2015年09月

2015年09月30日

気落ちしつつ、立て直しつつ

今日は抗癌剤TS-1の6クール目の5日目。

今日も吐き気が…。
今朝、少し戻しました。

お腹に何かを入れると、吐いちゃう感じで…。
困ったものです。

晩御飯後にこのブログを書いていますが、しゃっくりが出始めました。
危険なサインです。

本当に困ったものです。

ちょっと脱線します。

以前、弘前城天守を持ち上げて移動させる、という話を書きましたが…。
一般公募などで選ばれた方々が、天守を綱で引っ張る「曳屋ウィーク」という企画があったらしいです。
Yahoo!ニュースに載っていました。

これは貴重な体験ですねぇ…。
元気だったら、私も参加してみたかったです。
って、そもそもそんなイベントがあるって事前に知りませんでしたけど。

現存天守を引っ張って移動させるなんて、一生に一度あるかないか…ですよねぇ。

そして、ブログ「鹿じい日記~アントラーズと釣りの旅~」さんの記事を見てビックリしました。

旅客機のコックピットの窓って、開くんですね?
あの手の物は、新幹線の窓と一緒で、固定されているものだとばかり思っていました。
写真を見ると、整備などではなく、ボーディングブリッジに繋いだ状態ですから、普通に開くってことですよねぇ。
それで、空飛んでも大丈夫なんですね。

良く考えてみれば、戦闘機のコックピットも開閉式なんですから、まぁ大丈夫なんでしょうね。
(開閉方向が違うので一緒にして良いのか分かりませんけど。)

コックピットの窓が開いているのは初めて見ました。
乗り物好きの端くれとしては、ビックリしました。(でも、飛行機への興味は鉄道ほどでは無いのですけど。)
そして勉強になりました。


ところで…。
鹿島ネタ…ないんですよねぇ。

気落ちすると同時に、まだまだ諦めるものか、という気持ちが共存しています。
逆に言えば、諦める気持ちはサラサラないですが、敗戦はやっぱりダメージということで…。

勝っていれば、全然違う気持ちでいられたと思います。

そろそろ監督交代の劇薬の効果も薄れてくる頃ですよね。
本当の鹿島の力が試されるのが、これからだと思います。

個人的には2シーズン制には反対ですが、今季はタイトルへの可能性という意味では2シーズン制のルールを上手く利用するしかないです。
2ndシーズンを制覇すれば、チャンピオンシップへ出場出来る訳ですから、それを目指すしかないです。

年間では3位のFC東京と勝ち点差9開いていますから、残り5試合では追い越すことは難しいと思います。
チャンピオンシップへの進出は、2ndステージ制覇しか手段がない、というのが現実だと思います。

となれば、5連勝しかないですね。
10月は間にナビスコ杯や天皇杯を挟んで難しい部分もあると思いますが、勝ち続けるしかないです。

というか、もう5試合しかないんですねぇ、リーグ戦は。
早いものですね。
(チャンピオンシップがある為に、より過密な日程になっている気もします。)

スタジアムへ行けない日々は、あっという間に過ぎている気がします。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

あぁ、こんな状態なのに、来週健康診断があるんです…。
いや、健康じゃないんですけど…
服薬期間に血液検査なんてしたら、どうなっちゃんだろう…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき | ブログ交流
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月29日

全部勝つしかない

今日は抗癌剤TS-1の6クール目の4日目。

朝から、しゃっくりが出て変だなぁ…と思っていたら、吐き気が…。
ちょっと戻してしまいました。

それで今日も仕事を休んでしまいました。

その後も吐き気が強くて困っちゃいました。

吐き気止めを追加で飲んで、副作用で眠くなって爆睡…。
今、貰っている吐き気止めは1日1回の服用なのですが、副作用で眠気が強く出るので、夜寝る前に飲むようにしています。
それを午前中に追加で飲んだので、もう爆睡です。3~4時間くらいでしたけど。

