2016年05月

2016年05月31日

期待感増量中

うーん、抗癌剤TS-1を止めてから4日目ですが…。
まだまだダルいですし、吐き気や目眩もあります。

今日はコンビニで低いところにあるモノをとろうとして、一旦しゃがんで…、その後立ち上がったら目眩がクラっと来て、目の前が暗くなりました。
慌てて、膝に手をつく感じで目眩が治まるのを待って、事なきを得ました。

まぁ倒れるのにも慣れてきたので少々倒れても平気ですけど…、流石に公衆の面前で倒れると大事になってしまうので、本当に危なかった…。

さて…。
今週は代表ウィークに突入です。
金崎や昌子は合流したのでしょうか。

そんな金崎の事がスポニチに載っていました。
体調不良のことが書いてありました、「せきが止まらない症状が続き、一時は肺炎の直前の状態に陥った」とのこと。
そんなことになっていようとは…。

全力でプレイする金崎ですから、消耗も激ししいのかも知れません。
体調不良の影響か、甲府戦ではまだ万全のコンディションではないような印象を受けました。

代表戦では金崎にチャンスもあるでしょうから、全力でプレイしてくるんだと思います。
試合に出ることによって、むしろコンディションを上げて、代表から戻って来て欲しいです。

何にしても、金崎がいないと鹿島としては困るので、無理だけはしないで欲しいです。

コンディションと言えば…。
今季、柴崎はコンディションが何処か良くない印象がありました。
思えば、開幕直前に盲腸の手術をしてから、いきなり開幕戦で出場。
そしてそれから試合に出続けていましたし、コンディションを整える間もなかったのかも知れません。

ところが…。
甲府戦での柴崎は、今季の今までの柴崎とは違ったように見えました。
柴崎らしさが戻って来たように思います。

自身でゴールも奪いましたが、他の3得点にも柴崎が絡んでいます。
良い兆候です。

柴崎のコンディションが本来のモノなってくれば、鹿島は更に強くなるはずです。
鹿島の10番ですからね、期待しちゃいます。
甲府戦の柴崎を見ていると、その期待に十分に応えてくれるのではないかと思えます。
大丈夫でしょう。

聖真も2得点と結果を出しましたし、これを機にもっともっと出来るところを見せてもらいたいです。

昨日も書きましたけど、本当なら間を置かずに、このまま浦和戦を迎えたかったです。
が…、代表戦・ナビスコ杯が間にあります。

そう言えば、次のナビスコ杯…どうするんでしょう?

既にグループステージ敗退が決まっている状態ではありますが、中1週間空きます。
試合感を維持する為に、主力組も出場するかも知れませんね。
ただ、中途半端な気持ちで出場すると怪我などが怖いので、やるならしっかりとやって欲しいですけど。

何にしても難しいナビスコ杯となりそうです。

とは言え、サポとしてはしばらくは勝利の余韻に浸っていることにします。

選手達の調子も上がって来て、更に連係も良くなってきたように感じられた甲府戦でしたから、今後に期待せずにはいられません。
その期待にきっと応えてくれると信じていますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

本当に、このまま浦和戦を迎えたかった…。


mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月30日

2016 J1 1stステージ第14節 鹿島vs甲府戦

結果的には快勝。
4-0というスコア…文句なしです。

でも、正直甲府は消極的過ぎた…と、思います。
チーム事情もあるのかも知れませんが、あそこまでドン引きして被シュートもあれだけ多いと…勝ち点を拾うのは難しい気がします。

マズはメンバーを見て少し驚き。

GK:曽ヶ端
DF:伊東、ブエノ、昌子、山本脩斗
MF:柴崎、小笠原、康、カイオ
FW:聖真、金崎
SUB:川俣、青木、平戸、永木、杉本、鈴木優磨、ジネイ

西大伍がいません…。
中継では左太ももを痛めた…という感じのことを言っていたような気がします。
大きな怪我でないと良いですが…、浦和戦には戻って来て欲しいです。

試合は…。
うーん…、鹿島がもの凄く良かった…って訳では無いと思うんですよね。

甲府は、DFを5枚にして、ディフェンス時には全員が自陣に戻っていました。
そして、センターラインを少し超えたくらいの位置ではプレッシャーも掛けてこない。
しかも、かなり深い位置まで戻っていて、あそこまで深いとカウンターを狙うのも難しいのではないか…と、思うほどに深く引いていました。

