2015年04月

2015年04月30日

2015 J1 1stステージ第8節 仙台vs鹿島戦(超簡略版)

うーん、残念。
完封目前で失点してしまいました。

今季、無失点試合は未だなく、開幕8試合連続失点とクラブワーストを更新してしまいました。
勝つには勝ちましたが、もったいない失点です。

でも勝利です。
サッカーをするには、ちょっと暑そうな感じに見えたユアスタでしたが、選手たちは良く頑張ったと思います。

前半は、完全に仙台ペースでした。
ボゼッションは圧倒的に仙台。
鹿島は、そもそもボールを持つ時間が少なかったです。

その中で、鹿島はロングボールを出すことが多くて、でもそれは繋がらない、拾えない。
回数が少ないものの柴崎が前に顔を出すとチャンスになっていましたが、柴崎から先へ繋がらない。

スカパー!のカウントでは、鹿島の最初のシュートは前半30分過ぎです。
(私はそれ以前の直接FKとかあったと思っていますけど。)

仙台の決定機は数は多くないですが、観ていて不安にはなる感じでした。
曽ヶ端が良く対応したものや、リャン・ヨンギの直接FKはポストに嫌われたり…、。

守備時の帰陣が速いとは言えず…、ブロックを作っていた訳でもなく、マンマーク気味?
西大伍が野沢に引っ張られて中に入ってくるシーンが多かったような感じでした。

攻めることはほぼ出来なくて、守勢に回って厳しい前半でした。

それでも、先制は鹿島でした。

前半43分。
鹿島の右からのCK。
柴崎のキックは、エリア内に入って急速に落ちてくる感じでした。
エリア中央にいた昌子は、両足を広げて落ちてくるボールに上半身を折って頭を前に出す感じで合わせました。
ボールは、左角に綺麗に2バウントで突き刺さりました。

内容は完全に仙台でしたが、何故か先制した鹿島、これで0-1。

こういうのって、鹿島らしい気がするんですよね。
内容は伴っていなくても、何故か勝つのが、強い時の鹿島だったと思います。

そのまま前半は終了。

前半終了時にスカパー!の集計のシュート数は、両チームとも4本でしたが、ハーフタイムに出た公式スタッツでは、仙台6本、鹿島7本でした。

後半は…。
何故か鹿島がボールを持てるようになります。
前半が嘘のよう。

しかし、高崎の1トップでは、収まらないんですよね、ボールが。
正直、まだ高崎はフィットしていないです。

後半23分。
鹿島は、ファン・ソッコに代えて青木を投入。
ファン・ソッコは1枚イエローを貰っていたので、その対策と思われます。
次節ファン・ソッコは出場停止です。

その後直ぐに、鹿島にチャンスが生まれます。

後半23分。
鹿島の左サイド、センターラインから5mくらい前で、カイオをボールを奪います。
そして、仙台の選手が前にいたのですが、ちょんとボールを選手の右へ出し、カイオは左を回って、一人抜きます。
そこで、空いたスペースへ右斜め45度に進むカイオ、そのままエリア内に侵入。
そして、そのまま更にマークにくる仙台の選手を一人交わしつつ、その斜め45度の角度から、ゴールエリア手前の位置で、シュート。

ボールは、右角に綺麗に突き刺さって、鹿島追加点で2-0。

カイオの個人技で追加点。
これで、少し楽にゲームを進めることが出来るようになりました。

その後も、ボールを持つ時間は鹿島の方が多かったです。
数は多くはないですが、チャンスも作れていました。

後半35分。
鹿島、高崎に代えて梅鉢投入。
梅鉢がボランチに入って、柴崎がトップ下、聖真がトップの位置に入りました。

後半39分。
鹿島、康に代えて赤﨑投入。
赤﨑がトップで、聖真が左、カイオが右になった模様。

もう少しで今季初の無失点か…と思っていたのですが…。

後半47分。
鹿島の右サイド、ゴールラインから18mくらいの位置から仙台のスローイン。
ペナルティエリアの右横のライン上で、小笠原がクリアしようとしたボールは高く上がり、ペナルティアークの右横くらいの位置へ。
そこへ仙台の選手が来て、頭で中へ入れます。
そのボールがエリア内の梅鉢の右肩へ当たって、ゴール方向へ転がってしまいます。
そこへ斜めに走って来た金園が後ろ向きでトラップして、反転してシュートし、ゴール。

梅鉢はちょっとハンド臭かったです。
試合に入れていないという感じもありました、ムラがありますね。
せっかく最近は良いところを見せてくれていたのになぁ。
次から、また頑張って欲しいです。