本当に、思う通りになかなかいかないなぁ…と、ストレスを感じています。

さて…。
鹿島は…。
今週末から連戦が始まります。

神戸との3連戦、天皇杯水戸戦、そしてJリーグ柏戦と、5連戦が中2~3日で続きます。

神戸との3連戦は、Jリーグ戦とナビスコ杯の2試合が続くものですが、ノエビア・ユニバ・カシマと全部違うスタジアムで行われます。珍しいですね。

ノエビアは以前観た時は、かなり芝が傷んでいたようでしたが、今はどうなんでしょう。
今年は芝の育成には厳しい気候だったのかも知れません。

まぁ、それはそれとして…。

もう負けられないです。
残り、全部勝つしかないです。

リーグ戦は、残り全部勝たなければ、ステージ制覇はないと思います。
全部勝っても、制覇できるかどうかは微妙な感がありますが、有り得ない数字ではないと思います。

ナビスコ杯準決勝は2試合トータルで勝てば良いのですが、最初からそんな計算をして勝ち抜けられる訳でもないですから、決勝を含め、残り3試合全部勝つしかないでしょう。

天皇杯も獲る為には、当然全部勝つしかありません。

結局のところ…
残された試合を全部勝つ。

それが今の鹿島がすべきことだと思います。

浦和戦、負けてしまいましたが、またここから仕切り直しです。
あれだけ攻めることが出来たのですから、少しずつでも精度を高めていけば、得点力も上がるはず…。(希望的観測ですが…。)

まだまだ諦められません。
これから勝ち続け、タイトルを獲って、皆で喜びたいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

それにしても、私の将来はどうなっちゃうのか…。本当に不安だらけです。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月28日

凹む1日

今日は抗癌剤TS-1の6クール目の3日目。
日に日に、吐き気が強くなっている気がします。

ただ昼間はまだ吐き気止めが効いているのか、そんなにでもないです。
夜食後に段々吐き気が強くなっている気がします。

そして、今日はダークサイドに堕ちる日でした。
私…、この1ヶ月まともに仕事に行けていません。

前回のクールの休薬期間に入った途端に、やたらと発熱したり、体調を崩しました。
立ち眩みもありました。

すっかり外にも出ずに、部屋の中でダウンしっぱなしです。
そして今日は、自分の将来が不安になりました。

再発・転移も怖いです。
普通に食事などの生活が出来ないこと、普通に仕事出来ないこと。
それらが、どうにも私を不安にさせました。

この先、どうやって生きていくのか、生きていくことが出来るのか。
去年あのまま死んでいた方が良かったんじゃないか…。

そんなことまで思ってしまいました。

最近芸能人の方で、私と同世代の方もどんどん癌という病気になっています。
そういう話を聞くと、癌に負けないで欲しいと思うと同時に、怖いと感じます。不安になります。

私は、この先どうなってしまうんだろう…。

そんな不安に苛まれる日でした。
本当に、不安だらけです。
私は、これからどうなっちゃうんだろう。


そんなこんな凹んでいる私ですが…。
鹿島負けちゃいました…、更にガックリです。

強い時の鹿島は、ことごとく勝負所という試合をモノにしてきたと思います。
それが今年も勝負所を落としてしまっています。
まだ、今の鹿島には本物の力がない、ということなのでしょうか。

でも、まだ可能性がなくなった訳でも、シーズンが終わった訳でもありません。
ただ、ひたすらに、鹿島が出来ることは全部やって、天命を待つしかないです。

Jリーグは残り5試合となりました。
全部勝ちましょう。
全部勝つしかないです。

そして、ナビスコ杯・天皇杯も残っています。
全部勝ちましょう。
全部勝つしかないです。

そう、残り全部勝つしかないんです。
全部勝って、笑ってシーズンを終わりたいです。

頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

とにかく勝ちたいのです。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月27日

2015 J1 2ndステージ第12節 鹿島vs浦和戦(超簡略版)

あぁ、負けてしまいましたね。
今日は、抗癌剤TS-1の6クール目の2日目。

昨日より強めの吐き気があります。でも、いつもの吐き気よりは弱いと思いますけど。
しかし、こんなに直ぐに吐き気がくるものなんですねぇ。

鹿島が負けてしまったので、更にダメージを感じているのかも知れません。

良いゲームだったと思います。
良いゲームが出来ていたと思います。
シュートもたくさん撃って、枠にも飛んでいたと思います。

でも、結果が全てです。
負けてしまいました。

勝負所で勝てませんねぇ…。
厳しいです。

ホーム鹿島のメンバー。
GK:曽ヶ端
DF:西大伍、昌子、青木、山本脩斗
MF:柴崎、小笠原、康、カイオ
FW:金崎、ダヴィ
SUB:昭大、植田、山村、充孝、聖真、赤﨑、鈴木優磨

