2014年03月

2014年03月31日

次に目を向ける

少しだけ。
試合を観にスタジアムへ行った、行かない。
それは個人個人の都合やイロイロな事情があるものです。
個人個人の出来る範囲で、出来ることをすれば良いと思います。

だから「試合を観に行ったから偉い」という考え方を私はしません。偉いとも思いません。
自慢にはならないと思います。
自慢するのも変だと思います。

気持ちが違うところへ行ってますね。
鹿島サポ同士、その気持ちは鹿島アントラーズのサポートへ向かうべきものだと思います。


さて…。
ふむ、気分は良いですね。
勝利は素晴らしいです。

でも、仕事がなんだかドンドン難しい状況になっています。
それで休みの日もイロイロ考えてしまうんですよね。
進退を考えさせて…と言いましたが、なかなか話が進展せず…。
そちらもなかなか難しい。

まぁ、それは置いといて…。
開幕5戦を4勝1敗の勝ち点12という、良い成績を残してくれました。
シーズン前の予想を覆すこの結果。
良いですね。

しかし、SOCCER KINGで小笠原の言っている通り、勘違いは良くないですね。
勝ち点12で何かを成し遂げた訳でもなく、我々は王者でも何でもない。
今の順位なんて何の意味もないですしね。 

そんなことは鹿島サポなら、皆が知ってますものね。
2007年なんて、一度も首位に立たず、最後の最後に王者になりました。

そう、最後にどの順位にいるか、それが一番大事なんです。

だから、次に目を向けます。
次の5戦で、シーズンの約1/3になります。
この5戦も同じペースで行った場合、勝ち点24となります。
これを3倍すると、勝ち点72となります。
十分狙える数字ですよね?

次の5戦の対戦相手は、G大阪(A)、新潟(H)、神戸(H)、広島(A)、清水(H)。
うーん、なんだか厳しそう。
でも、ここを乗り切ってこそ、道は開けるのです。

個人的に嫌なのは、アウェイ広島戦ですね。
ビッグアーチではなんだか分が悪い印象なんです。
まずはそこまでは良い成績で行きたいです。
そして、ビッグアーチでもしっかり勝ち点3を獲りたいです。

いや、まぁ、全部勝ちたいんですけどね。

こうして先のことのことを考えてもしょうがない気もしますけど…。
今の鹿島は若く、果たしてどこまで安定した戦いが出来るか。
むしろ、そっちが気になりますね。

この5戦の収穫は大きなものがありました。
次の5戦もタフに戦って、更なる成長をして欲しいものです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


mk2 at 00:01|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月30日

2014 J1第5節 横浜FMvs鹿島戦(簡略版)

さきほどスカパー!を観ていたら、浦和が無観客試合のお詫びのCMを出していました。
いったいクラブにどれだけの損害を与えたのか…。
正直、怖くなりました。
 
もし鹿島だったら?
そう思うと、なんとも苦しいです。
鹿島だったら、クラブは存続出来ないかもしれませんね。
本当に、とんでもないことです。


さて、横浜FM戦。
マンマと横浜FMベースに持っていかれたと思ったのですが…。
いやぁ、なんでしょうか、今日は流れの中での3得点。
素晴らしいですね。

今日はTV観戦ですが、鹿島の全てのゴールが美しく、ゴールの度に「うおおぉぉぉ~」って叫んでいました。

前半は、予想通り堅い感じでした。
両チームともシュートが少ない。
前半終了時で、スカパー!の集計だと、横浜FM4本、鹿島3本だったと思います。
ポゼッションは横浜FMの方が多かったと思いますが、やられている感はなかったです。
相手はマリノスですからね、こうなることは予想できたと思います。

それにしても、堅いというか…堅すぎるというか。
シュート撃てない…。

そんな硬直した前半、鹿島のエリア近くでのセットプレイが連続していた時間帯。
そろそろ入っちゃうよ、そんなに連荘だと…。
なんて、思いつつ、解説の人も言いつつ…と思ってたら、やはり入ってしまいました。

前半42分、栗原にドンピシャで決められちゃいました。
青木ももう少し着ければ良かったんでしょうけどね。
でも、セットプレイはこういうことがあるんですよね、仕方ない。