いくらなんでも、あそこまで引いては…ゲームは一方的になります。
とにかく鹿島がボールを持って攻めまくる。
ドン引きされているので、スペースはないんですけど、あまりにも深い位置まで引いているので、カウンターにもなかなか行けない甲府。

だから鹿島はなんとかこじ開けようととにかく攻めまくる。
しかし、流石にあそこまで引かれると、そう簡単には得点出来ない。

前半、鹿島はシュートは撃つものの、決定機は2つくらいしかなかったと思います。

このまま前半は終わっちゃうのかな…と、思っていた前半終了間際に聖真が決めました。

前半47分。
左サイドでパス交換しながら、カイオが斜め45度にドリブルして、ペナルティエリア左角の少し内側へと侵入。
カイオは3人に囲まれながらも、右横近くにいた聖真にボールを出します。
聖真にはマークが1人着いていたので、ダイレクトで後ろへ戻します。
戻した先には柴崎。
柴崎はそれをダイレクトに、聖真の少し右へと出して、聖真は前を向いた姿勢でマークも外れ、フリーの状態でシュート。
ボールはファーのネットの角を揺らし、聖真は美しいゴールを決めました。

良い時間帯に得点が出来ました。
鹿島先制で1-0。

正直、このゴールが決まるまでは甲府の望んでいた展開だったのかも知れません。(それにしても守備的過ぎたと思いますけど。)
それを聖真が打ち破ってくれました。

この得点の直後に前半終了。
前半のシュート数は、鹿島10本、甲府3本。
シュート数だけ見ても、鹿島が攻めていたことが分かると思います。

そして、後半開始直後にまたしても聖真が決めます。

後半2分。
カイオが金崎とのワン・ツーで中央からペナルティエリアへ侵入しようとしたボールが一旦土屋に当たり、更にそれがカイオに当たって、こぼれます。
そのこぼれたボールに、ペナルティアークの右隅辺りで、聖真がダイレクトに巻くようなシュート。

これがまたしてもファーの角のネットを揺らし、鹿島追加点で2-0。
まるで康の遠藤ゾーンからのシュートを見ているようなシュートでした。
康のモノよりは低い弾道でしたけど。

後半開始早々とこれまた良い時間帯に、後半1本目のシュートで追加点を獲れました。
これでかなり楽になったことは間違いないです。

そして、また直ぐに鹿島は得点します。

後半6分。
甲府陣内深い位置で、鹿島から見て右サイド。
ビリー・セレスキーが後ろへ戻したボールを金崎がカットし、そのままドリブル。
金崎は3人の選手を引きつけて、ペナルティエリアの直前に左横へとパスを出します。
すると、フリーで突っ込んできた柴崎が、ペナルティアーク右端手前でボールをトラップ。
ボールは縦へと流れて、そのままの勢いで走る柴崎がペナルティスポット右横からシュート。
ゴール右へと綺麗にコントロールされたボールは、コロコロと転がってゴール。

後半2本目のシュートで、更なる追加点で3-0。
これで、勝敗はほぼ決したと思います。

後半9分に、鹿島は小笠原に代えて永木投入。
後半24分には、康に代えて優磨投入。

とにかく後半も、甲府はシュートまで持って行けない、そして被シュート数も多い。
狙いが良く分かりませんでした。

そして、鹿島に更なる追加点。

後半28分。
右サイドでセンターラインを8mくらい超えた位置から柴崎が一気に縦へと浮いたボールを出します。
ペナルティエリアのサイドラインの僅かに外で、伊東と競っていた田中佑昌が頭でペナルティエリアの中へとボールを入れてしまいます。
伊東が、そのボールへと詰めていきます。
そして、伊東はゴールエリア右角の外でボールをちょんと浮かせて、ゴールエリア中央にいた金崎が合わせてゴールのど真ん中に決めました。

