2012年04月

2012年04月30日

5点、そして完封の余韻…

暖かい…、いや暑い。そんな日曜日でしたね。
お休みなこともあって、ゆっくりしました。
昨日、治療にいったので、今日は殆どダウン状態です。
治療の翌日は本当にツラくて、動けません。

しかし、気分はサイコー。
だって、あの勝利の次の日ですよ。悪い訳がないじゃないですか。
あんな勝利、本当に年に1度あるかないかの勝利かもしれません。
でも、1度じゃもったいないですよ。
今年の鹿島はまだ目覚めたばかりです。
もっと、勝って欲しいです。
勝って勝って勝って、勝ちまくって欲しいです。
簡単にはいかないんでしょうけどね。

興梠・康と連続ゴールですし、大迫も遂にゴールを決めてくれました。
前の選手が獲ってくれると本当に楽です。

そういえば、ブログ「アントニオのサッカー食べ放題」のアントニオさんが大迫のことを「演歌歌手みたいなポーズ」と書かれていたのを見て、思い出しました。
そうなんですよ、大迫は演歌歌手っぽいんです。
と、2011年8月16日の記事で私も書いていました。

その時はJ'sGOALの写真だったんですが、コブシを効かせいてるような画です。
日本海の荒波が似合いそうです。

さて、昨日の試合は完封でした。
ということで、決勝点は1点目になります。
そう決勝点をあげた選手に贈られるWOWプレイヤーズアワードですが、またしても康なんです。
3戦連続です。
そして、もちろん遠藤型のビッグマックの持ち方。
そろそろ慣れてきたのか表情も出てきましたね。

さて次は清水戦ですね。
日本平では勝ってないんですよね、最近。
そして、天気を調べると、降水確率60%。
うむむ、なんだか5月に入った途端に静岡地方はずっと天気が悪そうですよ。
いけません、今の内に天に祈っておきます。
晴れろー、晴れろー、晴れろー

ま、天には逆らえませんけどね。
去年の日本平も、試合開始直後にものすんごい雨だったんです。
今年は良い天気がいいな。

あ、今はアウスタって言った方が良いのかな。
でも、どうも日本平っていうイメージが。

でも、今は次の事を考えるよりも、余韻を楽しみましょう。
何度でも観たくなる試合でしたよね、本当に。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 00:40|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
その他 | ブログ交流
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月29日

2012 J1第8節 鹿島vsG大阪戦

昨日は結局参戦出来ませんでした。
腰だけでなく、どうやら股関節にもきているみたい。これは初の症状かも。
そして普段の激務が響き、体力も尽き、ヘロヘロ。
そんな訳でTV観戦でした。
またチケットを無駄にしてしまいました、とほほ。
試合が終わった後は、直ぐさま治療に出掛けました。
普段よりも長く、2時間半くらい治療してもらって、今はかなりしんどいです。

とりあえず、この休みで少し休んで、体力も復活するでしょう。次は参戦できると思います。
ただ、激務でストレスも溜まっているから、どこかへ桜とか日帰りでも良いから、どこかへ出掛けたいなと思ってみたりします。腰の調子次第ですけどね。人ごみは苦手なんですけどね。
この時期、弘前なんて素敵なんですけどね、行ったことあるんですけど街並みはちゃんと見てないし。
今からだと無理かな…。


さて、昨日の試合、なんと表現したら良いのか。
岩政のコメントの通り、1年に1回のあるかないかのお祭りのような勝利でしたね。
ただ、上手くいくときばかりでないことを、我々は知っていますから、辛抱強く戦っていきたいなと。

いや、でも、今は、なんでしょう。
嬉しぃぃぃぃぃぃぃぃーーーー
ってことで、良いんです。
素直に喜んじゃいます。


では、試合です。
まずはメンバーです。

ホーム鹿島
GK:曽ヶ端
DF:西大伍、岩政、山村、新井場
MF:柴崎、小笠原、康、ドゥトラ
FW:興梠、大迫
SUB:佐藤昭大、中田浩二、青木、梅鉢、本山、岡本、ジュニーニョ