アウェイ浦和のメンバー。
GK:西川
DF:森脇、槙野、宇賀神
MF:関根、柏木、阿部、梅崎、高木俊幸、武藤
FW:興梠
SUB:大谷、永田、平川、青木拓矢、橋本和、李忠成、ズラタン

前半3分。
エリア左サイドのカイオからのグラウンダーのマイナスのクロスに、ペナルティスポット付近から康のダイレクトシュートは、綺麗にネットを揺らしました。

ファーストシュートで鹿島先制、1-0。

前半6分。
ペナルティエリアの右サイド(鹿島から見て)から宇賀神からのクロスに、高木俊幸がダイレクトシュート。

浦和もファーストシュートで同点、1-1。
鹿島の先制をそのまま見ているような感じで、崩されてしまいました。

前半9分。
浦和陣内中央、ペナルティエリアから12~3mくらいの位置から、ふわっとした柴崎のFK。
こぼれたところをから、山本脩斗?が押し込みゴールネットを揺らすも、直前のプレイで笛が鳴っていてノーゴール。

前半20分。
ダヴィが裏に抜け、戻ってスライディングした阿部も交わし、1対1になるも、距離を詰めてきた西川の脚に防がれる。

前半23分。
鹿島、左からの康のCK。
こぼれた球を、ゴールエリア内で倒れていた昌子が押し込むも、オフサイド。

前半29分。
ペナルティエリア右角手前5mくらいの位置から康の入れたボールを、ファーでダヴィがヘディングするも、ネットの上。

前半34分。
一度失ったボールをエリア手前で金崎が取り返して、ダヴィのシュートはDFに当たってゴールラインを割る。

前半43分。
金崎が斜めに走ってエリア内で受けマイナスに出して、エリア外からダヴィのシュートはポストの右。

前半のアディショナルタイムは2分。

前半46分。
西川のキックを、鹿島陣内で西大伍が頭で前へ、更に浦和陣内でダヴィが頭で前へ。
金崎がエリア手前12~3mくらいの位置から抜けて、ペナルティエリア内斜め45度のシュートも西川がセーブ。

そして、1-1のまま前半終了。
前半終了時のシュート数は、鹿島11本、浦和3本。

前半は、浦和のトラップミスやパスミスを鹿島が上手く拾っていた印象です。
それほど球際が激しかった訳では無いですが、トラップミスなどを拾って、チャンスに繋げていたと思います。

GKが西川でなかったら、もっと点が入っていたかも知れません。


後半開始時、浦和は2枚代え。
梅崎・高木俊幸に代えて、ズラタン・青木拓矢を投入。

後半11分。
鹿島、左サイドの深い位置からの柴崎のFK。
ゴールエリア中央での金崎のヘディングは、バー直撃。

後半15分。
浦和のカウンターで縦に出てきたパスをズラタンがシュートするも、ポストの右(鹿島から見て)。

後半の序盤は変えてきた浦和を捕まえられない感じがしましたが、この時間くらいから徐々に鹿島も攻撃が出来るようになって来ました。

前半17分。
鹿島陣内、センターサークル右から柴崎のロングフィードを、エリア手前でカイオが受け、エリア内に侵入するも森脇にクリアされる。

後半18分。
鹿島左からの康のCK。
ファーで昌子がヘディングするもバーの上。 

後半21分。
山本脩斗が左サイドで粘って、エリア内へ侵入し、マイナスのクロス。
康が飛び込んで来て合わせるもポストの右へ。 

後半27分。
鹿島の右サイド深い位置から宇賀神がクロスが入れます。
ニアで昌子と曽ヶ端が重なる感じで、昌子がジャンプした後ろの曽ヶ端が両手でキャッチにいったものの前に落とす。
そのボールがゴールエリア内で立っていた興梠の前へ。
興梠は直接シュートしゴール。

浦和逆転1-2。

昌子が飛ばなかったら曽ヶ端がキャッチ出来ていたのか、はたまた単に曽ヶ端のファンブルなのか…。
何れにせよ、ミス…と言っても良いと思います。
昌子は声が聞こえなかったのかも知れませんけど…。

何にしてももったいないです。

後半29分。
金崎のミドルシュートを西川がセーブ。
鹿島から見て、ポストの左へとゴールライン上をコロコロと転がるボールを西川が触って残そうとしたところをダヴィが奪って、ゴールラインに沿うようなシュート。
しかし、ポストの右へと外れて行きました。