鹿島完全なるトドメとなる4点目、4-0。

田中佑昌のミスだと思います。きっちりとクリアしていれば良かったのに、伊東へのパスとなってしまいました。

あれだけリトリートして、ミスもあるとなると甲府は本当に厳しいと思います。

結局、4-0で試合は終了。
シュート数は、鹿島21本、甲府5本。

甲府はリトリートするにしても、深い位置まで引き過ぎだったと思います。
カウンターに持ちこむことさえ難しかったと思います。
そして、被シュート数が多過ぎます。

正直、鹿島がもの凄く良かったとは思っていません。
普通に良かったです。

リトリートする相手からしっかりと大量得点出来ましたし、決めるところをキッチリと決められたのは良かったと思います。

甲府は厳しいですね…リトリートするにしても、もう少しカウンター狙いを徹底するとかしないと…。

何にしても、しっかりとココを勝てたのは、鹿島にとっては大きかったと思います。

今節、2試合消化試合の少ない浦和はスコアレスドローで、鹿島と勝ち点差を3とすることが出来ました。

これで、鹿島が浦和との直接対決で勝ったとすると、残り試合を鹿島・浦和が共に全勝したと場合、勝ち点では並び、得失点差の勝負となります。
浦和は今後も過密日程が続くことを考えると、次の直接対決で鹿島が勝利すれば、浦和を上回ることは十分に可能だと思います。

川崎は、最後の最後の後半43分にオウンゴールで1-0で勝利したようです。
川崎もしぶといですね。

ここからは我慢比べ。
マズは次の浦和との直接対決でしっかり勝ち点3を勝ちとり、残り3戦3連勝といきましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

間にナビスコ杯と代表ウィークがあるのが、ちょっと難しいですね。
このままの勢いで浦和戦を迎えたかったです。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
観戦の感想-2016 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月29日

甲府戦迫る

昨日に引き続き、やっぱりお腹の調子が悪い…。
食べているものはいつもと同じなのになぁ…。 

でも、お腹はそのうち治るでしょう。

ダルいのは、まだ引き続きダルい…ですね。
回復にはもう少し時間が必要でしょう、いつもの感じだと。

何にしても、不健康であることに変わりはないですね。

さて…。
トゥーロン国際大会、日本は1勝3敗でグループステージ敗退となりました。
世界の壁は高い…ということでしょうか。
この結果や試合内容を見る限り、OA枠を使うことになると思います。

明らかにオフェンスは迫力不足です。
それに毎試合失点もしてしまいました。

守備陣は怪我人も続出していますから、難しいですね。

日刊スポーツには、植田のコメントが載っていました。
「こんなんじゃ五輪では戦えないと思う」
偽らざる正直な気持ちでしょうね。

トゥーロン国際大会での経験で、植田の気持ちは更に強くなる気がします。
そして、リオ五輪でもより一層頑張ってもらいたいです。

その植田は中1日で4試合出突っ張りでしたし、移動もあるでしょうから、甲府戦には流石に無理ですね。

となると甲府戦、CBは昌子とブエノでしょうか。
このCBコンビ、ナビスコ杯湘南戦では散々でしたが、Jリーグ名古屋戦では良いところも見せてくれました。

甲府戦、果たしてどちらに転ぶか、怖さはありますが、試合を積み重ねることで良化していくと信じていますよ。

怪我人も戻ってくるようですから、2列目やFWの組み合わせもイロイロと考えることが出来るようになってきますよね。
優磨は正直FWの選手だと思うので、2列目で使うのはもったいない気がします。
反対に聖真は2列目の方が良さそうな気がしています。

カイオは…、良い時のカイオと悪い時のカイオがあるので、使い方が難しいですね。
チームプレイを意識してくれれば良いのですけど。

などなど、スタメンはイロイロ考えると難しそうですが、とにかく勝つ為のメンバーを選んでもらいたいです。

対戦する甲府は、何気に対戦成績は良くない印象があります。
実際、メンバーを入れ替えたとはいえ、ナビスコ杯では負けてますし。

クリスティアーノをしっかり抑え、ガッチリ守ってくる甲府ディフェンスをどう崩すか。

鹿島目線で見ると、ディフェンス面ではそんなに心配はしていないんです。

問題はオフェンス…かな…と。
金崎頼りにならずに、連係プレイで崩せるかどうか。
崩せないなら、金崎頼りで行くか、もしくはセットプレイで点を獲ることが出来るかどうか。

何でも良いから勝って欲しいです。
勝って、上位陣にプレッシャーを掛けねばなりません。
頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