後半21分:小笠原⇒青木
後半32分:興梠⇒ジュニーニョ
後半32分:ドゥトラ⇒本山

ドゥトラがトップ下、柴崎アンカーのダイヤモンド型です。

アウェイG大阪
GK:藤ケ谷
DF:加地、中澤、今野、藤春
MF:明神、遠藤、寺田、武井
FW:ラフィーニャ、佐藤晃大
SUB:木村、丹羽、阿部、二川、倉田、イ・スンヨル、バウリーニョ

後半11分:ラフィーニャ⇒パウリーニョ
後半18分:寺田⇒倉田
後半39分:佐藤晃大⇒イ・スンヨル


左右はいつもの通り「鹿島が攻撃する方を見て」です。
あくまでも私が主観的に感じた感想ですので、その辺りはご容赦を。


鹿島のキックオフで試合開始。

開始早々。
エリア前での大迫が落としたボールを興梠がシュート。
ペナルティアークの左からのシュートで、G大阪の選手に当たります。

しかし、興梠があの位置からいきなり撃ちました。
以前の調子の悪い時であれば、シュートではなく、パスもしくはドリブルでエリアへ侵入したのではないでしょうか。

間違いなく調子は上がっていますね。

前半3分。
鹿島陣内で興梠が伸ばした脚にボールが当たって、鹿島ボール。
ドゥトラがセンターラインの後ろ5mくらいの位置から、ドリブル開始。
物凄い突進力で、そのままエリア内へ進入。
ゴールエリアの右角の外からのシュート。
中澤に当たって跳ね返ります。

それにしても、この強引なドリブル。魅力ですね。

飛び上がってシュートして、落下の時に中澤の脛を踏んでしまって、中澤傷みピッチの外へ。暫くして中澤は戻りました。

前半4分。
鹿島左からのCK、キッカーは小笠原。
ゴールエリアの外、ニアで岩政が後ろに落として、西大伍がシュートもG大阪の選手に当たり、クリアされました。

前半6分。
こぼれ球を距離はありましたが、武井がミドルシュート。
バーの上を越えていきました。

前半7分。
鹿島のエリア前でボールを奪取。
ドゥトラがドリブル、センターラインから15mくらいの位置から、小笠原、新井場と経由して、左サイドへ。
新井場は左サイドを駆け上がり、センターラインを15mくらい越えた位置で、更に前にいる大迫へ。
大迫は左サイドライン際から、方向転換、中へと切り込みます。
そして、G大阪の選手が前にいるものの、巧みな動きで、エリア左角の外からそのまま横へとスライドしていって、ミドルシュート。
サイドネットを揺らしましたが、外でした。

大迫、動き自体は良いですし、シュートも良いシュートだったと思います。

興梠も大迫も積極的ですね、良いと思います。

前半16分。
鹿島陣内でG大阪から奪ったボール。
センターサークルの3mくらい後ろでドゥトラヘ。
ドゥトラはちょんと、センターサークルの右にいた大迫へ。そして、そのままドゥトラは左前へと走る。
大迫は、受けて直ぐにシンプルに前へと出します。
そして、エリアから12~3m前で受けたのは興梠。
興梠はアーク右側からエリア内へドリブルで侵入。
藤春に身体を入れられてしまいました。

しかし、良い速攻でした。
ちゃんと興梠の反対側の左にドゥトラが走っていました。

大迫、興梠、ドゥトラと、この3人だけで攻めることが出来ますね。
この3人、速いです。

前半21分。
G大阪のCKを曽ヶ端キャッチ。
新井場が、人差し指で、ここへ出せと指示。
そして、曽ヶ端は直ぐさま下手で前へ転がし、新井場が駆け上がる。
センターラインを越える前に、G大阪陣内左サイドライン際にいた興梠へ。
興梠はソコから斜め右へ、ドリブル。
ペナルティエリアの左角辺りまで来て、縦へ。
深くえぐって、ゴールライン際でマイナスへクロスを上げますが、長過ぎました。

しかし、それをペナルティエリアの右角外で、柴崎が拾って、クロスを中へ。
ニアポスト前、ゴールエリアへと大迫が脚から滑るようにして右足で合わせようとしますが、しっかりと今野が着いてきていました。シュートならず。