後半32分。
浦和、興梠に代えて、李忠成投入。

後半35分。
鹿島左から康のCK。
カイオがボレーするも、西川セーブ。

後半36分。
エリア手前7~8mくらいの位置から青木拓矢のクロス。
ゴールエリア右角(鹿島から見て)からの武藤のヘディングシュートはネットを揺らすもオフサイド。

後半38分。
鹿島、ダヴィに代えて鈴木優磨投入。 

後半41分。
鹿島、康に代えて、聖真投入。

後半45分。
左サイド深い位置でスライディングした森脇?を交わし、抜けた金崎はエリア内ゴールライン際からクロスを入れるも、西川脚でセーブ。

後半のアディショナルタイムは5分。

後半47分。
鹿島、左からの柴崎のCKを、山本脩斗がなんとか当てて、ゴールエリア内の西大伍がヘディングで合わせるも、西川指先でセーブ。

そして、タイムアップ。
試合終了後のシュート数は、鹿島27本、浦和10本。

一番最初にも書きましたが、良いゲームが出来ていたと思います。
しかし、負けてしまいました。

1つのミスで負けた…のかも知れません。
相手のGKが西川でなかったら勝てたのかも知れません。
まぁ、タラレバですね。

ただ、今日も交代枠を残しています。

最近交代枠を残すことが多いですが、負けている展開ですし、もっと早くカードを切るべきだと思います。
浦和が早くから手を打ってきたのとは対照的だったと思います。

鈴木優磨や聖真を途中で投入しましたが、あまりにも遅い時間だった気がします、
もっと時間を与えてあげたかったです。

そして、大切な勝負所の試合を落としてしまいました。
今日も2ndステージ首位の広島は大量得点で勝っています。

得失点差で広島を上回るのは難しいそうです。
ということは、残り5節で広島が2つ落すか1分1敗してくれないと、鹿島が全部勝っても勝ち点で上回れません。
直接対決も残されていませんし、かなり厳しくなったことは事実です。

それでも、残り全部勝って、天命を待つしかありません。
頑張りましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

しかし、この敗戦は痛いです。
良いゲームが出来ていただけに痛いです。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラ
観戦の感想-2015 | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月26日

ただただ勝利を

今日から抗癌剤TS-1の6クール目が始まりました。
なんと早いことに、微妙に吐き気があります。
こんなに直ぐに吐き気が出てくるとは…。
抗癌剤、恐るべしです。

さて…。
まずは、このスポニチの記事から。
大東さんが、日本スポーツ振興センター(JSC)の理事長に就任することが決まった様子です。
大変な時に就任することになって大変ですね…これは。
頑張ってもらいたいです。

そして、何故か大江戸線の六本木駅が「進撃の鹿島」になっている模様。
何故に六本木駅なんだ?
と、思いつつも、こういうことを鹿島がするのも珍しいですねぇ。
もっと、鹿島鹿島したモノの方が、アピール度が高いような気もしますけど…、でもアピールになれば良いですね。

更には、浦和戦に2代目のJリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんが来場するらしいです。
何故に10番のユニなんだろうかと思ったら、他のスタジアムにも10番で来場しているみたいですね。
あだっちぃーは、今やTVで良く観るようになりましたけど、佐藤美希さんもメジャーになって行くんでしょうか。
Jリーグ女子マネージャーがメジャーになるステップとして定着すれば良いですね。

ということで、浦和戦です。
現段階で2万9千枚超のチケットが売れている様子で、これは凄い人出になりそうですね。
人混みが苦手な私には、元気な状態でも無理そう…そんな印象です。

まぁ、それは置いといて。
ここが分水嶺になりそうな気がします。
ここを乗り切れれば、後は一気に行ける気がします。
そういう大切な試合だと思います。

こういう試合こそ結果です。

我慢が必要な試合になりそうな気もします。
我慢するところはしっかり我慢して、チャンスが来たらしっかりと仕留めたいです。

鹿島らしさがどれだけ出せるか。
鹿島らしく戦うことが出来れば、勝ち点は自然と転がってくると思います。

何よりホームですからね。
しっかりと勝って欲しいです。

ココを乗り切って、次へと繋げましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

欲しいのは勝ち点3。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラ
試合ですよ | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加