2012年08月

2012年08月31日

大切なのは過去との「違い」ではなく、前進すること、積み重ねること

さてと、今日は機嫌が悪いんです。
仕事が何もかも上手くいってなくて…。
はぁぁぁ…。

ぼやきは、いつものことです。私、ぼやキングですから

最初のお話は手前味噌なんですが…。
昨日の記事に拍手コメントで以下のようなお言葉をいただきました。
「このブログ見ると不思議とポジティヴな気持ちになれます。有り難う!!これからも頑張って!!」

うぉぉぉぉぉぉーーーーーーー
なんと嬉しいお言葉。
いえいえ、こんなにぼやキングで、マイナス思考な私のブログをこんな風に言ってくださって、無茶苦茶嬉しいです。ありがとうございます。
お言葉をいただいて、とっても元気になれました。
これからも頑張ります。

次はAntlers Todayです。
小笠原ですね?
小笠原ですよ?
小笠原満男ですよね???

おーおーおーおおー、おがさーわらぁー
来たか?来たんですか???
待ってましたよ、キャプテン。

すみません、私にとっては感動的な事でしたので、まずはこの2件を書いてみました。
これからが、帰りの電車の中で考えていた、今日書こうと思っていたことです。

前もって書いておきます。
十人十色、人それぞれです。
いろんな考え方を皆さんお持ちだと思います。
これから書くことは、あくまでも私の考え、感じることであり、言わば偏見と言っても良いかも知れません。
その辺りはご容赦いただければと思います。

では、本題に。

私、結構マスコミが苦手です。
大切な情報源であることは間違いないですが、間違いも結構ありますし、何より煽る感じが苦手です。
マスコミの記事などは、読んでもらってナンボ、買ってもらってナンボですからね。
それを否定する訳ではないんです。
ただ、ちょっと苦手なんです、私が。

例えば、良くマスコミに踊る言葉、「影響は計り知れない」。
「じゃ、何だったら計り知れるのよ」って、私は思っちゃうんです。
スポーツに関して言えば、殆どの事象って、計り知れないんだと思ってしまうんですよね。

逆に「影響は限定的なはずだ」とか。
うーん、限定的なんだけど影響はあるんですよねぇ。
限定的なはず…であって、「結局計り知れてないんでしょ?」など考えてしまう、ひねくれ者です。

別な事柄ですが、少し具体的なことで言えば…。

今年のシーズン前、やたらとオリヴェイラとの違いを強調して報じられることが多かったように思います。
監督もスタッフも変われば、まったく同じなんてある訳もないんですが、その「違い」があたかも素晴らしいことのように報じられました。
同じ体制が長く続き、閉塞感もあったと思いますから、その閉塞感を打ち破る風を感じられたのかも知れませんね。

ただ、違って当たり前のことが、もの凄いことのように報じられたことに、私は違和感を持っていました。
オリヴェイラはオリヴェイラ、ジョルジーニョはジョルジーニョです。それは当たり前のことなんですが。

そして、シーズン序盤、鹿島は勝てませんでした。大量失点もありましたし、成績も出ません。
すると、今度はその「違い」が、一転して悪者になりました。
監督だけでなく、フィジカルコーチも変わり、その練習方法にまで、疑問を持つような報道もありました。

しかし、ここまでの新井場や小笠原らベテランの活躍を見て、これまた一転。今度は褒め称えてみたり。

今現在は「まずは守備から」という戦術ですが、オリヴェイラ時代の高い位置からのプレスとは当然違う訳ですが、ことさら「違い」を強調して、悪い点ばかりを指摘してみたり。

うーん、結局「違い」はあるんでしょうが、それには良い面・悪い面両面あるのだから、あんまりに気にしてもなと思います。
だって、別にオリヴェイラを否定する必要はないんですよ、結果を出した監督なんですし、もう今は残念ながら鹿島の監督ではない訳ですから。
それを今更「オリヴェイラ時代はココが悪かった」と言ってもしょうがない話です。

そして、その「違い」をことさら強調して、「これがジョルジーニョの良いところだ」と言ったかと思えば、成績が出ないと、今度はそれを否定する。
これも意味のないことだと、私は思ったりします。
クラブの経営者の立場であれば、それは意味があることなのかも知れませんが。
監督やコーチ陣は、結果で評価される訳ですから、しょうがない面もあるんでしょうけどね。

別に監督や選手を批判しない訳ではありませんよ。
今現在の状態に対して、「もっとこうすれば…」とか「ここをもっと変えて欲しいな」と「もっと成長して欲しい」と思うことは多々あります。
ただ、前任者・過去に在籍した選手との「違い」をどうこう言うつもりはありません。だって、別の監督・別の選手ですから。