結局、この試合でも無失点ならず…、1-2。

それでも、なんとかそのまま終わって、勝利をあげることが出来ました。

終わってみれば、両チームのシュート数はトータル14本ずつ。
鹿島は前半も7本でしたから、後半ボールを持てたからといって、それほどシュートを撃ったという訳でもなさそうです。

前半はセットプレイから、後半はカイオの個人技から…という得点ですから、そんなに鹿島が良かった訳ではないと思います。

それでも点が獲れる時は獲れちゃうんですよね。
ということで、結果は出来ましたから、マズは勝利を喜びたいと思います。

しかし、最後の失点はもったいなかったです。
ミスだと思うんですよね、あの失点は。
ミスからの失点が多くて、今季未だに無失点はなし。
厳しいです。

今度は中2日ですから、ますます厳しいです。
せめて、少し気温が下がってくれればなぁ…と思ってしまいます。

もったいない失点で、ちょっと喜びが減った気はしますが、勝ちは勝ち。
次こそ無失点で勝ちましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

新幹線が止まってしまったようですが、遠征の皆様は、無事ユアスタにたどり着き、無事ご帰宅されましたでしょうか…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
観戦の感想-2015 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月29日

とにかく勝とう

うーん、何にもしないうちに時間は過ぎ…。
いつの間にか4/29(水)となってしまった。
そんな感じがします。

そう、もう試合の日なのです。
早いです、早過ぎます。
休む間もない…まさにそんな感じです。

これは選手たちも大変ですね、身体がしんどそうです。
頭の疲労も絶対ありますね、サポですら、そう感じるのですもの。

しかし…本当に早い。

対戦相手の仙台と言えば、なにかと鹿島に縁のあるクラブ。
ユアスタはカシマスタジアムを参考に作られた…とか。
鹿島に所属していた選手が仙台に所属していたり。

今で言えば、あの変態・野沢でしょうか。
あの変態プレイが観られるのは楽しみではありますが、鹿島戦では大人しく脚を止めていて欲しいです。
FKなど蹴らせたくないですね。

仙台は連敗していますから、これ以上の連敗は嫌でしょうね。
鹿島も前節敗戦していますから、負けたくないです。

首位との勝ち点差9を縮めねばなりません。
残り10節ですから、厳しい状況ですが、頑張らねば。

鹿島は既に3敗してます。これ以上の敗戦は厳しいです。
1stステージを考えただけでなく、年間ペースでもこれ以上の負けは避けたいです。

貪欲に勝利を目指しましょう。

試合はユアスタで行われます。
お休みの日ですし、ユアスタなら東京から直ぐですね。
東北新幹線と地下鉄で直ぐです。
首都圏のサポさんからすると、下手すると、カシマスタジアムよりアクセスは良いかも知れません。
たくさんの鹿島サポさんが、選手たちの後押しをしてくれると思います。

私は行けませんが、TVの前で、邪念も交えつつ強力な念を送りたいと思います。
(行きたいなぁ…スタジアムへ。)

勝ち点3を掴みとりましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

勝利こそ、疲労回復の一番の薬だと思います。
選手にとっても、サポにとっても。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
試合ですよ │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月28日

執念を

突然の暑さです。
でも、風があったので日陰ではそこそこちょうど良いか涼しいくらいでした。
陽が落ちれば、そこそこ涼しいです。

この寒暖の差というのか急激な変化には、20kgも痩せた身体ではついていけません。
暖かいのか寒いのか、もう訳分かりません。
身体の感じ方も変わっている気がします。

そして、今日もパンやお粥を食べてみました。
食べられることは食べられるのですが、昨日より飲み込みが難しい…というのか、何だか変な感じ。
パンはコーヒーを含んでも、なかなか飲み込めなくて。

それでも、時間はかなり掛かりましたけど、最終的には飲み込めたのでOKです。
まだ練習が必要なんだと思うことにしておきます。


さて、そんな1日でしたが…。

気分は浮きません。
まだあの負けを引きずっています。
鹿島が負ければ、悔しいのです。

この気持ちを払拭するには勝利しかないのです。
まだ中3日、中2日、中2日という過密日程が続きます。

次はアウェイですから、中3日とはいえ移動日も含めるともっと少ないイメージですよね。
立て直す時間もないくらいかも知れませんが、頑張って欲しいです。
鹿島サポは諦めが悪いですから、ココから巻き返す気満々なのです。

