2015年03月

2015年03月31日

忙しいのか、待ち遠しいのか

ふーむ、本当に長いですね。

3/31(火)は、A代表とU-22の試合があります。
A代表は19:25から、U-22は21:45からと、連荘です。
なかなか、忙しいですね。

U-22は中1日ですから、またメンバーを大幅に変えてくるのでしょうね。
豊川はベトナム戦は後半途中からの出場でしたから、次は出そうな気もします。手倉森の評価もそこそこありそうな気がしています。
植田は中1日となってしまいますが、どうするでしょう。やっぱりお休みですかね。

しっかり勝って、グループ1位にならないといけませんからね。
頑張ってもらいたいです。
(引き分けでも1位になれますけど…ね。)

A代表は、柴崎や昌子も出場の機会がありそうです。大迫も出て来そうな雰囲気ですよね。
私のモチベーションも上がるってものです。

ただ、最近柴崎が代表で活躍するのを観ていると、もしかして鹿島にいるのは今年が最後かも…と思うようになってきました。
アジア杯のあのゴールを観た時に、そう思ったんですよね。

今の鹿島から柴崎が抜けてしまったら、かなり厳しいです。
でも、柴崎には頑張ってもらいたいですし、良い選手が海外へ行くのは当然だとも思います。

だからこそ、今年鹿島はタイトルを獲らないといけないと思っています。 
柴崎も、鹿島にタイトルを獲らせるような選手になって欲しいです。
勝てる選手、タイトルを獲らせる選手になって欲しいです。

そして、個人的には大迫よ戻っておいで…と思っています。
あまり出場機会を得ていないようですし…。
大迫は、ドイツで頑張りたいのでしょうけど。

今の鹿島はFWの層が薄いですし。
セレーゾは4-4-2がやりたいけど、メンバーを考慮して4-2-3-1にしているとも言っていました。
でも、その4-2-3-1も正直機能しているようには思いません。
強力な1トップが必要だと思います。

そこで、思いつくのは、やっぱり大迫なんですよねぇ。
戻って来てくれないかなぁ…。
鹿島に移籍金を払う能力はないのかも知れませんけど。
って、そもそもウィンドウが閉まっていると思うので、厳しいですけどね。

代表ウィーク中ですが、やはり考えは鹿島中心です。
次の鹿島の試合は4/3(金)、何気に近づいてきています。

早く、鹿島の試合を観たいですね。
もちろん、勝って欲しいです。
これ以上負けたら、もうモヤモヤが爆発しちゃいそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月30日

本当に長いな

広島カープは盛り上がっていますね。
「カープ女子」という言葉を聞くようになって久しいですが、今年はそれ以上に黒田の復帰などもあり、さらに盛り上がっています。

「カープ女子」と聞くと「セレ女」を思い出すのですが、柿谷や南野が移籍してしまいましたし、今年はJ2。
今はどういう状況なんでしょうね。

浮付いた感じになるのは嫌ですが、観客が増えることはクラブの収入が増えることにも繋がりますから、大切なことですよね。

ただ、カシマスタジアムの場合、増えすぎるとコンコースも大変なことになりますし、渋滞も酷いですから、1万5千人以下くらいが適正なのかな…と個人的には思います。

そういう意味では、交通インフラってやはり大切ですね。
クラブだけで何とかできる問題ではないですが、交通インフラの改善もなんとか進めて欲しいです。 
東関道は北側からは延びて来ているんですよね、鉾田までは繋がりそうです。
潮来から鹿島港近くに延伸される計画もあるようですから、カシマスタジアムの近くにI.C.が出来ればなぁ…。

後は、車に集中しないように、上手いこと電車を走らせることが出来れば良いのですけどね。
臨時で特急など走らせれば、かなり運べるはずなんですけど…。
川崎みたいに、上手いこと旅行代理店と組めば、出来ることはあると思います。

なんで、こんなことを書いているかって、ネタがないので、ついつい常々思っていることを書いています。

今の私が、もしカシマスタジアムに行くとすれば…。
指定席予約が出来ていて時間も読める特急電車が、往復で確保出来れば、だと思います。
そうすれば、イロイロと予定して準備も出来るので、今の私でもカシマスタジアムへ行けると思います。

まぁ、無いものねだりになっちゃうんですかねぇ。
もっとクラブの努力で出来ることはあると思うんですけど、個人的には。


そして、U-22は植田がスタメンでした。
豊川も後半途中から出て来ました。

豊川のプレイスキックはなかなか良いような気がしますね。
鹿島でも、蹴らせても良いかも。 

植田は、まぁ…そんなに見せ場もないですよね。
それほど、ピンチはありませんでしたし。

しかし、ピッチは試合前のスコールの水を吸って、まさに田んぼのようでしたね。
次も中1日ですし、疲労が心配です。

結果はベトナム相手に勝ちはしましたが、引いて守るベトナムに結構苦しい展開でした。
試合終了前に追加点があって、やっと2-0になりましたけど。

それでも、しっかりと勝ち点3を得ましたからOKでしょう。
次も勝って、グループ1位を確実なものにしなくては。


そういえば、サッカーアース、録画して観ました。
広州恒大戦の練習場は、なんだか普通の公園みたいでしたね。
ピッチに金属のボルトなどが落ちていて、スタッフさんが拾っていました。