曽ヶ端から始まる速攻。
久々に見た気がします。
昔は、もっと多くありましたよね。
鹿島の調子が上がってきた証拠かしら。

前半22分。
G大阪のゴールキックが鹿島陣内でこぼれて右サイドセンターラインの位置にいた康へ。
康は、G大阪の選手に接近されながらも、巧みに間を抜くドリブルで、パスを左へ。
そして、ペナルティエリアから15mくらいの位置でドゥトラが受ける。
ドゥトラはドリブルで縦へ。
ペナルティアーク右の位置で僅かにエリアに侵入したところで、斜め左へと出します。
ドゥトラの前を横切るように斜め右へ大迫。大迫にG大阪の選手が1人着いて行きました。
ドゥトラにもG大阪の選手は引っ張られて2人。左には誰もいません。

そして、パスの先には小笠原が走ってきました。
ゴールエリア左角のから2mくらいの位置。
トラップして、左足でシュートも枠を捉えず。

うーん、G大阪の選手も対応できていませんでしたし、今日はじめて迎えた決定機だったと思います。
ドゥトラのパスをダイレクトに撃っても良かったかも。

しかし、連動した良い攻撃だったと思います。

前半25分。
遠藤保仁のFK、鹿島のペナルティエリア右角(鹿島から見て)の前3mくらいの位置。
ゴールエリアの前でワンバウンドして、僅かにファーポストの外へ。
誰かに当たれば…、という感じでしょうか。
やっぱり上手いですね。

前半29分。
鹿島陣内深い位置、G大阪左サイド(鹿島から見て)からのスローイン。
ラフィーニャがエリア内左サイドで粘って、マイナスへパス。
そこに、(ちょっと髪の毛がウェイビーな感じで違和感のある)明神が。しかも、ぽっかりと前が空いてます。
康?が後ろからスライディングしてシュートをさせませんでした。

更に、こぼれ球がエリア外から供給されて、高いボールに佐藤晃大が頭で合わせてシュート枠に行かず。
しっかり西大伍が身体を寄せていました。

前半32分。
鹿島陣内に僅かに入ったところ中央で、せめぎ合い。
そこで、鹿島の右サイドが空いていたのを使われて、G大阪がパスを出しました。
藤春がゴールライン際まで深くえぐって、エリア内へクロス。
ラフィーニャのトラップが少し大きく前に出たのを岩政がクリア。

エリア内には鹿島の人数が揃っていましたが、ちょっとサイドが空いているのは嫌な感じでした。

前半33分。
今度は鹿島の左サイドを使われて、またエリア内へクロスが入る。
それでも、エリア内には鹿島の人数も揃っていますし、クロスの精度も悪く、クリア。

ちょっと、サイドを使われ始めました。

前半34分。
鹿島陣内中央、G大阪がエリア前まで細かいパスを繋いで、最後はエリアの外から武井のシュート。
左ポストの外へと外れました。

エリア前真ん中で鹿島はG大阪のパス回しを捕まえられませんでした。

前半30分過ぎからはG大阪の時間といえるでしょう。
鹿島にとっては我慢の時間だったと思います。
ダイヤモンド型の時に出来るサイドのスペースを使われ始めていました。
ジョルジーニョのコメントにあった、後半修正したというポイントはココだと思います。

前半38分。
山村が曽ヶ端へバックパス。
曽ヶ端は、ロングキック。
G大阪陣内サークルの前5mくらいの位置で、大迫が後ろ向きに頭で落とします。
それをサークル内で小笠原が拾って、縦へドリブル。

G大阪エリア前中央で、小笠原が一旦止まって、出し手を捜していたところで、エリア左角の外の大迫へ。
大迫はエリア内へ真横へ侵入。
G大阪の選手が密集しているものの、構わずシュート。
G大阪の選手に当たってしまいましたが、積極的で良かったですよ。

これも、元々は曽ヶ端から始まりました。
うん、鹿島は曽ヶ端からも攻撃が始まるんです、本当に昔はそういうカタチが多かったと思います。
鹿島復調の兆しがココにもあります。

前半41分。
G大阪のエリア前右側で、鹿島がボールを繋ぎます。
一旦、後ろへちょっと戻して、エリアから20mくらいの位置で康が、縦へかなり速いボールを出します。
興梠はDFを背負いながらも、なんとか反応しようと、最後は頭からダイブする様なカタチに。
ボールはゴールラインを割りました。