連戦で選手たちは身体だけでなく、心の疲労度も大変なものだと思います。
そんな時だからこそ、何としてでも勝利を掴みとって、勝利の波に乗って行きたいです。

連戦の最後にはACLも待っています。
絶対に勝たねばならない戦いへ向けて、良いチーム状態にしていきたいです。

Jリーグでは首位との勝ち点差は9と開いてしまいました。
1stステージは残り10節ですから、これ以上開いてはいけません。
むしろ、ココから怒涛の勢いで差を詰めていきたいところです。

その勢いを生む為には、気持ちなんだと思います。
精神論になってしまいますが、身体を突き動かすのは気持ちだと思います。
何としてでも勝つんだという、勝利への執念が必要です。

チームの勝利の為なら、何でもやって(もちろんルールの範囲内で)、勝利を掴む。
そういうチームへとなって行って欲しいです。

欲しいのは勝利です。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

勝利への執念こそ、鹿島の根幹だと思います。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラ
シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月27日

ミスは減らしたい

今日はお粥を食べてみました。
市販されているレトルトパックのモノです。

結果としては食べることが出来ました。
退院直後にチャレンジした時は飲み込むことが出来なかったので、進歩です。

ただ、そのままでは飲み込めなくて、顔は上に向いて喉をまっすくするようにして、飲み込みます。
水分が足りないと感じたら、お茶を含んでおきます。
そうすることで、飲み込むことが出来ました。

カロリーは98kcalくらいしかないので大したカロリーは摂れないのですが、ご飯を食べられたのが嬉しかったです。
私、お米大好きなんですよ。

食べたのは鮭粥なのですが、残念ながら味は感じることが出来なくて、砂を食べているような感じでした。
でも、「飲み込まないと、食べないと」という思いだけで、飲み込みました。

とにかく前進です。嬉しかったです。
ココまで来るのに長かったですもの。

そして、今日は大河ドラマを観ていたのですが(真剣には観ていない…)。

吉田松陰の母役の檀ふみさんの台詞に、故郷が懐かしく感じました。
吉田松陰が死罪になって、魂が実家に戻ってくるシーンだったのですが、「早よう風呂に入りんさい」という山口弁が、なんとも懐かしかったのです。
私…、山口県岩国市出身なもので…。

すみません、それだけです。


しかし、気分はすっきりしません。
それだけ痛い敗戦でした。

特に2失点目のミスは痛かったです。
今年の鹿島は、複数失点した試合では勝利はありません。

そして日刊スポーツによると、クラブワーストの開幕7戦連続失点のようです。

とにかく失点が止まりません。
鹿島が強い時は、守備が良いイメージがあります。
仕方ない失点もあるとは思いますけど、ミスからの失点はしたくないです。
改善して欲しいです。

更には、GWということで連戦が続いてしまいます。
中2~3日の試合も待っています。
これだけ過密日程が続くと、身体だけでなく、気持ちの上でも疲労が溜まると思います。
負けた試合の後は特に…ですよね。

益々ミスが起こり易い状況ですから、集中してミスを防ぎたいです。
ミスからの失点は、とにかく気持ちの上でも良くないです。

もう私なんて完全に引きずっていますからね。
サポの精神衛生的にも、ミスからの失点は勘弁して欲しいのです。

しかし、敗戦の後は、本当に凹みます。
Jの方は2勝2分3敗となってしまいました。
なんともスッキリしない数字です。

とにかくしぶとく勝っていくないのですが、何か明るい材料があれば…。
うーむ、ダメです、私…かなり凹んでいます。
実は、今日もふて寝したんですよね。

次こそは勝って欲しいです。
スタジアムへは行けませんけど、邪念混じりですが強烈な念は送りたいと思います。

とにかく欲しいのは、勝ち点3なんです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

癌、そして癌以外のものとの戦い…正直しんどいと感じる毎日です。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月26日

2015 J1 1stステージ第7節 鹿島vs神戸戦(超簡略版)

うーん、がっくりです。
試合の後、ふて寝しました。
残念な結果でした。

今日はいつもに増して短めで…。

試合前のコイントスで、神戸がエンドを変えてきました。

そして…やはり疲労の色は隠せませんね。
中盤でプレッシャーが掛かりません。
それは神戸もだったような気はしますけど。

互いのゴールを行ったり来たり…。
そんな試合だったような気がします。

前半は両チーム無得点で終了。

前半のシュート数は鹿島6本、神戸4本。
両チームともエリア前までは行くものの、意外とシュートを撃てていない感じがします。

鹿島は後半開始時に、青木に代えて小笠原投入。

そして、後半4分。
鹿島のFKを神戸のGKがキャッチして、直ぐに下手で出します。
カウンターになって、鹿島は中盤でブロックを作れず、神戸は鹿島の左サイドから上がっていきます。
鹿島陣内左サイド中央くらいまで来たところで、逆サイドへ展開。