でも、まぁ、それも良くあること…。
と、思うしかないです。

番組では試合結果も放送されてしまったので、ダメージを受けちゃいました…。
思い出したくないですもの。

3/31(火)はU-22とA代表の試合があります。
鹿島の試合は、もう少しお預けです。
本当に長いですね、このプチ中断は。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

完全なる鹿不足ですね。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月29日

待たされて

うーん、ネタがありません。
世の中ではナビスコ杯があったようですが、まったく観ていません。

これでは、ネタにしようがないですよねぇ…。

明日になれば、U-22の試合がありますが、夜なんですね。
ブログを書くには厳しい時間かも…。

そして、そうこうしている間に、鹿島の前の試合から1週間が経ち、次の試合まで1週間を切りました。
が…ネタがない。
鹿島はなんとも静かなものです。

何かネタになるものはないかと、録画してあったANTLERS REPORTを観てみましたが、私のアンテナではネタをキャッチ出来ませんでした。

鹿島は、以前鹿島に所属していたことがある選手たちが、現役引退後に、鹿島でセカンドキャリアを迎えているんですよね。
その人数の多さが凄いです。
鹿島らしいといえば、鹿島らしいです。

鹿島の伝統を受け継ぐには良いと思うのですが、内向きになり過ぎないように気を付けたいですね。
幸いにも、柳沢などもそうですが、鹿島以外のクラブの経験もあります。
鹿島の良いところを活かしつつ、強い鹿島を作っていって欲しいです。

しかし、長いなぁ、まだ半分ですよ。試合間隔が空くのはどうにも不安です。
セレーゾになってから、プチ中断明けって、どうにも調子が上がらない印象なんですよね。

そうでなくても、調子の上がらない鹿島ですからね、なんだか不安です。
そろそろ勝ってくれないと困っちゃいます。
どうにも気分が浮きませんもの。

鹿島らしい流動性が戻ってくれば、勝てると思うんですよね。
あれだけフィジカルも鍛えていますから、動けるはずですし。
相手チームを疲弊させるようなパス回しが出来れば…。

後は、セットプレイ時の守備でしょうか。
集中して、しっかりマークして欲しいです。

あぁ、とにかく勝ちたいですよ。
今季初勝利がまだなんですよ、シーズン始まってから1ヶ月経つというのに。

これだけ待たされるとは思っていませんでした。
今度こそ勝利をっ!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

でも、まだ約1週間待たなければ…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月28日

解消されず

ふむぅ…、疲れました。
いえ、勝手に疲れただけなのですけどね。

今日はU-22とA代表の試合がありました。
どちらも観てはいたのですが、なんというか全く集中せずに観てしまいました。

U-22は豊川が出ていたのですが、前目の左で出ていました。
4-2-3-1でしたから、鹿島と同じポジションでした。

左サイドのセットプレイは豊川が蹴っていましたよ。
日本の1点目は、豊川の左CKを遠藤航が決めたものです。
2点目は、豊川がダイビングヘッドで決めました。

豊川は1ゴール1アシストと、結果を出してくれました。

試合開始時で35℃くらいの暑さだったらしいです。
しかも、かなり湿度も高かったようです。

次は中1日ですから、メンバーをかなり入れ替えて戦うみたいですね、今日のメンバーからしてもそれが伺えました。

とりあえず、豊川が元気そうで良かったです。
後半15分過ぎくらいに、豊川は代わってしまったので、その後は、もう興味を失って、ぼぉーっと観ていました。
点差もかなりついていましたからね。

やはり鹿島の選手が出ていないと、興味はガタ落ちです。 

U-22を試合を観ていて、一番気になったのは、実はシャッター音です。
ピッチにある集音マイクの近くに、カメラマンさんがいるみたいで、「カシャカシャカシャカシャ」と、やたらとシャッター音を拾って、気になってしまいました。
そんなところかよ…って、自分でも思います


そして、A代表は…。
鹿島関連の選手が出ていなかったので、まったく集中せず、ながら観です。
なかなか点も入らなかったので、益々興味が…。

中田浩二が先輩たちに気を使いながら、ソフトに解説しているのがなかなか良かったです。
ながら観なので、そんなに真剣に聞いていませんでしたけど…、すみません。

後半40分頃に、篤人が出てきた時の「きゃ~」という黄色い声は凄かったです。
そういえば、篤人が鹿島にいる頃は、スタジアムに若い女性が多かった気がしますね。

えっ?それだけ?
と、言われちゃいそうですが…。
はい、それだけなんです。

何せながら観で、真剣に観ていませんでしたから。
メンバーもイロイロ試したいんでしょうね、新鮮なメンバーでした。
試せる機会が少ないですけど…。

まだハリルホジッチのカラーは見えませんけど、日本には合っていて、なかなか面白そうな監督さんなのかなぁ…と漠然と思っています。

次は、鹿島関連の選手が出ますかねぇ。
出てくれれば、私の集中度はかなり違うと思います。

まぁなんというのか、ハリルホジッチの初陣で勝てたのは良かったんじゃないでしょうか。
代表の盛り上がりは必要ですもの。

大分は、満員みたいな感じでしたよね。代表の人気は凄いです。

あの人気の一部でもJに分けて欲しいです。
浮付いた感じになるのは嫌ですけど。

ながら観ですけど、2試合続けてサッカーを観たので、なんだか疲れました。
今日は、鹿不足は解消されない日でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