あぁ、まだ吐き気がする…

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月28日

まだ少し時間がある…な

抗癌剤TS-1の服薬は終わったので、体調は…。
って、急には良くならないのです。
吐き気もありますし、しんどいのです。

今日は夜になって何故か腹痛が寄せては返す波のように…という感じで、痛くなったり痛くなくなったり…。
うむぅ、本当に不健康の塊だなぁ…。

まぁ、時間を掛ければ回復してくるでしょう。

今週はナビスコ杯がミッドウィークにあったので、次の試合は5/29(日)ですね。
それまでどうしよう…。

って、5/27(金)深夜には、またしてもトゥーロン国際大会がありますね。
トゥーロン国際大会は中1日の厳しい日程ですが、植田は出突っ張りなので、そろそろ休ませて欲しいような気もします。
怪我をしては元も子もないので…。

でも、植田が出なかったら…観る意欲が半減するかも知れませんけど。
そこは櫛引に頑張ってもらいましょうか。

ところで…。
スポニチによると、五輪代表のOA枠…金崎の名前がリストアップされているとのことです。
まぁ、以前から噂はありましたが…。

正直困ります。
金崎がいないと、鹿島の得点源が…。
今の鹿島は、金崎に頼るしかない状況ですからね、本当に困りますよ。
ぜひ、ココは断固拒否でお願いします。

本当は快く送り出してあげたいんですけどね…。
でも、今の鹿島の状況では、ちょっと厳しいです。
今季は五輪中もJはありますしね。

ま、OA枠の話は置いておいて…。

鹿島は1stステージ負けられない…どころか引き分けさえも許されない状況です。

次の相手は甲府。
今の鹿島は、相手がドコであっても簡単には勝たせてもらえないでしょうから、頑張るしかないです。

幸いにも康や充孝やファン・ソッコも練習には合流しているようですから、スタメンもあるかも知れませんね。
怪我人が戻ってくることで、鹿島の調子が上向きになってくれれば良いのですが。

とにかく勝つしかないです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

1stステージの残り4つ、全部勝ちたいっ!

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月27日

楽しませてもらいたい

今日は抗癌剤TS-1の12クール目の14日目でした。
最終日です。

とにかくダルいのはいつもと同じですが、吐き気は強めです。
今日はお昼頃から吐き気がしていました。
そう言えばここ数日、妙に咳も出るんですよね、ちょっと気になります。

そして、通院して血液検査をしてきましたが、例によって白血球は減っているみたいですが、いつもほどではないらしいです。

まぁ、何にしてもしんどいには違いないんですけどね。
あとは回復がどれくらいかかるかですね…。

また間をおいて、血液検査をすることになりました。

ところで…。
最近ちょっとツボなのは、バファローズポンタ(Twitterをリンクします。)の動向です。
野球のバファローズの勝敗に一喜一憂する姿を見ることが出来ます。
基本的に試合前と試合後にツイートしているみたいなのですが、その浮き沈み具合がなかなか良いのです。

別にバファローズが好きな訳では無いのですが、「サポと変わんないなぁ~」と共感出来る部分はあるっちゃあ、あるので、他人事なりに楽しんでいます。

さて…。
次の代表戦に向けて、鹿島からは昌子と金崎が招集されました。

次の代表戦はキリンカップのようです。
日本、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、デンマークの4ヶ国がトーナメント方式で対戦するんですね。(総当たりのリーグ戦ではない。)
3位決定戦もあるようですから、確実に2試合は戦うということになります。

日程的には、6/3(金)19:40キックオフ、6/7(金)19:30キックオフのようで、テレ朝系で放送があります。

たぶん、多くのメンバーを試すでしょうから、昌子・金崎にも出番はあると思います。

鹿島としては間の6/5(日)のナビスコ杯大宮戦がありますが、ココはまた若手主体で戦うでしょうから、昌子・金崎には存分に代表でアピールして来てもらいたいです。

怪我だけはしないでね…。

しかし、トゥーロンがあってナビスコ杯もあってで、大変だと言っていましたが、更にキリンカップもあるので、なかなか忙しいですね。

まぁ、サッカーのある日常、鹿島のある日常を楽しめることは幸せなことではあるのですけどね。
鹿島にも、代表(鹿島の選手専門)にも、楽しませてもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

私、唾液が出ないので…、焼き海苔が口の中で全く溶けない…パリパリのまま…。
これはこれで困った…うむむ


mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加