これで0-1。

時間帯も良くない、得意のセットプレイで先制した横浜FM。
まさに、横浜FMの勝ちパターン、狙い通り、これで後半厳しくなるなぁ…なんて思っていたら。

後半9分の聖真のゴール。
これは、チームに勇気を与えてくれました。
これがなかったら、まだまだ硬直していたかも知れません。

ソガちゃんが、青木に転がす。
青木、ワントラップ直ぐに柴崎へ。
柴崎は降りてきつつ、ワントラップ直ぐ前へ。
康も降りてきつつ、ダイレクトに右サイドへはたく。
伊東、センターラインより後ろから、ダイレクトに中央前へ出す。

そのボールへするするするっと、聖真が出ていく。
栗原と中澤が挟み込もうとするところを一段ギアアップ、加速して一気に置き去り。
そのまま、GKと1対1となり、滑りながらシュート。

この一連の流れ…美しかったです。
本当にこのゴールは大きかった。

これで、1-1の同点。

ここからはもう鹿島は攻めっぱなしと言っても良いでしょう。
とにかく攻めました。
横浜FMの足が止まったのかも?

それでもなかなか点が獲れなかったのですが…。

後半35分。

エリア内でごちゃごちゃっとして、そのこぼれ球が、ペナルティアークの後ろ15mくらいの柴崎のところへ。
野沢は、ちょうどエリアに入るか入らないかのライン上で棒立ち。
しかし、視線はしっかりと柴崎を見つめる。

あれ?もしかして、柴崎出してくるんじゃない?
と、棒立ちだった野沢が突如斜めに走りはじめる。
柴崎、ぽーんと軽ーく浮かせたボールをエリア内へ。
そして、野沢後ろから来たボールをダイレクトボレー。

流石柴崎…いや、流石野沢。
あんなに後ろから来たボールをダイレクトでいとも簡単(に見える)にコントロールしてボレーしますか?
凄過ぎますよ。
さすが変態です。

これで1-2。

そして、後半39分に聖真に代えてルイス・アルベルトを投入。
これで柴崎がトップ下の位置へ。
守備固めなんですが、これが、またもやゴールを生みます。

後半42分。
カイオが前へドリブルで持っていく。
柴崎はカイオを観ながら前線で躍動。
最初は、中澤の右サイド側にいたのですが、突如動きなおして、中澤の左サイドへ。
そこへ、カイオから縦にボールが出て来て、柴崎はDFラインの裏へ抜け出して、左足で強く撃たずにコントロールしたシュートは反対のサイドネットへ。

これで、1-3。

うーん、柴崎が凄過ぎる。
何よ、この動き。VTRで観ると凄いわ。
そして冷静なあのシュート。
2点目のアシストも凄いけど。
柴崎が良いと、流れから点獲れますねぇ。

そして、そのまま試合終了。
この勝利は大きいですよ。

今年は小笠原も調子が良いですし、ルイス・アルベルトに目処が立ったら、柴崎を2列目で使っても良い気がします。

後半は良く攻めましたね、鹿島。
もっと堅くなるかと思ったら、そうはなりませんでした。

対する横浜FMは後半は2本くらいしかシュートがなかったと思います。
これは、鹿島の守備が堅かったって訳ではないです。
これは横浜FMの問題だと思います。マルキの穴は大きいということでしょうか…。

これで、開幕5戦を4勝1敗で勝ち点12を獲ることが出来ました。
上出来ですね。
出来れば、このペースを中断までは続けたいです。

今の鹿島、まだまだだと思いますが、なかなか良い結果を出せています。
勝つことで、更に若いチームは成長することでしょう。
うーん、楽しみですよ、これは。
もっともっと強くなりますよ、鹿島は。

そして、やっぱり勝利は素晴らしい。
単純に嬉しーーーいのです。
うん、今週幸せに過ごせるかも知れない。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


mk2 at 01:14|PermalinkComments(4)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
観戦の感想-2014 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月29日

Say MARK-2

また飲んでしまった…。タクシー帰りです。
面子はまた違うんでけどね。
イロイロと話を聞いて回っている感じですね、今の私は。
やはり職場の不満度はかなり高くて、しかもその不満の場所は大体同じなんですよねぇ。
ってことは、そこさえ解決すれば良い訳なんですが、それが難しいことなんです。


