引き直したんですね。
入口辺りは通路を狭くして、駐車スペースをより多く確保したみたいです。

そして、1台1台のスペースの幅が広がったようです。
だいたい白線1本分ちょっとくらいは、広がったように思います。

更にそう言えば…。

試合当日に到着した時に思ったのは、とにかく順調だったことです。

途中の道中も順調で、B駐車場へもすんなり入れました。
むしろ空き空きだったような…。

あれ…開幕戦って…こんな感じだったっけな?
と、いうくらいでした。

入場者数は2万に届きませんでしたし…ね。

でも、初お目見えの「ずわいがにたっぷりコロッケ」のお店は長蛇の列だったらしいです。
私は行ってないのですが、連れがどんなものか様子を伺ったところ、あまりの行列に断念したみたい。

皆様、初物には貪欲です

帰りの際には、ハットグを見つけました。(前からあったのかも。)
カシマスタジアム…なかなか敏感ですね。

これからもグルメスタジアムとして、進化していって欲しいです。

そして2/24(日)は、ソニー仙台との練習試合があったそうで。
45分×2本の形式で、3-1だったとか。

はぁ…そうですか…というくらいの感想です。

日刊スポーツには「黒星発進となったチームの流れを変える勝利を演出した。」とありますが…。

練習試合で、流れが変わるとは思えないのですが…
よっぽど、大爆発したなら別ですが。

「練習試合で勝ち点3を得ることはない」
そう思います。

もちろん勝つに越したことはないと思います。
でも、内容を伴ったものでなければ。

個人個人のアピールも必要でしょうけど、チーム戦術の確認もしっかりせねば。

それにしても、まさか開幕したばかりで、こんなにダークサイドに堕ちることになろうとは

浮上するには、勝利が必要です。
しかも、内容を伴った勝利が。
偶然の勝利くらいでは、堕ちた気持ちは浮上しないですね。

って、次の対戦相手は川崎Fでした。
前言撤回。
内容は伴わなくても、勝てば御の字ですね。

次の試合は、金曜夜。
最悪の週末を迎えることにならないよう、とにかく勝利が欲しいです。
大分戦で、鹿島の課題は浮き彫りになったと思います。
直ぐに改善出来るとは思いませんが、なんとか頑張って欲しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

あーっ、しまったぁぁぁっ!
鹿島神宮に、参拝するのを忘れてしまいました。
別の機会を見つけて参拝へ行かねば。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加