先にも書きましたが「違い」には両面ありますし、過去の栄光を否定する必要もないんです。
全てが良くなる訳もないでしょうし、全ての悪い面がなくなる訳でもないんだと思います。
良い面・悪い面の両面を抱えながら、クラブ・監督・選手は成長していくんでしょう。

私の立場で言えば、ただのサポーターです。
この立場では、ほとんど何も選べません。
監督は選べません、選手も選べません。
出て行く選手も止められませんし、獲得する選手も選べません。

唯一私が選んだのは、「鹿島アントラーズ」というクラブです。

私、鹿島アントラーズが大好きですよ。
監督も選べませんし、選手も選べませんけど、鹿島アントラーズが大好きです。

だから、文句をブチブチと言いながら、楽しく鹿島アントラーズの試合を観ています。
鹿島の歴史を観続けることに、喜びも感じています。
全てが楽しい歴史ではないですが、苦しい歴史ばかりでもないです。
喜びをたくさん鹿島アントラーズから貰いました。
たくさん泣きましたし、たくさん笑いましたよ。

勿論、歴史を積み重ねる中で、「鹿島アントラーズ」というクラブも紆余曲折があり、まったく同じものではありません。
でも、「鹿島アントラーズ」は「鹿島アントラーズ」なんです。
それを構成する監督や選手たちのことも、大好きです。


さて…。
困りました、恒例のヤツです。
なんだか、瞬間的に熱くなって、どばぁーーーと文章を書いてみて。
「で、結局、何が書きたいんだ?」
という事態に、今まさに陥っています。

うーん、どうなんだ、俺?

言いたいこと、伝わったかしら…。

表現が難しいんですが。
過去を否定する必要もなく、過去との違いは別に良い事でも悪い事でもないんじゃないかな…って感じたと言うことなんです。

ただ、今の鹿島アントラーズに力が足りないことは事実です。
だから、強くなっていって欲しいですし、成長して欲しいです。
それは、未来へ向けて、何かを変えていく必要があると言うことですが、過去との決別でもないですし、「鹿島アントラーズ」というクラブが歴史を積み重ねていく過程でしかないんだと思います。

試行錯誤を繰り返し、経験を積み重ね、新たな「鹿島アントラーズ」としての姿を見せてくれると信じています。

サポーターに出来ることって、そんなものです。
鹿島にはあんなに強い強い気持ちを要求しておきながら、私自身は弱い人間です。
強い気持ちを持ち続けることは難しいですし、弱気にもなりますし、気持ちにもムラがあります。

気持ちは強弱もあり、気分は浮き沈みもあり、体調は好不調もあり、常にスタジアムへ行ける訳でもありません。
でも、変わらないのは「鹿島アントラーズ」を応援するということです。
流れる時間の中で、何かは変わっていき、常に同じなことはないですが、「鹿島アントラーズ」を応援するということそのものは変わりません。

サポーターのカタチはいろいろあれど、これもサポーターのカタチのひとつなんじゃないかと思ってます。
サポーターも前進していくこと、そして積み重ねていくんだと思います。

クラブも一緒です。
過去との「違い」をどうこういうのではなく、過去は過去として懐かしめば良いこと、現在は過去とは違うんです、それが当然。

そして未来へ向かって前進すること、積み重ねていくことが、大切なんじゃないかと思います。
新たな「鹿島アントラーズ」を作りましょう、皆の力で。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

うーん、結局上手くまとめられなかったような…

mk2 at 01:49|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
暑苦しく… │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月30日

ほんの少しだけ、イライラをぶつけてみる

はふぅ、暑い…。
雨降りませんね、でも水不足にはならないんですかね?
子供の頃って、渇水で結構取水制限とかあったんですよね、とはいえ田舎でしたけど。
そんな心配してしまうほどに雨が降っていない気がするんですよね。
雨は嫌いなんですが、暑すぎるものちょっと…。

そんなこんなで世間の出来事を把握できていない私ですが、今日始めて気づきました。
S○ftBankとB○SSのCMって、コラボってたんですね?今日S○ftBankのCMを見て気付きました、遅いっての
(しかし、どちらも伏字になっていない気が…

さて、週の真ん中…明るい話題がないですね。
とにかく、負けてもなんだか鹿島の事を良く考えます。
考えれば考えるほど、暗くなっちゃうんですけどね。でも、止まらないんですよね。

問題は「今の鹿島がどうやって勝つか」なんですが…。
結構イロイロ考えるんですが、堂々巡りです。
というか、素人がそんなに簡単に結論を出せるのであれば、とっくにジョルジーニョだってやってますよね。

チームとしての成熟、選手ひとりひとりの成熟。
どちらも今の鹿島にとっては必要なんだと思います。

一時期ほどではないにしろ守備はまだまだ。特に先制されてしまう事態は避けたいですよね。
攻撃に関しても、決定機を決められないことが多いです。
つまりは、攻守両面でまだまだなんですよね…、とほほ