結局は、興梠からは距離もあって、まったく追いつくようなボールではありませんでした。
しかし、ココにも興梠の復調が表れていると思います。

興梠の悪い時は、両脚を広げて踏ん張って、一瞬だけ身体は動くものの足が動かなくて、反応できませんでした、という感じになっていました。
しかし、この試合では、反応するどころか追いつこうと身体が動いています。
間違いなく、興梠は戻って来てますね。

前半42分。
G大阪エリア前で、また鹿島のボール回し。
少しずつ、左から右へと繋いでいきます。

右サイドで西が受けて、前の方で中から右へと大迫が流れるのを見て、西は前へ転がします。
大迫はきっちりキープして、最初はサイドの方へ身体を向けていましたが、反転して、エリア内へパスを供給。
エリア内右サイドに西大伍がいて、トラップ後に斜め後ろへ、ゆっくりと転がします。

ペナルティエリアのラインとアーク右のラインが交差するところで、康が左足でシュート。
綺麗な弾道のシュートは、左サイドネット上部を揺らしました。

鹿島先制、1-0。

康、3戦連続の綺麗なシュート、綺麗なゴール。
またまた来ましたね、康。

アディショナルタイムは1分。

前半46分。
鹿島のエリア外から長いボールが供給されて、ラフィーニャフリーでヘッド、と思ったらオフサイドの笛。
一瞬ひやっとしました。
ラフィーニャより前にボールに飛んでいた、遠藤保仁がオフサイドだった模様。

そして、前半終了。

シュート数は、鹿島8本、G大阪4本。

鹿島の攻撃はC大阪戦の時と同様に、連動していて、攻撃的で良かったです。
G大阪の時間帯もしっかり守れました。少しサイドのスペースを使われるのは気になりました。
ダイヤモンド型の弱点と前から言われるところでしたので。


そしてスカパーではハーフタイムに、ホームチームのクラブ応援コーナーというのがあるのです。
今回は、ファンクラブ・オフィシャルマガジンのフリークスの紹介。
フリークス200号記念号ということでの紹介だったようです。
C大阪戦でカシマスタジアム200勝、フリークス200号でちょうどタイミングもバッチリです。

そこに、フリークスのプロディーサーの松原さんという方が出ていらして…。
ちょっと鹿島には珍しい感じの味を出していました。

「10×10×2は200」「10×20は200」でどうだー、という感じでした。
この計算式の詳細はフリークスをご覧ください。


後半はG大阪キックオフで開始。

後半開始早々、ゆっくりと鹿島がG大阪前でパスを回します。
エリアの中へ一旦入れたりするも、G大阪の選手にマークされて戻したりして、チャンスを伺ったり。
そして、作り直しで後ろへ戻したり。

元々鹿島は遅攻のチームだと思います。
この試合ではただ回しているだけではなく、連動して選手が動いて、チャンスを伺ったり、ギャップを作ろうと動いてしますし、良いパス回しだったと思います。

後ろへ戻すのも、出す場所がないからという感じではなく、チャンスを作ろうと一旦攻めてみたものの、無理に攻めず、ボールを取られる前に戻したという感じで、消極的に戻した感じではなかったです。

後半2分。
そのボール回しから左サイドの新井場へ。
新井場は左サイドライン際から、横へ動いてエリア内へ侵入、そして右足でシュート。
シュートは大きくバーを越えました。

新井場らしいプレイだと思います。

後半5分。
康がボールを出した後に、後ろから体当たりをした感じになって、遠藤保仁にイエロー。
前のプレイもあったのでイエローなんだと思います。
しかし、遠藤保仁、ちょっとイライラしているかもしれませんね。

後半5分。
そのプレイで鹿島のFK。
康が大きくエリア内へ入れて、大迫が振り向くようなカタチでヘッド。
ボールは、ふわぁっと浮いて大きな弧を描いて、ゴール右角へ。
藤ケ谷キャッチも、身体はゴールラインを割ります。
ボールはゴールラインを割ってないようですが、ちょっと割ったかも、と思わせるような感じでした。

後半5分。
興梠が左サイドからエリアに侵入して、エリア内でゴールライン際までえぐって、マイナスのパス。
前方にはDFを引き連れて大迫、その後ろから飛び込んできたのは康。