職場復帰の件は少し会社と会話出来ました。4/6(月)復帰の方向で話しています。
まだ決まりではないですが。 

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月27日

まとまらず

うーん…。
ネタがないです、困りました。

鹿島もネタがないですが、代表も試合を翌日に控えているのに、大したネタがありません。
私が、代表に対して興味深くネタを探していないからかかも知れませんけど。

こんな時には鉄に頼る…と言っても、鉄の話題もそんなにないんですよね。
多分、自分では当たり前と思っていることはネタにはしづらいんです。
他の人から「なんで?」と言われて初めて、「自分の常識が、他人の非常識」であることを知ります。

私の名字は珍しい名字なのですが、実は下の名前も珍しいらしいのです。
人に言われて初めてそれに気づきました。

そういえば、同じ下の名前の人に会ったことがありません。
漢字どころか読みですら、同じ人には会ったことがないです。
自分では、特殊ではない普通の名前だと思っていたのですが…。

それで思ったのです。
今の鹿島って「他サポさんから見てどう見えているのかな?」と。

鹿島のイメージって、「強か」とか「試合巧者」とか「憎らしいほどに強い」とか…。
そんな感じなのかなぁ…と、鹿島サポである私からすれば思います。

ただ、それは昔の鹿島へのイメージであって、今の鹿島に対するイメージではないのではないかと…。

こういうのは、他サポさんに聞くのが一番なんですよね。
自分が鹿島サポなので、客観的には見ることが出来ていないと思うんですよね。

公式サイト・SNSやANTLERS REPORTなど見ていると、如何にも伝統は受け継がれているように言われてますけど。
私は、伝統は失われつつあるという危機感しかないです。

確かに世代交代は進んで、有望な若手がいるのは間違いないのですが…。
どうにも「ポジションを奪った」というイメージはなく、「与えられたポジション」なのではないかと、思ってしまいます。

去年の勝負弱さ…大事な試合をことごとく落とす姿や今年の試合を観ていても、それを感じてしまいます。
若いから…ではないと思うのですよね、この勝負弱さは。

小笠原たちが若い時には、なかった勝負弱さだと思いますもの。
ただ、あの頃のメンバーはベテラン・ブラジル人と錚々たるメンバーでしたからね。
比べてはいけないのかなぁ…。

確か…、何年前でしたか…、もう忘れてしまいましたが…。(20周年の時でしたっけ?)
「50年後に鹿島は存在するか」という問いを自分達に投げかけ、自分たちで分析したところ、「存在しない」という答えを出したんですよね、鹿島は。
それなのに、なんだか危機感が足りないなぁ…と最近思うんです。

マズはチームが強くなくてはならないと思うのです。
これは、鹿島というクラブでは絶対だと思います。

そして、クラブの営業努力というのか、サポに対する接し方の下手さをどう改善していくか。
そういう部分でも、不満を抱きつつ。

アクセスを改善出来れば良いのですけど…。
東関道がスタジアム近くに延伸できれば、直通の特急電車があれば、せめて高速バスが直通になれば、などなど。
アクセスが良くなれば、対戦相手のサポさんたちにもたくさん来てもらえるのに…。
でも、こればかりは、鹿島単独ではどうしようもないことですからね。

なんだか脱線しまくりですね。

話を戻すと、鹿島は伝統を失いつつあるのではないかという危機感があるんですよね。
結果が出ていないから、そう思うのかしら…。
いや、きっと、なんというのか…、勝利への執念みたいなもの、ボールへの執着みたいなものも、なんだか弱くなっているような気がするのです。

今でこそ、鹿島はエリート集団で上手い選手ばかりですけど、昔はそんなことはなかったように思います。
その代わり、気持ちをむき出しにして戦っていたと思うんですよね、ピッチに立っている全員が。

そういう意味では、今層が薄いFWに、隆行みたいな選手がいればなぁ…と思ってしまいます。
なんというのか、執念の塊みたいな…。
そういう異分子のような選手がいれば、刺激になると思うんですよね。

今はなんだか、皆大人しい気がします。
もっと、勝利への飢えというものを感じて欲しいですし、絶対に勝つんだという気持ちをもっと出して欲しいです。

ネタもないせいか、まったくまとまりませんが、この辺で…。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島の試合がないと、張り合いが…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加