まぁ、よく捉えれば「伸びしろがある」といえるのでしょうが…。
でも、もうそりゃあシーズン初めから言っていることで、今更なぁという気がします。

こう考えると、サッカーとは難しい競技なんだと、最近痛感してます。
それでも、時間は止めらなくて、過ぎ行く時間に抗うには、日々努力を積み重ねていくしかないんですよね。
ストイックな世界ですねぇ…。

でも、そのストイックな世界で、20年積み重ねてきた結果、今の鹿島アントラーズがある訳ですよね。
20年の積み重ねって、そんなに軽いものではないと思います。
でも、それをこれからも続けられる保証もないんですよね。

あぁ、何言ってるんでしょうか。訳分かりません。
ただ、願わくば…。
私が死ぬ頃になっても、鹿島アントラーズが存在し続けていて、しかも強い存在であって欲しいです。
死ぬ間際に、自慢げに「強い鹿島」を見続けた誇りを語りたいものです。

うーん、鹿島には強くあって欲しいです。
そして何より、その強さは気持ちであって欲しいんです。
強い強い気持ちで、立ち向かっていく姿こそ、鹿島アントラーズだと思うんです。

ええぃ、なんともすっきりしない日々が続いていますが、9月からは闘志むき出しの鹿島を見せてください。
頼みます。
鹿島はこんなもんじゃないでしょうがっ!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村



mk2 at 01:09|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
その他 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月29日

皆で戦おう

暑いですね。8月も終わりだというのに。
せめて、軽い夕立があれば…、涼しくなりそうなものですが。
それでも、ムシムシ度が少し下がった気がします。気のせいかしら…。
秋は少しずつ近付いてきていますか?

鹿島の公式サイトに山村の手術について掲載されていました。
今まで報じられてきた通りの内容です。
本当に残念ですが、とにかく治療に専念してもらいましょう。
天皇杯の終盤に間に合えば、今年中に山村をピッチで観ることが出来るかもしれません。
もちろん、鹿島が勝ち進んでいくことが大前提ですけどね。

そして次節は柴崎が出場停止。Jリーグの公式サイトにも掲載されています。
小笠原の回復具合が気になりますが、もし出られないとすると、ボランチ2人を入れ替えることになります。
ボランチはチームの心臓と言っても過言ではないポジションですから、誰を使ってくるのか気になりますね。
逆に言えば、チャンスなはずなんです。今の鹿島にそのチャンスを生かせる選手がいるかどうかですね。

その候補は本田拓也でしょうか。
怪我の回復具合がまだ良く分かりませんが、心配ない程度になってきたのかもしれません。
元々期待の高い選手でしたし、まずは徐々に試合感を取り戻していって欲しいです。
天皇杯くらいには、調子を上げてもらって、来年はバリバリに活躍、というシナリオに持っていけると助かるのですが。

ボランチも心配ですけど、何より鹿島の選手たちの覇気のなさが気になるところです。新潟戦ではそんな感じがしました。
鹿島の強い時って、激しくて、戦う集団で、もの凄く気持ちの入った試合をしていたと思います。
そして、対戦相手もそうなんですよね、もの凄く気持ちが入ってます。
そんな気持ちのある同士の戦いだからこそ、ドラマがあるし、燃えるんですよね。

チーム状態が悪い時って、どうしてもこんな感じになってしまうものかも知れないですけど、だからこそ戦う気持ちを忘れないで欲しいです。
鹿島は、マズは気持ちですよ。
鹿島はJのお荷物になるはずのクラブでしたが、強い気持ちで戦ったんです。
下馬評なんて自分達の力でひっくり返したんです。

その強い気持ちが、鹿島の原点のはず。
それが、ジョルジーニョのいうアントラーズスピリットのはず。

強い気持ちを持って戦おう。
まだ終わってない。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 00:12|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
その他 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月28日

とにかく撃て

今日はとある仕事で、この先数ヶ月のスケジュールを計画していました。
そしたら、超キツキツスケジュールなことが白日の下に。
元々キツいとは思っていましたが、具体的に考えてみると、もはや無茶に等しいスケジュールです。
これから参画するメンバーには、「すまん」としか言いようがないですね。
はぁ、年内は厳しい状況が続きそうです。

さて、今日は月曜日、週の初めです。
話題は少ない曜日だとは思いますけど、こうも弱いと、本当に取り上げてもらえません。
また、中途半端な位置です。
まだ降格圏ではないですし、タイトルを争うような位置にもいない。

こういう中途半端な状況が怖い気もします。
モチベーションの維持も難しいでしょうし、「気付いたら降格圏」なんてことにもなりかねません。
本当に、今の状況は難しいと思います。