康はフリーでしたが、残念ながらパスとは合いませんでした。
触れば1点モノでしたけど。

後半8分。
ドゥトラがドリブルからG大阪陣内中央から、左へパス。
左には新井場。
新井場は、左サイドエリア内に入った瞬間に、マイナス気味に速く転がします。

それを興梠が受けます。
後ろにG大阪の選手を背負ったカタチ。
興梠は、少し動いて、やや半身な感じになった途端に反転して左足でシュートが、ネットに突き刺さりました。

鹿島追加点、2-0。

選手を背負いながら、抜ききるのではなく、身体半分くらいズラしたところでシュートを興梠は撃ちました。
このカタチが出来れば、間違いないです。
抜ききる必要はないんです。守る方も、これでは難しいと思います。

そして、ドゥトラ、新井場、興梠と綺麗に連動したカタチでした。
そういうことも含めて、ナイスゴールです。

後半11分。
G大阪、ラフィーニャに代えて、パウリーニョ。

後半14分。
寺田が、自陣内から長いパス。
鹿島のエリア右角の外で岩政が追いついた、と思ったらミス。
身体を入れられて、佐藤晃大にボールを取られ、佐藤晃大はエリア内に侵入。
ドフリーでしたけど、シュートを撃とうとしたところで、なんだか、ボールの外側を擦るようになってしまい、撃てず。
助かった…。

大ちゃん、びっくりさせないで。

後半15分。
そのこぼれ球を今度は鹿島が運びます。

新井場、興梠といないで、また新井場。
新井場は、エリア左角の手前で、ゴールを背にしたカタチ。
そして、ボールの上に足を乗せ、そのまま脚を後ろへと動かし、ボールを後ろへ出します。
エリア横から廻ってきた興梠が、ゴールエリア横に近付いたところで、マイナスにペナルティエリア中央へ出しました。

それをダイレクトで大迫が右足インサイドでシュート。

すると、左へと走っていたG大阪の選手の後ろの足に当たり角度が変わり、バーを直撃。
ゴールならず。

G大阪の選手に当たらなかったら、入っていたと思います。
興梠も撃てましたけど、大迫はフリーでしたし、大迫に出すでしょう。

後半16分。
G大阪のエリア内で、何度か大迫がシュートし、大迫をマークしたG大阪の選手に当たり跳ね返ります。
そのこぼれ球を更に鹿島が拾って、今度は左サイドから新井場がクロス。
ゴールエリア前、ニアで興梠がヘディング。
ボールはファーポスト方向へ流れ、ポストに当たってゴールならず。
惜しい。惜しいシュートが続きます。

しかし、鹿島の攻撃は連動していますし、厚みもあります。

後半18分。
G大阪、寺田に代えて倉田。

後半20分。
スローインからボールが繋がって、ペナルティアークの手前からドゥトラシュート。GK正面でキャッチ。
ゴールが見えたらシュートを撃つ。
良い事だと思います。その強引さがドゥトラでしょう。

後半22分。
小笠原に代えて青木。
なんだかコンディションが悪いと言う話ですしね。
プレイは悪くなかったと思います。GWは連戦ですから、次節出て貰うためにも交代させたのかもしれませんね。
青木アンカーに入って、柴崎が小笠原の位置へ。

後半23分。
ペナルティエリア右外から大迫がクロス。
ドゥトラは正面から僅かにエリアに侵入したところで、飛んでヘディングも、うまく合わず枠を捉えず。
いや、ドフリーでしたよ、ドゥトラ。決めなきゃ。

でも今日も頑張ってます、ドゥトラ。
しかも、思ったより独りよがりじゃないんです、プレイが。

後半23分。
青木が物凄くがんばって、右サイドライン際を上がりクロス。
しかし、クロスは興梠に合わずに左サイドへと流れます。
そのボールを興梠が諦めずに追って、左サイドライン際で追いつきました。
そして、エリア内へ入れると、後ろから猛然と走ってきたドゥトラ。
そのまま深い位置までえぐってマイナスにパス。
反応して走ってきた大迫には合いませんでした。

大迫ちょっと深く入りすぎてしまったのかも。

後半26分。
鹿島がG大阪のエリア前まで攻めて来ていて、こぼれ球を興梠からドゥトラへ。
ドゥトラはアークの左側で、エリアに入るか入らないかの位置で、3人に囲まれたところで、右へと出します。