鹿島の右サイドエリア手前から相馬が、エリア内逆サイドへとボールを入れ…。
それをファーのマルキが頭でニアへと落とし、ゴールエリアでフリーとなっていた小川に決められてしまいました。

マルキもフリーでしたし、カウンターであれだけ左右に振られてしまうと、厳しかったかもしれません。
ACLの時くらいにしっかりブロックを作れていれば…。

神戸先制で、0-1。
神戸後半最初のシュートでした。
時間帯も良くないですねぇ…。

その後も、なんだか攻め手がないというか…、エリア周辺までは行くのですが、なかなかシュートには結びつかず…。
でも、柴崎が結構前に顔を出して、攻撃を活性化しようとはしてくれていたと思います。

後半11分、鹿島は2人目の交代、山本脩斗に代えて伊東投入。
伊東は右SBに入って、西大伍が左へ。

この後もエリア付近までは行くのですが、シュートは撃てない感じで…。
鹿島の後半のファーストシュートは、後半16分でした。

神戸はエリア近くには人数がそろっている感じで…。
その後、シュートは撃ててき始めるのですが、崩してからのシュートはなく…。

金崎がちょっとイライラしている様子で…、イエロー貰ってしまって…。
から回っている感じがしました。

後半25分、鹿島は3人目の交代、カイオに代えて高崎投入。
2トップになった?

後半26分。
鹿島の右サイドからのスローイン。ゴールラインからは20mちょっとくらい。
柴崎が、斜めにエリアへ近付いて行って斜めに転がす。
高崎が、アークの右端からエリアにわずかに入った位置で、後ろ向きにポストプレイで、ボールをダイレクトにちょんと出す。

そこに走り続けていた柴崎が来て、アーク手前から左足でシュート。
綺麗に左角のネットを揺らしました。

鹿島、美しいカタチで同点、1-1。

後半32分。
神戸が、鹿島の左コーナーからのCK。
マルキがエリア中央で頭に合わせたものの、ボールは高く上がりました。

その落下点には昌子と高崎、そして曽ヶ端がジャンプしてキャッチしようと出て来ました。
昌子は曽ヶ端に気づいて止まっていましたが、高崎がジャンプしてしまって、曽ヶ端をブロックするカタチになってしまいました。
曽ヶ端はキャッチに来ていたものの、ボールをこぼしてしまって、そのボールは神戸の田中英雄の前へ。

それを難なく決められて、1-2。
ミスからの失点は痛いです。せっかく同点に追いついたばかりだったのに…。
曽ヶ端から声は出てなかったのでしょうか…。

後半37分。
小笠原が神戸のエリア手前15m位の位置からエリア内へと縦へ浮き球を出します。
伊東が、エリア内へ侵入して、
ゴールエリアの右から、逆サイドへとボールを高く上げます。

それを西大伍がヘディング落として、ゴール前中央にいた金崎が左足で合わせて…。
ゴールの中にいた高橋祥平が右足に当ててクリア…。いや入ってますよ…あれ。
更に、そのボールがGKの後頭部に当たって、また高橋祥平の身体に…。いや、これも入ってますよ。

2度も入っていたのに、ノーゴールの判定でした、ついていない…というのか…。

今季から冠スポンサーのついたJリーグですから、そのお金でゴールライン・テクノロジーを導入して貰えないでしょうか…。

後半49分。
金崎がプレイが止まった時に、何かやった?神戸の選手が顔を押さえて倒れていました。
2枚目のイエローを貰ってしまい退場。

終了間際にちょっと後味悪い感じです。
熱くなっても冷静でいて欲しいです。金崎を頼りにしていますからね。
厳しい連戦が続くところで、次節出場停止です。

ということで、そのまま1-2で敗戦となってしまいました。

やはり疲労は隠せず…。
守備時はACLの時みたいなしっかりとブロックも作れず…。
不運もあり…。

まだまだ連戦が続きますから、とっても不安です。
選手層は厚くはないですが、やり繰りしていかないと、かなり厳しいと思います。
メンバー固定出来る日程ではないですね。

それでも、なんとか頑張るしかないですね。
頑張りましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

しかし、厳しい結果です。
内容も…特にミスからの失点は…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
観戦の感想-2015 │
このエントリーをはてなブックマークに追加