Jリーグは残り11節。これにナビスコと天皇杯。
この「残り試合を全部勝つんだ」という気力に溢れていると良いのですが、今の鹿島からはそれを感じるのは難しいです。

やはり起爆剤が欲しいです。
が、もう補強は出来ないですし…。
じゃあ、どうしろと?
という状態に…。

ラッキーボーイじゃないですが、なにかこう勢いが欲しいんですよね。
スーパーサブでも良いんですが、途中から出て、一気に流れをコッチに持ってきてしまうような選手。
鹿島じゃなくても、どのチームでも欲しいでしょうし、どのチームにもなかなかいない存在ですよね、そんな選手。

ゴール前での迫力が欲しいんです。
厚みといっても良いかもしれません。
シュートが単発で終わるのではなく、例えGKに防がれても、こぼれ球を拾って即シュートみたいな感じが欲しいんです。

あれ?
ということは

うーん、書いていて、何か変な気持ちです。
もっとワイルドな選手を期待しているはずなのに、まったく違う選手の顔を思い浮かんでしまいました。
「例えGKに防がれても、こぼれ球を拾って即シュート」
と書いている辺りで、思い浮かんでしまったんですけど…。

その選手は…。
あの…、伝説のごっちゃんゴーラー。
武田修宏です。

まぁ、ヴェルディの選手でしたから、嫌いでしたけど。
しかし、何故かソコにいるんですよ、武田は。
まさに嗅覚でしょうか、理屈じゃないんです。
彼の前にボールは転がるんです。

うーん、そんな選手も鹿島にはいないなぁ。

結局はじゃんじゃんゴールを決めてくれるFWが欲しいんでしょうねぇ。
勝つためには、点を獲らねば始まりませんからね。

大迫弾けませんかねぇ。
どうにも、私は大迫に期待したいんですよ。
背番号9の価値を高めてくれる選手だと思うんですよね。
「鹿島の背番号9といえば大迫」と、将来もそう思われるような選手になって欲しいです。

自らも決めて、しかもごっちゃんゴールも決める。
そんな万能型へ進化しませんかねぇ。

ええい、なんでもよかばーい。
とにかく、シュートを撃って撃って、撃ちまくれっ!
ばんばん、決めてくれぇっ!
鹿島のエースの称号を実力で奪い取れっ!

鹿島サポのもんもんと溜まりに溜まった、ストレスを吹っ飛ばしてくれっ!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

脳みそ少ない私は、結局こうなってしまうのね

mk2 at 00:51|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
その他 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月27日

誰が今、立ち上がるのか

参りましたね。
上位進出の為の正念場だと思ってた2連戦で、連敗。
上位進出どころか、下を意識しなくてはならない感じになってきました。

そうなる前に、ささっと連勝して欲しいですが今のチーム状態では苦しそうです。
それでもなんとかして欲しいんですけど。

そんな中、山村は長期離脱となりそうですね。
鎖骨骨折の疑いがあるとか。
いいプレイも見せていましたし、経験を積んでもっともっと良くなるのはこれからだったのに、このタイミングでの離脱は本人も悔しいことでしょうね。
怪我をしてしまった以上、マズは完治させることが山村の仕事です。しっかり治してください。
ピッチに戻ってくる日を楽しみに待ってます。

鹿島の出方としては、「まずは守備から」…。
のはずなんですが、この5試合先制点を奪われています。この間の成績は1勝1分3敗。
その1勝は磐田戦で、磐田のゴールを審判に帳消しにしてもらった試合です。
そして、この5試合の失点は、2失点3試合、1失点2試合。無失点はありません。

今の鹿島は大量得点を獲れるようなチームではないですし、だからこその「まずは守備から」のはずなのに、それが悉く機能しません。
まずは先制点を獲るまでは、なんとしてでも耐えねばならないはずなんですが…。
ココのところは、相手に先手を獲られることが多いです。

その為には、前線から、少なくともMFがフィルターの役目を果たしてくれないと厳しいですね。
ドゥトラ、レナト、康といったところからは最低でも、守備をしっかりとしてくれないと。
ドゥトラは頑張っていると思うのですが、まだまだ成長してくれなくては。
レナトもまだ合流して日も浅いですし、時間が必要でしょう。
康は…、守備してね…、本当に。

まぁ、誰がどうだというより、今はチーム全員で頑張らないといけませんね。
普段ベンチの選手も、「お前ら不甲斐ないよ、オレに任せろ」くらいの気持ちで頑張って欲しいです。
レギュラーの座は奪い取らねばならないですし、今はそのチャンスだと思います。

今の鹿島に必要なのは、突き上げだと思います。
「もうお前らには任せておけない」
そんな気持ちをもった選手の登場を待ってます。
頼む、鹿島を甦らせてくれ。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

個人的には中川の面構えが好きなんですよ。
プレイは観たことないんですが…

mk2 at 02:02|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
その他 │
このエントリーをはてなブックマークに追加