そして、ペナルティアーク内から大迫がダイレクトにシュート。
やや緩い感じで弧を描くようなシュートは、綺麗にネットに突き刺さり、大迫が遂に決めたー。

鹿島追加点、3-0。

数日前に書きましたが、「そろそろ欲しいもの」が遂に来ました。
大迫は良いプレイを続けていましたからね。ゴールを決めてくれて嬉しいですよ。

しかし、ドゥトラ、本当に独りよがりではないですね。

後半29分。
鹿島のエリア前で回していたボールのこぼれ球から、鹿島のカウンター。
大迫がG大阪陣内中央まで運んで、左のドゥトラヘ出します。
そして、ドゥトラはそのまま前へ。
アークの3mくらい左からエリアに侵入。少し動きなおして、ファーポスト、つまりは右ポスト方向へとシュート。
ほとんど角と言える位置のバーにあたり跳ね返ります。
そして、跳ね返りが高くバウンドして、そのボールには柴崎。
柴崎は、足を高く上げて叩きつける。
これが高く上がって、今度は反対の左ポストの方へ。

そして、たぶんそのまま入ると思ったんですが、康が触ってしまい、オフサイドに。
うーん、ここは冷静に判断して欲しかったですよ、康。

後半32分。
鹿島は、ドゥトラ・興梠に代えて、本山・ジュニーニョ。

ジュニーニョは左手首に長めの何かを巻いています。
かなり、しっかり固定した感じですね。
怪我ですか?

後半38分。
G大阪、佐藤晃大に代えて、イ・スンヨル。

後半44分。
G大阪のエリアの左で、康がエリア方向へドリブル。
そして、横にパス。
アーク内左で大迫がヒールで後ろへ流す。
そして、本山がそれをアークの外から、左ポスト際を狙った、本山らしいシュート。
速く2,3回低くバウンドして、ゴール。

鹿島更なる追加点、4-0。
うぉぉぉ、観に行きたかった。

アディショナルタイムは4分。

後半48分。
鹿島陣内から、こぼれ球を康が大きく前に。
大迫とG大阪の選手が一緒に追うカタチ。

藤ケ谷がエリアの外、アークの中まで出て来て、トラップしようとした?と思うんですが、ボールに触ることなく、ボールは後ろへ。
そして、それに大迫がエリア内で追いついて軽くシュート。

シュートは無人のゴールへ。
鹿島、怒涛の5点目、5-0。

藤ケ谷どうした?

後半49分。
青木が、G大阪のパスミスを猛然と飛び出しカット。センターラインの位置です。
そして、そのままドリブル。
アーク左、エリアの5mくらい手前まで来てシュート。
バーを越えてしまいました。

枠を捉えていれば、十分決められたシュートですよ、GKしかいないですし。
まぁ、青木のいつものシュートよりはゴールに近かったです。

そして試合終了。

なんでしょう、5点も獲っちゃいました。
後半だけで4点です。
あぁ、行きたかったですよ。

両チームのシュート数は、鹿島21本、G大阪6本です。
攻めに攻めましたね。

皆良かったです。
でも、やはりこのダイヤモンドを機能させた最後のピースは、ドゥトラな気がします。

ドゥトラの前評判、京都時代のプレイから来ていると思いますが、「強引で球離れが悪く独りよがりのプレイがある」とのことだしたが。
今日の試合は、まったくそんなことがないですね。

強引なドリブルはアクセントになっていると思います。
あれがあるので、相手DFはドゥトラをマークしなくてはならないです。
ドゥトラはボールを出した後も、縦へ速く行きます、マークを引き連れてくれます。
常に前を向くので、シュートもありますし。

そして、パスも良く出してくれるんですよね。球離れは良いと思います。
更には守備も意外としてくれますね。

大迫や興梠との連係も良いです。
早くも鹿島にフィットしてくれた感があります。
幾つものゴールに絡んでくれましたし、ゴール後の表情を見ても、鹿島にうまく溶け込んでいると思います。
ドゥトラは鹿島に足りないものをもたらしてくれました。