さて、ブログ「アントニオのサッカー食べ放題」のアントニオ・ダンナさん。
なかなか良く出来てますよね。
私も全く違和感なく観てしまいました。

ちなみに、mk2という名前は…。
たぶん、2007年の最終節あたりから使い始めたのだと思います。
その当時、私はブログの読者だったのですが…。

そして、ガンダムの方ではなく、エルガイムの方から取りました。
今もイロイロ病んでますけど心が…
その当時も病んでいたんですかねえ…、「優しさが 生きる 答えなら いいのにね」ってところからきています。
そうありたいのです、本当は。
でも、そうもいかないのが現実で…。 


さぁ、試合の時が近づいてきました。
今度は横浜FM戦。

今年の横浜FMの試合を観ていないのですが、おそらく去年同様ガッチガッチに固い感じなんですよね?
となると、やはり先制点ですね。
今の鹿島もそうですし、対戦相手が横浜FMという点でもそうです。
鹿島は先制点をやってはいけません、絶対ですね。
先制されて、ディフェンスを固められてしまうと、今の鹿島ではなかなか難しいと思います。

とはいえ、プラン通りにゲームが進まないことは多々あることです。
その場合何が出来るかですね。
この連敗で得た教訓を活かせるかどうか。
急には難しいと思いますけど、少しでも進歩していて欲しいですね。 

公式戦も連敗中です。
ココは勝っておかねばならないところですね。
若い鹿島がどこまでできるか。
確認するには良い相手だと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

ダヴィのカード累積も心配。

mk2 at 03:57|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき | ブログ交流
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月28日

思わず反応してしまう

花粉が…。
昨日くらいから花粉が、猛威を…。
何故ピークを過ぎたはずなのに…。

仕事でもイライラしてイライラして。
ま、こりゃあダメです。
予想通り、4月くらいまではイライラですね。
はぁぁぁ…どうするんだかねぇ。

とぼとぼと帰宅して、YouTubeを観ていたらこんなものが。

mk2違いなんですけどね
良く出来てるわぁ~。


鹿島…鹿島の話題…。
うーむ、うむむむむ
な、ないんですけど…うーむ。

今日は晩御飯をとあるお店で食べたのです。
チェーン店の中華料理屋とでも言うのでしょうか。
そこで、ご飯を食べていると、後ろの方のテーブルのサラリーマンの団体さんが突然「鹿島」という言葉を発したのです。

思わず「何だとおぅっ」と振り向いてみたものの、特にサッカーっぽいネタではないんです。
そして、よーく聞いてみると、どうやら同僚に「鹿島さん」って方がいらっしゃる様子。

な、なるほど…ね
どうしても、「鹿島」って単語には、反応しちゃうもので…。

ああいう場所で、普通に「鹿島アントラーズ」の会話が聞ける日々が来ると良いですねぇ。
サポじゃなくても、普通の人々が鹿島の話題をしてくれるようになればなぁ。
なんて思うのでした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

ネタがない…。

mk2 at 02:46|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月27日

然もありなん

はぁぁぁ、事件が事件が職場でまた起きたのです。
時間は、22時過ぎくらいでした。
そんな時間に、はらわた煮えくり返るような事件が…。

思わず、「俺たちは道具や機械じゃねぇーぞー、人間なんだー。」って、叫んでしまいました。
いやもう呆れるばかり。

まぁ、それは置いときますか。

しかし、今日は花粉がツラいです。
今季で一番ツラいです。
ムズムズしっぱなしで、くしゃみも良く出ます、鼻水もたらーっと
集中出来ないったらありゃしない


鹿島の話題…。
伊東はなかなか良い感触だったようですね。
日刊スポーツをリンクします。

たまになんて言わないで、毎回呼ばれるように頑張って欲しいです。
伊東にとってはかけがえのない経験となっているはずです。

そして、BLOGOLAには次の対戦相手の横浜FMの樋口のコメントが掲載されていました。
最も恐れられているのは本山ですか。
然もありなん…ですけどね。

嬉しいような…でも寂しいような。
早く、本山を超えるような選手に出て来て欲しいです。
難しいとは思いますけどね。
でも、そうなって欲しいです。

今はまだまだ美しいとか、そういうところまで求められませんけど。
強くて美しいプレイを見せてくれるようなチームになって欲しいです、近い将来。

世代交代と叫ばれて、しばらく経ちますが、やっと今年動き始めた気がします。
本当に意味での世代交代できるかどうか、それが今年ですよね。
頑張れ、若者たち。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


mk2 at 01:31|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
シーズン中のつぶやき │
このエントリーをはてなブックマークに追加