そして、両SBも良く攻撃参加しました。
西大伍は、だんだんと鹿島にフィットしてきましたね。
新井場は流石です、今年は調子も良さそう。

もうとにかく、全部良かったです。

前半は、やや鹿島ペース。G大阪の時間帯もありました。
そのG大阪の時間帯に相手を捕まえられないこともありましたが、そこを後半は修正したようですね。

ジョルジーニョも言っている通り、これで何かを成し遂げた訳ではないんです。
それは分かります。

でも、今は嬉しいんですよねぇ、この勝ち方。
C大阪戦に続いて、溜まりに溜まったものが爆発した感じで。
あぁ、本当に観に行きたかった。

ここから連戦ですし、次は日本平。
楽ではないですね。
でも、最近の鹿島には諦めない気持ちが出ていると思います。
この気持ちを忘れず、頑張りましょう。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 15:57|PermalinkComments(6)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
観戦の感想-2012 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月28日

諦めませんよ、絶対に

厳しいです。
結局今日が今週一番遅い帰宅となりました。
ほとんど、自分の仕事は出来ず、ずっとトラブルに巻き込まれ続けてます。
もうヘロヘロです。

ちょっと体力的に自信もないので、指定席制の高速バスを調べてみましたが、残念ながら予約できず。
そりゃそうです、突然しかもこんな遅い時間に、無理ってモノです。
あぁ、明日どうしよう…。行きたいけど体調が…。

と、悩んでいるところで、とりあえず、ANTLERS REPORTを見てみました。
うむ、行きたくなるな、行きたいな。
でも、身体が…。
うーん、厳しい。


明日はG大阪戦。
開幕からは鹿島と同様に絶不調。
ところが、これまた鹿島と時を同じくして勝ち始めました。
お互いにとって、負けられない試合ですね。

お互いまだ負け数も多いですし、これから挽回したいところですし。
近年優勝を争ってきたチーム同士ですし、お互いベースのあるチームです。
ココで勝って自信にしたい、お互いにそんな相手なのではないでしょうか。

だから、絶対に負けたくない、絶対に勝ちたい。

スパイクの先までハートを込めて戦いましょう。
今の鹿島は、諦めない強い気持ちがあるはずです。

絶対に勝つんです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 01:51|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
試合ですよ │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月27日

クマもミミズクも大差はないような気が…

「今日こそは定時で帰れるぞ。」
そう思った、定時1時間くらい前。
ちょっとしたトラブル発生、もれなく巻き込まれ、気付いたらもう21時過ぎ。

「遅くなっちゃったけど、疲れたから帰ろっと」とフラフラになりながらも、「どこでご飯食べればいいんだ?」と考えていると、別件のトラブル発生。またもや巻き込まれ…。
もう、全然いつもよりも遅くなっちゃってました。

うーん、腰が痛いとかもありますが、なんだかもうフラフラです。
体力的限界が近いような…。
でも、明日こそ、早く帰ってやります。明日こそはっ。

さて、今日は鹿島のネタはあるにはありますけど、なんだか良くない話題ですね。
公式サイトで、2011年度決算概要C大阪戦でのトラブルについての処分が発表になりました。

決算の話は、これからまた頑張るということで…。
広い意味では震災の影響なのでしょうが、収入が減ったことが大きな要因のようですね。
まずは強くなることですね。その他にも企業努力するしかないです。

トラブルの件も…、うーん、なんだかバスを蹴ったという話とペットボトルを投げ入れたという話の処分に開きがあるような気がしますが。
これから起こさないようにしてください、本当に。

鹿島は昨年度赤字ですけど今季だって厳しい状況に変わりはないと思います。
そんな中で、警備体制を強化するなどコストが掛かってしまうかもしれませんね。
完全に鹿島の足を引っ張ってますよ、本当に。
これでJリーグから処分があったりしたら…。
本当にもう2度とこういうことがないようにしましょう。

はぁ、せっかくネタがあったと思ったら、こんなことで寂しい限りですよ。


さて、今日も遅い帰宅となりました。
帰宅して暫くしたら、連れが「今日のパジャマは、くまのプーさんの顔で、分かり易いだろう」と、どんなモンだいという表情。まさにドヤ顔です。

いや、まぁ、確かに分かりやすいですよ。
でもね、ふくろうだかミミズクの水玉状態だった事実は消え去らないんですよ。
そう、「ミミズクパジャマの女」なんですよ。
サスペンスものの2時間ドラマとかになりそうなタイトルだ。


脱線は更に続きます。
今日職場の女性が突然「無くしました」というので、思わず「夢を?」とリアクションしてしまいました。
うーん、私も病んできてますね。

早く試合が観たいですよ、これは。
でも、その前に体力回復しないと…。

本当に明日こそは、早く帰って爆睡です。

そして週末はガンバか。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

mk2 at 02:20|PermalinkComments(0)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
その他 │
このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年04月26日

妄想だって、そこそこしてます

今日は無理にでも帰ってやろう…と思っていた定時頃。
雨が降り始めてしまい、傘を持っていない私は、少し仕事で時間を潰して雨が止んでから帰るか…と思っていたんです。
そしたら、気付いたらもう結構な時間になってしまいました。
うーん、本当に「早く帰って、早く寝る」というのは難しい。
明日こそは…。


今日もネタがないですね…。
鹿島は昨年度は赤字になってしまったらしいですね。
これはもう前から言われていましたし、震災もありましたしね。
これから、また頑張るしかないですよ。

って、もうネタが…。
うーん、難しいですね。
毎日ネタをひねり出したり出来れば良いんですけど…。
なかなか上手くいきません。

よし、居眠りしている連れについて実況しましょう。
連れは居眠りしているんですが、なんだかパジャマが変です。
色としては、鹿島の赤に近い感じの色のパジャマなんですが、なんだか水玉模様です。

そして、それは良く見ると水玉じゃありません。なにやら動物っぽい…。
最初は「馬の顔か?」と思ったのですが、もっとマジマジと見ると、ふくろうなのか…、ミミズクなのか…。
とにかく微妙です。
こんなパジャマ、売ってるのね。

そして私、てっきり「ミミヅク」だと思っていたんですが、wikipediaには「ミミズク」とありました。
どっちでも良いのかしら?
あー、日本語って難しい。

むーん、鹿島ネタがないですね。

そういえば、昨日書いた「アナタの野望はなんですか?」なんですが…。
野望とは果てしないもので、考えれば考えるほど、思いついちゃうんですよね。
あぁ、本当に欲深い私

イロイロ支障がありますから、何とは書きませんけどね。


ところで、ブログ「アントニオのサッカー食べ放題」のアントニオさん。

「あえてどなたにとは書きませんが、お答えします。(笑)」って、バリバリ書いちゃってますってぇ
と思わずつっこんでしまいました。

「鹿島のスタッフになる」
私も考えました。
間違いなく野望ですよ、これは。
意外なところからチャンスは巡ってくるかもしれませんよ。

鹿島のスタッフになっちゃうと、鹿島のサッカー以外の部分も沢山見てしまって、サッカーを楽しむというよりは、なんだか色んなことが心配になってしまって、サッカーを楽しめなくなっちゃうんじゃないかと思って、野望から外してしまったんです、私。

でも、スタッフだったら、タイトル獲った時なんて、本当に嬉しいでしょうね。


突然脱線しますが。
去年だったと思いますが、試合の日にクラブハウスに行っていたんです。
その時に、入り口の外をみると、いかにも偉い方が乗りそうな車がありました。
そしたら、ちょうど井畑社長がその車に乗り込むところだったんです。スタジアムへ向かうところだったと思うんです。

「社長がスタジアムへ向かうぞ、お見送りしなければ」と、連れと二人でじーーーーーっと見つめていたら、乗り込もうと前傾姿勢になったところで、社長と目線が合ってしまって…。
思わず連れと二人で、会釈すると、社長も笑顔でぺこりとして下さったんです。

さぁ、ココからが妄想ですよ。
妄想は自由ですから。

社長 「キミ、さっきの二人は誰だね?」
運転手「いえ、存じませんが、サポーターの方なのでは?」
社長 「うーん、あの目が気になる。彼らは只者ではないぞ。」
運転手「そうでしょうか?」
社長 「間違いない、あの会釈の角度、仕草…気になる。彼らを探し出し、スタッフに招きいれよう」
運転手「ははっ、御意っ!」

なーんてことが、もしかしたら0.0001%くらいはあるかも知れませんよ。

だから「野望は持ち続けましょう」というお話です。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

く、苦しい…

mk2 at 01:01|PermalinkComments(2)拍手コメントはコチラTrackBack(0)│
ブログ交流 | mk2の野望
このエントリーをはてなブックマークに追加